2008年01月28日

ストレス解消のキーワードは...?

地球日記

早寝をしても疲れがとれない。
反対に、どんなにクタクタで帰宅しても、食事の支度をしているうちに気分が晴れ晴れしてくる、なんてことがよくあるのですが、『大和なでしこ整体読本(三枝誠著)』を読んで、その理由が分かりました。

キーワードは「指」。
"人間は指先全部を使うことで、気持ちが収まる"だから"精神的な疲れや仕事のストレスなどには、単なる休養よりも、指を使う作業が効果的" なのだそうです。

先日、知人からピアノを譲ってもらいました。
10数年ぶりの"指の運動"に苦戦しつつ、楽しくストレス発散しています。

(推進スタッフ:中島愛子)

この記事へのリンク

2008年01月25日

「えこよみ」展トークショー

プロジェクト裏話

080125.jpg

昨日、丸の内のさえずり館で「えこよみ」展のトークショーを開催しました。
先週からセミナーが立て続けにあり、これで3本目。ようやくすべてが終わり、ホッとしています。

今回は講師に和文化エディターの高月美樹さんをお呼びしました。
日本人が旧暦とどのように付き合ってきたか、江戸や過去の日本人の暮らしがどれほどエコだったか、「へぇ〜」という話をいくつも聞くことができました。
ちなみに高月さんのサイトはコチラから

印象的だったのは、男性の参加者が予想外に多かったこと。
そして旧暦の手帳が飛ぶように売れたこと。
みなさん旧暦に興味があるんだな〜と改めて思いました。

都会に暮らしていると、どこにでも快適空間があって、寒くても暖かいし、暑くても涼しいです。土もないし、植物も少なく、季節感や五感がみるみる鈍っていくように感じます。

だからこそ、旧暦を使って、季節や田舎の四季に思いをはせるのもいいものだと思うのです。

ちなみにぼくが二十四節気で好きな言葉は「啓蟄」です。
はやく虫がもそもそと出てこないかな〜。

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2008年01月21日

エコツーリズムで地域を元気に♪

おすすめ info

去る1月11日(金)、日本エコツーリズムセンター設立記念シンポジウムに行ってきました。日本エコツーリズムセンターとは、国内のエコツーリズム、自然体験活動、環境教育分野の第一人者が集まってつくったネットワークです。現場での経験豊富なエキスパートや研究者たちが、日本各地の「エコツーリズム力」を向上させ、"エコツーで地域を元気にする"ために情報発信をしたり、ツアーガイドやコーディネーターを養成
したりするのだそうです。

ところで皆さん、"エコツーリズム"って、何だと思いますか?言葉から想像できるのは「大自然の中に出かけて、自然に負担をかけない旅の仕方」...かな!?と思うのですが、実際は「環境や社会的なものまで含めての生態系の維持と保護を意識したツーリズム(旅行、リクリエーション)」(Wiki参照)のことなんです。

日本では、担い手がいなくなって、里山の風景や地域の文化が失われつつある地域にエコツーリズムを通じて人を呼び、活気を取り戻そうという試みが各地で行われています。こうした取り組みを広げるためにも、これからのセンターの活躍に注目していきたいなと思っています。

★また、同センターが運営するサイト、エコツアー・ドット・ジェイピーでは、一般の人が参加できるエコツアー情報が、分野・エリア・日付で検索できるようになっています。ちょこっとアウトドア体験をしたいとか、田植え体験をしたいとか、日本の魅力を再発見したいなどなど...新しい旅のカタチを検討中の方は覗いてみてください。

(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2008年01月08日

「えこよみ」展

プロジェクト裏話

昨日スタッフ4名で、丸の内のさえずり館に「えこよみ」展の準備に行ってきました。
本日8日から約1ヶ月間展示を行う予定です。
展示内容はこちら↓みなさんぜひ訪れてみてください。

2008年2月4日 立春
旧暦での新しい一年が始まります!

『えこよみ』は、あなたと自然とのつながりを取り戻す、古代からの贈り物。
立春からの一年を二十四の季節に分け、さらにそれを三分割した七十二候が記されています。これは昔の日本人が、私たちに残してくれた言葉の玉手箱なのです。
イラストレーターの植田真さんの優しいタッチで描かれたイラストと共に、これから始まる新しい一年をゆっくりとお楽しみください。

↓このようなトークショーも予定しています。

日々旧暦暮らし
〜感性を研ぎ澄ます暮らし方〜
話し手:和文化エディターの高月美樹さん

旧暦と暮らすことは月や自然のリズムを感じ、都会で失いつつある五感を取り戻すということ。そんな旧暦暮らしは、実は夢を実現するツールともなります。ゲストに旧暦手帳を発行する高月美樹さんをお迎えして、旧暦の仕組みから日本人の伝統や自然観まで、幅広くお話します。
当日は2008年2月から始まる新しい旧暦手帳「旧暦日々是好日」の販売も行います。

*日 時:2008年1月24日 18:30〜20:00
*料 金:1,000円(季節にちなんだお菓子とお茶含む)
*受 付:予約制/先着40名/さえずり館にて受け付けています。

080108_1.jpg

080108_2.jpg

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2008年01月08日

「太陽系のそと/銀河系」

おすすめ info

新年明けましておめでとうございます。
みなさんどのようなお正月を過ごされましたでしょうか。
今年もThink the Earthプロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日は昨年末ショップに入荷したばかりの「太陽系のそと/銀河系」をご紹介いたします。
なんとこの商品、わたしたちの住む銀河系がガラスキューブの中に浮かぶ画期的なプロダクト。

ガラスに浮かぶ銀河を眺めながら、この中に太陽系があって、地球が存在するのだなーと思うと、ただただそのスケールの大きさと、宇宙の神秘さに驚くばかり。

昨年は、月探査衛星「かぐや」などでも盛り上がった天文イベント。今年はいったいどのような新しい発見や情報が飛び込んでくるのでしょうか。

いまから楽しみです。

(推進スタッフ:谷口西欧)

この記事へのリンク

1