2015.11.20 セミナー&サロン 第28回 「シビックテックで地域の課題を解決!」ゲストは関 治之さん@代官山12月16日開催!

毎年ご好評を頂いている「セミナー&サロン」は、今年もテーマを「アースコミュニケーション」として開催します。本シリーズは伝えることを専門とされている方々を講師としてお招きし、様々な視点から「伝え方=コミュニケーション手法」について学び、理解を深めたいと思っています。
第28回目のゲストは、Code for Japan 代表理事 関治之さんをゲストに迎えます。

img_header.jpg
セミナー&サロン 第28回
「シビックテックで地域の課題を解決!」


シビックテックという言葉を聞いたことがありますか?

行政や企業が課題解決のための施策やサービスを一方的に出すのではなく、ITのスキルを持った市民と一緒にアイデアを出し合い、テクノロジーを活用して課題解決する活動をシビックテックと呼ぶそうです。

オープンデータやオープンガバメント、クラウドファンディングなど幅広い活動が含まれていて、地域の困りごとや課題解決のための取り組みとして最近注目されています。

アメリカではNPO団体「Code for America」によるサービスやプログラム、また、その活動のプロセスがシビックテックの成果として知られているそうです。関さんはこの活動の日本版である「Code for Japan」を2013年に立ち上げました。

日本では地域の課題や生活の中での困りごとに対し、私たちが行政から一方的に受け取るサービスの中から選択するしかないのが現状だと思います。

関さんはどちらかからの一方通行ではなく、お互いに持っているデータや技術を活かし、オープンに課題解決に取り組む活動を日本で始めています。その具体的な方法として、ハッカソンやアイデアソンを実施しています。

話し合うだけではなく、データをオープンにすること、IT技術を持った市民が参加することで、どんな課題解決のサービスが生まれるのでしょうか。未知の可能性を秘めているシビックテックについて、最新の事例や今後の日本での動向など、その第一人者である関さんから詳しく聞けるチャンスです。



sekisan_square.jpg

ゲスト・プロフィール
関 治之(せき はるゆき)さん
Code for Japan 代表理事/株式会社HackCamp 代表取締役社長/合同会社Georepublic Japan CEO

開発者として主に位置情報系のサービスを数多く立ち上げてきたが、震災を機に社会課題解決型のハッカソンを様々な地域で実施。テクノロジーを活用したオープンイノベーションについて研究してきた。シビックテックの推進団体、Code for Japan の代表も務める傍ら、オープンイノベーションを支援するHackCamp社を設立。社会課題からエンターテインメントまで、幅広く様々なハッカソンを実施している。



日 時
2015年12月16日(水)
 受 付  19:00~
 セミナー 19:30~21:00
 交流会  21:00~22:00

場 所
SodaCCo STUDIO
http://sodacco.jp/access.html

〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-10 SodaCCoビル1F
 ★JR渋谷駅 南口から12分/東急東横線 代官山駅から7分


参加費
 3,000円
 ※交流会はドリンクと簡単な料理をご用意いたします。
 ※アースコミュニケーター会員と学生の方は半額になります。

定員
 約50名(定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。)

お申込方法
 事前登録制です。
 下記申込みフォームよりお申し込み下さい。
申込ボタン.png

自己紹介文
 当日の交流会のコミュニケーションを円滑にするために
 自己紹介を掲載した参加メンバーリストをお作りして、当日配布いたします。
 お申込の際には、100文字程度の簡単な自己紹介をお書き添えください。

★次回以降の予定★
2016年1月29日(金)
ゲスト:影山知明さん
クルミドコーヒー(『ゆっくり、いそげ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~ 』著者)


▼問い合わせ先
一般社団法人Think the Earth 事務局
セミナー&サロン担当 曽我
E-mail : seminar★ThinktheEarth.net(★を@に変えてメールを送信ください)
主催:一般社団法人Think the Earth