2010.10.01 Tweet

from 東京 vol. 54 銀座のミツバチが紡ぐ都会の里山物語

ミツバチが花々の間を飛び交い、田んぼに稲穂が揺れている――よくある地方の田園風景のようですが、実はこれ、東京・銀座のビルの屋上の光景なんです。銀座でハチミツが採れる、という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょか。2006年に「銀座ミツバチプロジェクト」がスタートしたのをきっかけに、今この街は「人と人がつながる小さな里山」へ変身しようとしています。ミツバチが生きやすい街を作ろうと屋上緑化を進めたり、採れたハチミツを使い銀座の老舗がケーキやカクテルなどを作って「地産地消」を実現したり。ミツバチに引き寄せられるように人々が集い、新しいアイデアが次々と生まれています。街の発展の方法を模索していた銀座が、ミツバチによって思いがけず「都市と環境の共生」という答えを見つけたとも言えそうです。「ミツバチがもたらしたもの」を探しに、銀座へ向かいました。
(タイトル写真提供:銀座ミツバチプロジェクト)

目次へ移動 ミツバチとの対面

銀座3丁目にある銀座紙パルプ会館を訪ねたのは、9月上旬の暑い日。11階建てのこのビルの屋上に、銀座のミツバチたちが住んでいるのです。 ここには西洋ミツバチと日本ミツバチの巣箱が設置されていて、毎日数十万のミツバチが飛び立ち、銀座周辺の木々や植物から蜜を集めてきます。

054-002.jpg ここがミツバチの住まい。西洋ミツバチの巣箱が4つ。日本ミツバチは別の場所にいる

054-003.jpg この日はミツバチのための庭園作りの講座が開催されていた。囲いの向こうに巣箱が置いてある。中央は銀座ミツバチプロジェクトの田中さん

この日は、秋から冬を迎えるための準備と採蜜が行われました。全身を白い防護服で覆い、頭にネットをかぶり、準備は完了。飛び交うミツバチに最初は近寄るのをためらいましたが、一度近寄ってみると、怯える必要などないことがわかります。同じ空間を共有している、そんな感覚でしょうか。

054-004.jpg 燻煙器で新聞紙を燃やして煙を出す。煙がミツバチを落ち着かせるという

054-005.jpg ミツバチの様子を確認する。作業は素手が基本だ

作業をするときは、素手が基本。手袋を使うと扱いがぞんざいになり、ミツバチの性格が荒くなるからだそうです。多くの人が行き交う都会の養蜂ならではの配慮は欠かせません。燻煙器によって煙を出すのも、ミツバチを落ち着かせる方法のひとつ。慣れてくれば手の平に乗せても平気になります。

054-006.jpg 囲いの中に入り、いよいよ作業が始まる

054-007.jpg 慣れてくれば手の平に乗せるのも平気に。ミツバチは34度前後の体温を維持しているため触ると温かい

採蜜の手順はこうです。ハチを巣枠から移動させ、巣枠についた蜜蝋をそぎ落とします(蜜蝋はろうそくなどになります)。これを遠心分離機に取りつけ、回転させながらハチミツを絞り、濾過させるとハチミツのできあがり。採蜜のピークシーズンは過ぎていますが、この日だけで約10キロのハチミツが採れました。銀座は夏でも蜜枯れしないため、9月になっても一部でハチミツが採れるのだとか。遠心分離機にかける前の蜜をなめてみると、ほんのりと優しい味がしました。

054-010.jpg ハチを移動させた後の巣板

054-008.jpg 蜜の詰まった巣板を遠心分離機にかけてハチミツを抽出する

054-009.jpg フレッシュなハチミツのできあがり


次へ