logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
image_携帯

バックナンバー
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

2005年11月の雲




[雲の動きから何がわかるのかな?]
11月の初旬、本州の南東海上からアラスカの南まで6,000km以上にわたって幅広い雲の帯が連なりました。上空10,000m付近を西から東へ吹いているジェット気流に伴うものです。
11月は、日本の東の北太平洋や、北米の東部から大西洋にかけて、低気圧の雲が急速に大きくなり、北の方へ湧き上がるように広がる様子がしばしば見られました。北極から強い寒気が南下して低気圧を猛烈に発達させたためです。
インド南部とスリランカには、一ヶ月を通して断続的に発達した雨雲がかかり、大雨による大きな被害が出ました。
上旬の後半にはオーストラリアの南東部を発達した低気圧が通り、南からの寒気と北からの暖気がぶつかって雨雲が発達、大雨が降りました。
下旬にはヨーロッパに、上空の強い寒気による大きな雲の渦巻きがかかり、イギリス・フランス・ドイツなどが寒波と大雪に見舞われました。
(日本気象協会 林 英美)

※画像が欠けていることがありますが、気象衛星が地球の影に隠れて太陽電池が働かなくなったり、なんらかの障害によって観測できなかったことによるものです。
※Mac版Internet Exprolerではスライダーを操作することができません。