2014.02.06 セミナー&サロン 第22回 FabLabから広がる 「つくりかたの未来」ゲストは渡辺ゆうかさん

毎年ご好評を頂いている「セミナー&サロン」は、今年もテーマを「アースコミュニケーション」として開催します。本シリーズは伝えることを専門とされている方々を講師としてお招きし、様々な視点から「伝え方=コミュニケーション手法」について学び、理解を深めたいと思っています。
2013年度第22回目のゲストは、日本初の公式FabLabとしてスタートしたファブラボ鎌倉の渡辺ゆうかさんをゲストにお迎えします。

img_header.jpg
セミナー&サロン 第22回 「FabLabで起きているものづくり革命」

大量生産・大量消費の時代に作る側と使う側のコミュニケーションが分断され、ものづくりが身近に感じることができなくなりました。そんな中、ものづくりを自分たちの手に取り戻すムーブメントが「FabLab」を中心に、いま大きな広がりをみせています。

「FabLab」とは「個人による自由なものづくりの可能性を広げるための実験工房」。3次元プリンタやカッティングマシンなどのデジタル工作機械が揃っており、世界中のネットワークとつながっています。現在では、世界50カ国200ヶ所以上あり、世界各地に急速に広がっています。

何故これほどまでの広がりをみせているのでしょうか?

日本初の公式FabLabとしてスタートしたファブラボ鎌倉のディレクターを勤めている渡辺ゆうかさん。渡辺さんが実験的に取り組んでいる日々の活動のことから世界のファブラボの現状、これからのものづくりや、ものづくりを通した学びまで、ファブラボから見える世界をのぞいてみましょう。


☆この回は、
Think Diary 地球リポートvol.66
仕事も遊びも自分でつくる ~ソーシャル・ファブリケーションの時代へ

を事前にお読み頂くことをオススメします。


渡辺ゆうか (わたなべ ゆうか)さん

ゲスト・プロフィール
渡辺ゆうか (わたなべ ゆうか)さん
ファブラボ鎌倉ディレクター
神奈川県生まれ。高校卒業後に渡米。帰国後、多摩美術大学環境デザイン学科卒業。都市計画事務所、デザイン事務所を得て2011年、東アジア初のファブラボであるFabLabKamakuraを田中浩也氏と設立。現在、世界各国に広がるFabLabの地域間のグローバルなネットワークをインフラとし、「クリエイターの新たな働き方」「これからの学びの環境」「地域資源と先端技術を活かした新たなエコシステム」の可能性を開拓している。

日 時
2014年3月7日(金)
受付   18:30~ セミナー 19:00〜20:30
交流会  20:30〜21:30

場 所
東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
http://www.liaison-center.net/?page_id=725
※会場の都合上、なるべく時間通りにお越しくださいますようお願い申し上げます。

参加費
2,000円 セミナーのみ
3,500円 セミナー&交流会
※交流会のみの参加はできません。また、交流会はドリンクと簡単な料理をご用意いたします。
※アースコミュニケーター会員と学生の方はセミナー費が無料になります。受付時に学生証をお見せ下さい。

定員
約80名(定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。)

お申込方法
事前登録制です。
下記申込みフォームよりお申し込み下さい。
セミナー&サロン 第22回 申込みフォーム

前回のセミナーレポート
第21回「クリエイティブな「超」福祉=ピープル・デザイン」
ゲストは須藤シンジさん
http://www.thinktheearth.net/jp/staffBlog/2014/02/post-332.html

問い合わせ先
一般社団法人Think the Earth 事務局
セミナー&サロン担当 曽我/長谷部
E-mail : seminar★ThinktheEarth.net(★を@に変えてメールを送信ください)
主催:一般社団法人Think the Earth
協力:公益財団法人日本デザイン振興会