logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
image_携帯

バックナンバー
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

[live earthの特典コンテンツのページへようこそ!]

このページへのアクセス情報はlive earthサイトで有料登録をしていただいた方にお知らせしています。正式公開よりも1ヶ月早くご覧いただくことができます。

2007年4月の雲




[雲の動きから何がわかるのかな?]
月の前半はユーラシア大陸を東へ進む雲がヒマラヤの北で弱まり、中国から西日本にかけては、まとまった雨が降りませんでした。高気圧に覆われる日が多く、インドシナ半島の方から湿った空気が入ってこなかったためです。
ヨーロッパも勢力の強い高気圧に覆われ、雲がかかることがほとんどありませんでした。高温と少雨の地域が多くなりましたが、低気圧の影響を受けたイベリア半島(スペインなど)では雨量が平年より多くなりました。
昨年来、記録的な干ばつに見舞われたオーストラリアには雨雲がかかるようになりましたが、東部の沿岸部は少雨傾向が続いています。西からやってくる雨雲が、南北に連なる大分水嶺山脈(グレート・ディバイディング山脈)を越えると弱まってしまうためです。
下旬になると、日本付近から太平洋にかけて、雲が東西方向に帯状に広がるようになりました。暖かい夏の空気(南の太平洋高気圧)と、少し冷たい春の空気の境目にできる停滞前線の雲です。大型連休が終わる頃、南西諸島は雨の季節を迎えます。
(日本気象協会 林 英美)

※画像が欠けていることがありますが、気象衛星が地球の影に隠れて太陽電池が働かなくなったり、なんらかの障害によって観測できなかったことによるものです。
※Mac版Internet Exprolerではスライダーを操作することができません。