logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
image_携帯

バックナンバー
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

2007年5月の雲




[雲の動きから何がわかるのかな?]
中国大陸から日本付近にかけては、しばしば雲が通りましたが、発達することがありませんでした。高気圧に覆われることが多く、南から湿った空気が入らなかったためです。中国中部や西日本では先月に引き続き、雨量が少なくなりました。四国ではダムの貯水率が例年の1%以下まで減った所があり、農業用水などに大きな影響が出ています。
17日にフィリピンの東海上で発生した台風2号は22日に小笠原諸島・父島の南東海上を通過しました。今年初の日本への接近台風になりましたが、大きな被害はありませんでした。
月の後半、黒海・カスピ海の周辺では雲が次々に北上する様子が見られました。中央アジアに勢力の強い高気圧が停滞し、雲が東へ進むのを阻んだためです。高気圧に覆われた中央アジア西部やヨーロッパ東部では異常高温が続き、モスクワでは5月としては観測史上最高の33.2度を記録しました。
インドシナ半島から中国南部、沖縄にかけては、月の後半になっても例年より雲が少ない状態が続きました。梅雨前線の活動も弱く、沖縄の梅雨入りは平年より8日遅い16日でした。那覇では雨の日は多かったものの、5月の雨量は平年の43%にとどまりました。
(日本気象協会 林 英美)

※画像が欠けていることがありますが、気象衛星が地球の影に隠れて太陽電池が働かなくなったり、なんらかの障害によって観測できなかったことによるものです。
※Mac版Internet Exprolerではスライダーを操作することができません。