logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

もどる

バングラデシュ・サイクロン被害(1) (2007.12.12 update)

2007年11月15日(木)、バングラデシュの沿岸部にサイクロン「シドル」が上陸。バングラデシュ政府の発表によると死者3292人、行方不明者871人に上っています。


上陸直前のサイクロン・シドル

被災地で継続して支援活動を行っている団体、特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会に20万円の寄付を行うとともに、現地での活動の様子をお聞きしました。

シャプラニールは、サイクロン上陸直後からの情報収集を開始。11月19日には、被災地へ日本からスタッフを派遣するとともに、現地パートナー団体とともに緊急救援活動を開始しました。第一次救援では、食糧・衣料配布を中心に、第二次救援では、住居の確保と保健衛生の改善・維持を中心に活動しています。

【被災地の様子】


最も被害の大きいバゲルハット県ショロンコラ郡サウスカリ村の様子(写真提供:シャプラニール)


サウスカリ村のある集落では家屋のほとんどが倒壊した(写真提供:シャプラニール)


落ちている豆を集めて料理をする(写真提供:シャプラニール)




【食料配布1】


配布された救援物資を持ち帰る被災者(写真提供:シャプラニール)


セックスワーカーとして働く女性たちの子ども(写真提供:シャプラニール)

第一次救援として、最も被害の大きいサウスカリ村で食糧と衣料を1,100世帯へ配布。また、バングラデシュ第二の港モングラ港周辺では、セックスワーカーとして働く女性たちの子ども55人への支援としてシェルターを1ヶ月間運営しています。


【食料配布2】


配布した食糧と衣料(写真提供:シャプラニール)

1パケットあたりの食糧は米10kg/ダール豆2kg/大豆油900ml/経口補水塩5パック/ろうそく6本/マッチ2箱/コップ1個、 衣料はサリー1枚/ルンギ1枚/毛布1枚です。


【保健衛生の改善・維持】


完成した簡易トイレ(写真提供:シャプラニール)


家畜の死骸や飛散物を取り除き、池の清掃をする(写真提供:シャプラニール)

第二次救援では、住居の確保としてビニールシートとロープを3,000世帯分配布し、保健衛生の改善・維持として安全な飲料水の提供(池の清掃、井戸を20本)とトイレ50基の設置を行っています。


【シャプラニールに募金するには?】

シャプラニールの活動についての詳細はwww.shaplaneer.orgをご覧ください。またシャプラニールのサイクロン「シドル」被災者救援活動への寄付は、下記口座で受け付けています。ぜひご協力ください(2007年12月12日現在)。

クレジットカードによる募金
 シャプラニールの募金ページ
 注:「サイクロン被災者救援活動 (CYCLONE RELIEF)」をお選びください。

郵便振替
 口座番号:00140-1-133937
 口座名:シャプラニール緊急支援
 注:通信欄に「サイクロン」と明記してください。

銀行口座
 三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店(店番号:053)
 口座番号:(普)1781363
 口座名:シャプラニール
 注:送金後にシャプラニールまでご連絡ください。


【その他の緊急支援情報】

復興支援を行っている団体は他にも多くあります。各団体の寄付先情報は緊急支援情報に掲載していますので、参考にしてください。各団体ホームページへのリンクも掲載しています。