logo_Think the Earthプロジェクト
Project 011 live earth
最新情報
live earthについて
メッセージ
毎月の雲
自然災害支援リポート

もどる

フィリピン台風被害(2009.10.21 update)

2009年9月26日、台風16号がフィリピンのルソン島を、10月3日から台風17号がフィリピン最北部を通過しました。この影響によりフィリピン全土が台風の猛威にさらされ、300人以上が死亡し、首都圏全域が洪水に見舞われるなど大きな被害になりました。


フィリピンを襲った台風16号(左:9月26日、右:17号10月3日)

live earthから、現地で支援活動を行なっている認定NPO法人 難民を助ける会特定非営利活動法人アムダ(AMDA)に30万円の寄付を行うとともに、現地での活動の様子をお聞きしました。

難民を助ける会は10月2日、2人のスタッフを派遣し現地を調査、10月9日より支援物資の配布などを行なっています(写真提供:難民を助ける会)

【被災地の様子】


最も被害の大きかったマニラ首都圏ケソン市バゴン・シランガン地区にて、洪水により流された家財道具を探す人々


マニラ首都圏のマリキナ市を流れるマリキナ川。増水が引く様子はまだ見えない


【避難所の様子】

バゴン・シランガン地区では、小学校が避難所となり、399家族、1797人が避難しています。死者数は45人、不明者10人。 1つの教室に7ー10家族(1家族5-6人)が生活しています。避難はしたものの、次の台風で浸水する危険のある地域のため、不安な日々が続いています。


避難所となった小学校では、教室からあふれた人たち数百人が廊下で生活している


避難所横の体育館に並べられた小さな棺。生前、子どもが好きだった食べ物などが供えられてる


【ニーズ調査】

難民を助ける会は、障害者や高齢者など特に支援の届きにくい方々に配慮した支援を実施しています。10月5日、被災した障害者の方々の状況調査のため、市内から車で1時間ほどのリザール州カインタにある障害者支援施設、タハナン・ワラン・ハグダナンを訪問しました。


施設内のあちこちに散乱した、洪水で流された品々


障害のためにマットレスなしでは寝られない人は、このように濡れたマットに寝るしか選択肢はない


水に浸かり、腐ってしまったお米


【物資の配布】

10月9日、障害者支援施設タハナン・ワラン・ハグダナンの利用者や職員(7割が障害者)の375世帯に、砂糖など食料を含む生活物資のセットを配布しました。また、マットレスがないと寝ることのできない障害者のために、50枚のマットレスを届けました。


物資をトラックからおろしてバケツリレーのように運ぶ。施設のスタッフや関係者がボランティアでお手伝い


マットレスが届く。すぐに薄くなるようなものでは障害者の体の負担を増しかねないので、品質は十分に確認する


一人ひとりに砂糖や消毒用のアルコール、蚊避けスプレー、歯ブラシなどが入ったパッケージを手渡していく


【被災者たちの声】


マットレスを受け取って喜ぶメリー・タピルさん(49歳)「これで今夜からよく眠れます」


寮に住んでいる学生のセンディ・アスサノさん(19歳)「台風のときは水が急に寮の中に入ってきて怖かった。24時間もぬれたままだったんです」

難民を助ける会は、特に支援の届きにくい障害者などを中心に、今後も支援を行っていく予定です。



AMDAはこの甚大な被害に鑑み、9月29日に緊急支援チームを派遣。まずは、都市機能が麻痺した中でのニーズ調査を行い、医療・生活支援を含めて必要な支援を行なっています(写真提供:AMDA)


【被災地の様子】


マニラ市内の被害の様子


避難所で被災者から聞き取りを行なう古城調整員


【避難所の様子】

大型台風による洪水被害で、多くの市民は、避難所となっている小学校で避難生活を行っています。 食糧や水などの生活支援物資の供給とともに、避難所の衛生環境の改善が求められます。


避難所となっている小学校


避難所で聞き取りを行なう古城調整員


【募金するには?】

難民を助ける会の活動についての詳細はwww.aarjapan.gr.jpをご覧ください。難民を助ける会への寄付は、下記口座で受け付けています(2009年10月11日時点)。

郵便振替
口座番号:00100-9-600
口座名:難民を助ける会
注:通信欄に「フィリピン台風」と明記してください。

AMDAの活動についての詳細はwww.amda.or.jpをご覧ください。またAMDAへの寄付は、下記口座で受け付けています。ぜひご協力ください(2009年10月11日時点)。

郵便振替
 口座番号:01250-2-40709
 口座名:AMDA
 注:通信欄に「フィリピン台風」と明記してください。


【その他の緊急支援情報】

復興支援を行っている団体は他にも多くあります。各団体の寄付先情報は緊急支援情報に掲載していますので、参考にしてください。各団体ホームページへのリンクも掲載しています。