logo_Think the Earth
Project 011 live earth
image_携帯

バックナンバー
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

2012年10月の雲




[雲の動きから何がわかるのかな?]
赤道付近の対流活動が依然活発で、大西洋と太平洋では、この時期としては多い8つのハリケーンと5つの台風が発生しました。また、インド洋でも今季初を含む3つのサイクロンが発生しました。
24日にフィリピンの東海上で発生した台風23号は、25日にかけてフィリピンを通過した後、29日にはベトナムに上陸しました。各地で大雨や洪水、土砂災害が発生し、フィリピンで36人が死亡・行方不明になったほか、ベトナムでも3人が亡くなりました。
また同じ頃、ハリケーン「サンディ」がカリブ海を縦断し、ハイチで52人、キューバで11人など、カリブ海諸国全体で69人が亡くなりました。29日に温帯低気圧化した後、米国東海岸のニュージャージー州に上陸し、ニューヨークなど米国北東部の都市に猛威を振るいました。倒木や冠水などにより数百万世帯以上が停電したほか、米国内でも110人以上の方が亡くなりました。
一方、中緯度から高緯度にかけては、低気圧や前線の渦巻き状の雲が次々と通過しました。日本にも度々低気圧が訪れましたが、全般には高気圧に覆われて晴れた日が多く、北日本を中心に高温となりました。
(日本気象協会 柳瀬 真)

※画像が欠けていることがありますが、気象衛星が地球の影に隠れて太陽電池が働かなくなったり、なんらかの障害によって観測できなかったことによるものです。
※Mac版Internet Exprolerではスライダーを操作することができません。