logo_Think the Earth
Project 011 live earth
image_携帯

バックナンバー
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

2012年6月の雲




[雲の動きから何がわかるのかな?]
先月に引き続き、赤道付近の対流活動が活発で、巨大な積乱雲の塊が次々に発生しました。太平洋東部では14日にハリケーン「CARLOTTA」が発生し、16日にはメキシコに上陸しました。また大西洋側でも2つのハリケーンが発生し、うち23日に発生したハリケーン「DEBBY」が、27日にアメリカのフロリダ半島に上陸しました。太平洋西部及び南シナ海でも合わせて4つの台風が発生し、うち台風4号は19日に日本の和歌山県南部に上陸した後、東海、関東、東北地方を縦断しました。
インド洋でも2つのサイクロンが発生したほか、南西モンスーンの強い状態が続きました。インド洋のアッサム州では、24日に州内を流れるブラマプトラ川が氾濫し、95人が死亡、14人以上が行方不明になりました。また同じ頃、バングラデシュ南東部でも豪雨による洪水や地滑りが発生し、120人以上が亡くなりました。中国四川省も29日以降、同省の一部地域で大雨が続き、洪水や土石流などで7人が亡くなりました。
一方で、上空を流れる偏西風の蛇行により、アメリカ中部から東部にかけては高気圧に覆われやすい気象条件になりました。このため、各地で記録的な猛暑となり、コロラド州などで大規模な山火事が発生したほか、アリゾナ州やジョージア州では異常な干ばつが発生しました。
(日本気象協会 柳瀬 真)

※画像が欠けていることがありますが、気象衛星が地球の影に隠れて太陽電池が働かなくなったり、なんらかの障害によって観測できなかったことによるものです。
※Mac版Internet Exprolerではスライダーを操作することができません。