2008年02月29日

期間限定ショップ

プロジェクト裏話

メールニュースなどで何度かお知らせしていますので、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、3月7日(金)より「ルミネ荻窪店」にて「Think the Earth SHOP」が期間限定オープンします。

まだ内装は一切手付かずの状態。
無事開店当日に間に合うか不安でいっぱいですが、残り1週間でみなさんを迎えられるよう素敵な空間にしていきたいと思います。

今回は『世界を変えるお金の使い方』からいくつか団体を抜粋して募金が出来る「募金ボックス」を店内に設置したり、3月中旬に発売予定のビジュアルブック『みずものがたりー水をめぐる7の話ー』の発行を記念してフリートーク形式の無料トークイベントも企画中です。
イベントでは編集ディレクターを務めたThink the Earthプロジェクトのプロデューサー上田壮一が書籍制作にあたってあらためて水について感じたこと、制作秘話などをお話しします。

詳しい日時などはまたメールニュースなどでお知らせします。
みなさんどうぞお楽しみに!

写真はお店のフロア写真です。まだガラガラですね(^_^)
070229.jpg

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2008年02月27日

笑う親

地球日記

先日、財団法人こども未来財団と社団法人日本フィランソロピー協会が主催する"企業とNPOの子育て支援協働推進セミナー"に参加した。
ワーク・ライフ・バランスに関する基調講演や報告の後のパネルディスカッションでは、4人のパネラーそれぞれの立場から見たワーク・ライフ・バランスにまつわる現状や課題についての意見交換が行われた。

"実際に子育てにかかわる親や子どもたちを守る法や施設の整備だけではなく、全ての働く人々が仕事と私生活のバランスを取ってこそ、真に子育てしやすい社会の実現につながる"など、働く母親として大きく頷きたい意見が多数交わされたが、講演後、心にずしりと残ったのは、パネリストのひとり、読み聞かせの活動などで知られるNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也氏の「笑わない子どもが増えている」という発言だった。
笑わない子どもの後ろには、笑わない母親・父親が居ると言う。私自身を振り返っても、"しなければならないこと"との格闘の日々のなかでは、笑顔はつい忘れがちだ。

ファザーリング・ジャパンのHP見ると、ミッションは"よい父親"ではなく、"笑っている父親"を増やすこと、とあった。
私も、笑顔で毎日を過ごすことを大切に、自分の担う役割(母・妻・老親の娘・会社員 etc. etc.)のバランスを取ってゆきたいと思う。

財団法人こども未来財団 http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/
社団法人日本フィランソロピー協会 http://www.philanthropy.or.jp/
NPO法人ファザーリング・ジャパン http://www.fathering.jp/

(中島 愛子)

この記事へのリンク

2008年02月22日

手押しタクシー!?

地球日記

旅に出ると、ふだん見慣れない光景についシャッターを切ってしまう瞬間がたくさんありますよね。
これは、昨年秋にチリの首都サンチアゴの街角で見かけた光景です。故障した車を押している訳ではありません。よく見ると車の上に電飾が...そう、ここはタクシー乗り場。客待ちのタクシーはエンジンを切って並んでいて、お客さんを乗せるまでは「よいしょっ」と、車を押して順番待ちをしているのです。都会の真ん中の、なんとものどかな風景だったので、思わずパチリッ。
きっとガソリン代節約のためにやっているのだと思いますが、結果的には排気ガスを出さないので一石二鳥ではありませんか!?とっても寒いところやとっても暑いところだとツライですが、穏やかな天気の日は、こんな光景が日本でも見られるとうれしいなぁ。

IMGP5793.JPG

(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2008年02月19日

マイナーチェンジ

地球日記

最近、オフィスにいることが多く、なかなかでかける機会がありません。
ちょっと運動不足だな〜と感じていました。

そこで、数週間ほど前から、自宅から最寄り駅までの道のり約15分ほどを歩くことにしています。
自転車から徒歩に変わっただけで、それほど運動にはなっていないかもしれませんが...。
でも、そんな小さな変化から気づくこともたくさんあります。
春を感じる植物に気づいたり、こんなところにこんなものがあったんだという新たな発見をしたり。

それから、急行電車ではなく、各駅停車の電車に乗ることも。
運動不足解消のためではありませんが、たまには、始発の各駅停車に乗ってゆっくりと出社するのもいいものです。

自転車から徒歩へ、急行電車から各駅停車へ。
スピードをちょっと落とすマイナーチェンジをしてみるのはいかがですか?

(米沢なつき)

この記事へのリンク

2008年02月14日

雷バッグ×Think the Earth

プロジェクト裏話

先日、雷バッグ×Think the Earthをつくっていただいている長野県上田市のOIDEYOハウスを訪ねてきました。
(OIDEYOハウスは、知的ハンディのあるメンバーが、日中通ってきて活動をする場所です。詳しくはこちら↓)
オイデヨハウス
雷バッグ

前日雪が降ったばかりで、刺すように冷たい空気でしたが、広々としたOIDEYOハウスの作業所は、暖かな空気に包まれています。

oideyo01.jpg

ここで皆さん、和気藹々と米袋にテープを貼りつけて、雷バッグ作りにいそしまれています。
部屋を見渡すと、そこら中に『雷』化した品々が!
バッグ作りに使うミシンもこの通り。

oideyo02.jpg

雷バッグは、手作りでひとつひとつ柄違いです。
センスのいいパターンを、1日に2つも3つもつくる人、1週間かけて、ひとつの絵柄をじっくり綿密に貼っていき、すでに職人のような雰囲気をまとっている人、と様々です。

oideyo03.jpg

今までにない柄のパターンも精力的に考える皆さんを見て、それぞれの方の個性が作品にでているなぁと、感じました。
これから仕上がる、雷バッグ×Think the Earthの新作が
到着するのが、とても待ち遠しくなりました。

oideyo04.jpg
(↑OIDEYOハウスの兄弟施設、風の工房の方による作品です。)

(推進スタッフ:山口倫之)

この記事へのリンク

2008年02月13日

若さを活かして

おすすめ info

先週末の話。学生時代の旧友等から宴に誘われ、約4年ぶりの再会をはたしてきました。
20代~30代の男女15人くらいが集まり近況をあれこれ報告。やはりこの年代にとっての2~3年は、人間を大きく成長させるものだなぁと実感しました。

その中で、ある男の子のパートナーが今インド洋上(?!)にいることを耳にし、興味をもったのであれこれ話を聞いてきました。航海中とはいってもサバイバルのようなものではなく(笑)、その女の子が参加していたのは『世界青年の船』という一つの交流事業でした。

これは、10年以上続いている内閣府主催の青年国際交流事業の一つで、昨年リニューアルされたHPには"国際交流を通じた相互の理解と友好の促進を目指して"という題目のもとに始まった事業の紹介や歴史、参加した青年等の事後活動報告などが分かりやすく掲載されています。

皆さんご存知のピースボートとは異なり、18歳~30歳までという年齢制限はあるものの、社会に出てから間もない世代がこういった経験を積んで、どんどん視野を広げることは素晴らしいことですよね
◎Think the Earthスタッフも、色んな世界の表情を見て聞いて触れてきているメンバーばかり。私も学生時代にタイムスリップしたくなりました。
(現実逃避という意味合いではありませんよ!笑)

平成20年度の募集もスタートしているようです。
世界と対岸する機会を探していた若人には、一つのきっかけになりそうですね。

青少年の国際交流 ~世界を知ろう!日本を伝えよう!~
(推進スタッフ:風間美穂)

この記事へのリンク

2008年02月09日

連休の過ごし方

おすすめ info

皆さん連休の過ごし方はもうお決まりですか。
今週のお薦めコンテンツをふたつご紹介します。

ひとつめは「天体観望会」。
寒いこの時期は空気も澄んでいて夜空の星を見るには最適の季節。
とくに今月から来月にかけては土星が見頃です。
太陽ー地球ー惑星が並ぶことを天文用語で"衝"といいますが、今月の2月25日がちょうど土星の"衝"にあたります。一般的に地球との距離がもっとも近くなるため、その前後ひと月ほどは土星の観望にもってこいなのです。

望遠鏡をもっていない方も近くの科学館や研究機関が観望会を開催しているかもしれません。
興味のある方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。
普段写真や絵で見慣れた土星も実際に生で見るとまたひと味ちがいますよ!
http://www.kahaku.go.jp/event/search.php?mus=tsukuba&id=1362

ふたつめは汐留で開催中の「ファブリカ」展。
ファブリカとは、「カルチャー」と「ビジネス」をつなげることを目的に、世界中のアーティストを集め活動の場を提供するベネトングループ出資の「コミュニケーション・リサーチ・センター」のこと。
(『新橋経済新聞』より抜粋)

展示タイトルは「FABRICA LES YEUX OUVERTS 将来を見据えた目」。
ルチアーノ・ベネトンはThink the Earthプロジェクトの名誉理事でもあるだけに、ここは見逃せないところ。
開催期間は1月18日~3月2日まで。場所は汐留イタリア街の「Shiodomeitalia クリエイティブ・センター」です。
http://www.benetton.co.jp/whatsnew/2008_01/index.html
http://www.shiodomeitalia.com/modules/mostre01/index.php?id=18

では皆さん素敵な連休をお迎え下さい!

(谷口 西欧)

この記事へのリンク

2008年02月08日

ガンダムと赤い彗星

プロジェクト裏話

Think the Earthプロジェクトとガンダム?
なかなか繋がりがなさそうですが、わたしたちの地球時計を舞台にガンダムと赤い彗星のバトル(!?)が繰り広げられています。

なんのことか、なかなか伝えにくいですがぜひコチラをご覧下さい。おもしろいです!
このサイトです↓

080208.jpg

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2008年02月04日

J-wave

プロジェクト裏話

雑誌『ソトコト』さんからお誘いを受けて、J-waveロハスサンデーに出演してきました。
出演したのは朝6:30からの「Design & Goods」というコーナー。雪の降りしきる中、六本木ヒルズのスタジオで、王理恵さんからThink the Earthプロジェクトのことについて、いろいろ質問を受けました。

いや〜生だったので緊張しました。
もうちょっと場慣れせねばですね。
ただ、いつも車で出かけるときに聞いていた番組だったので、出られてうれしいです。ソトコトさんに感謝!
ラジオを聞いて連絡をくれた方、ありがとうございました。

番組サイトはコチラから。1週間は収録語の動画が載っているはずです。

070205.jpg

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

1