2010.07.30 Tweet

from デンマーク vol. 53 「R水素」は未来の話じゃない! 〜ロラン島から学ぶ再生可能エネルギーとまちづくり


デンマークの南に位置するロラン島は、風という地域の恩恵を生かした再生可能エネルギーと、それによってつくった水素を使った世界初の「R水素コミュニティ」によって注目を集めています。原子力や化石燃料からの脱却を目指し、再生可能エネルギーと水素を使って実現する、水と空気を汚さない社会のロールモデルになろうとするロラン島。風車が立ち並ぶエコの見本市のような街を訪ね、島から始まるイノベーションについて話を聞いてきました。

目次へ移動 森と風の島、ロラン

目次へ移動 世界最先端の"片田舎"

053-2.jpg ロラン島の周辺には風車が約500基あり、電気のほとんどを再生可能エネルギーで自給している

デンマークのロラン島はコペンハーゲンから南へ175km、人口約7万人の一見どこにでもある田舎です。のどかな風景のなかに目立つのがあちこちでグルグル回る風車たち。一番高い丘で海抜25mという平坦な土地にはひっきりなしに強い風が吹きつけます。ロラン島ではその恩恵を生かして、 電気のほとんどを陸上・洋上合わせた約500基の風車で自給するなど、自然エネルギー(枯渇する化石燃料を使わない無尽蔵の資源という意味で、「Renewable」=再生可能エネルギーとも呼ばれます)の分野ではトップランナーの"片田舎" なのです。

053-3.jpg 泥んこになって遊びながら、自然から学ぶ「森の幼稚園」

風車の他にも、ロラン島は「森の幼稚園」が有名です。自然環境を利用した幼児教育として注目されている「森の幼稚園」は、1950年代のデンマークが発祥。夏でも冬でも一日中、外で子どもたちが泥んこになって、図画工作、料理、音楽など、森の中のあらゆるものをおもちゃに見立てて、自由な時間を過ごします。このような子どものころからの 「自然の中で生きる力」の教育が、「風力でいこう!」という自然を生かしたエネルギー政策の決定にも、脈々と受け継がれている のかもしれません。

目次へ移動 失業率20%から4%ヘ! 〜 風を生かしたまちづくり

053-4.jpg 数十基が立ち並ぶ陸上風力発電パーク

今は豊かに見えるロラン島も、80年代は失業率が20%を超えていたそうです。そこでロラン市が目を付けたのが再生可能エネルギー産業。かつて造船業で栄えた港をリノベーションし、自然環境や海運といった地域の宝を生かして、今や時価総額では東芝を超える世界最大手の風車メーカーVESTAS社の誘致に成功。90年代にEUが脱化石燃料の切り札として再生可能エネルギーへのシフトを加速させると、やがて失業率は4%にまで減らすことができました。

053-5.jpg 世界初の洋上風力発電所オンセヴィ気候パーク

再生可能エネルギーを生かしたまちづくりの成功モデルとして、ロラン島には世界中の企業や政府などさまざまな視察団が見学に集まる ようになり、エコツーリズムのビジネスも花開きつつあります。たとえば、北西部のオンセヴィ気候パーク(Onsevig Climate Park)は、今から約20年も前の1991年に完成した世界初の洋上風力発電所。沖合では波力発電の実験や魚介類の養殖など一石二鳥の発電所を目指して研究中です。実はここ、1970年代に原発の建設計画が持ち上がった場所。市民が 原発に反対して勝ち取った思い出の場所が、エネルギーシフトは可能だ! というストーリーを実感できる絶好の見学スポットになっている のです。

053-6.jpg ナクスコウの港に停泊する風力発電+波力発電の実験機POSEIDON

VESTAS社の拠点となっているのが、西側のナクスコウ(Nakskov)。港には世界に輸出される風車の羽が、そこかしこにスタンバイしていました。近くには実験施設もあり、地上100mというとにかく巨大な洋上風車の圧巻の姿を見学することもできます。

アメリカもいよいよ本腰になり、日本でも銚子沖での調査が始まるなど、世界的にトレンドとなっている洋上風力発電も、20年前は周辺に生息する動物や漁業への影響など、さまざまな不安が叫ばれていました。そこでデンマーク政府は100を超える調査を経て安全性を立証して、今ではあざらしが休みにくるほどに。

「これは前向きな保全なんです」とオンセヴィ気候パークの担当者の方は強調していましたが、 世界で例がないからこそ自分たちでやる! そして、そのノウハウをオープンかつグローバルにシェアして変化を加速させる! それらの意識がロラン島では徹底していました。数年後には島と対岸のドイツを結ぶ橋も完成するロラン島では、未来を見据えて再生可能エネルギーに特化した大学や研究所を増やす予定とのこと。 前回の僕の地球リポートで紹介したハワイ もそうでしたが、制約が多そうな島からこそ、最先端のイノベーションは始まっているのです。

次へ