2008年01月08日

「えこよみ」展

プロジェクト裏話

昨日スタッフ4名で、丸の内のさえずり館に「えこよみ」展の準備に行ってきました。
本日8日から約1ヶ月間展示を行う予定です。
展示内容はこちら↓みなさんぜひ訪れてみてください。

2008年2月4日 立春
旧暦での新しい一年が始まります!

『えこよみ』は、あなたと自然とのつながりを取り戻す、古代からの贈り物。
立春からの一年を二十四の季節に分け、さらにそれを三分割した七十二候が記されています。これは昔の日本人が、私たちに残してくれた言葉の玉手箱なのです。
イラストレーターの植田真さんの優しいタッチで描かれたイラストと共に、これから始まる新しい一年をゆっくりとお楽しみください。

↓このようなトークショーも予定しています。

日々旧暦暮らし
〜感性を研ぎ澄ます暮らし方〜
話し手:和文化エディターの高月美樹さん

旧暦と暮らすことは月や自然のリズムを感じ、都会で失いつつある五感を取り戻すということ。そんな旧暦暮らしは、実は夢を実現するツールともなります。ゲストに旧暦手帳を発行する高月美樹さんをお迎えして、旧暦の仕組みから日本人の伝統や自然観まで、幅広くお話します。
当日は2008年2月から始まる新しい旧暦手帳「旧暦日々是好日」の販売も行います。

*日 時:2008年1月24日 18:30〜20:00
*料 金:1,000円(季節にちなんだお菓子とお茶含む)
*受 付:予約制/先着40名/さえずり館にて受け付けています。

080108_1.jpg

080108_2.jpg

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

« 「太陽系のそと/銀河系」 | メイン | エコツーリズムで地域を元気に♪ »