logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
image_携帯

バックナンバー
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

2008年5月の雲




[雲の動きから何がわかるのかな?]
4月末にインドの東で発生したサイクロン「ナルギス」は当初の予想(北東進)に反して東へ進み、2日にミャンマーを直撃しました。大雨や暴風による被害は甚大で、国営テレビは死者7万8千人、行方不明者は5万6千人に達したと報じました(5月16日)。
日本列島には中旬に3個の台風(2・3・4号)が相次いで接近しました。1951年以降、5月に3個の台風が接近したのは初めてのことです。例年だと沖縄の南まで勢力を広げている太平洋高気圧が弱く、台風の北上を阻止できなかったことが原因と考えられます。
一方、ヨーロッパ北部は月の前半、勢力の強い高気圧に覆われました。大西洋を東へ進んだ雲は高気圧にブロックされ、イベリア半島からイギリス付近を北上しました。南から暖かな空気が入り、北欧やイギリスでは20度を超える季節はずれの陽気になった所がありました。
オーストラリア大陸は1か月を通してほとんど雲に隠れることがありませんでした。広く高気圧に覆われたためで、インドネシア付近の積乱雲の集団は南下することがなく、少雨が続きました。オーストラリア北部の月間雨量は平年の半分以下で、水不足が心配です。
(日本気象協会 林 英美)

※画像が欠けていることがありますが、気象衛星が地球の影に隠れて太陽電池が働かなくなったり、なんらかの障害によって観測できなかったことによるものです。
※Mac版Internet Exprolerではスライダーを操作することができません。