logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

もどる

ペルー沖地震(2007.9.3 update)

2007年8月15日18時40分(日本時間16日8時40分)、ペルー・イカ州沿岸部でマグニチュード8.0の地震が発生。死者519人、負傷者1,366人、倒壊家屋58,581軒にのぼる大きな被害となっています(国連人道問題調整事務所(OCHA)8/30発表)。


ペルー沖地震の震源地

今回は、被災地で緊急支援を行っている団体、特定非営利活動法人アムダ(AMDA)に10万円の寄付を行うとともに、現地での活動の様子をお聞きしました。



被災したサン・ホセ・デ・ロスモリノス市の様子(写真提供:AMDA)

AMDAは、地震翌日の8月16日午後、第一次緊急医療チームの派遣を決定し、18日、医師2人と調整員1人が日本を出発しました。19日首都リマに到着、支援活動を開始しました。

【被災地の様子】


破損が激しい教会内部(写真提供:AMDA)


破壊された家(写真提供:AMDA)

現地からの報告によると、8月30日現在でも、かなり強い余震が一日一度は体感されるとのことです。


【巡回診療1】


アウグスト・ヤマニハ医師と渡久地医師(写真提供:AMDA)

AMDA緊急医療支援チームは、8月22-29日、サン・ホセ・デ・ロスモリノス市内で巡回診療を実施し、計454人を診察しました。主な疾患は、呼吸器疾患、骨・筋肉疾患、皮膚疾患、高血圧、耳鼻咽喉・歯科・眼科疾患、上部消化管疾患、外傷、過労です。


【巡回診療2】


サン・ホセ・デ・ロスモリノス市役所で診療するヨシ・ヤマニハ医師(写真提供:AMDA)


診療を待つ患者の皆さん(写真提供:AMDA)


【巡回診療3】


カレホン・デ・ロメロ村での巡回診療(写真提供:AMDA)




【AMDAに募金するには?】

AMDAのペルー沖地震被災地支援活動への寄付は、下記口座で受け付けています。活動の詳細はwww.amda.or.jpをご覧ください。

郵便振替
口座番号:01250-2-40709
口座名:AMDA
注:通信欄に「ペルー沖地震」と明記してください。