2008年11月26日

今週末は Buy Nothing Day

おすすめ info

今週末、11月29日(土)は Buy Nothing Day(無買デー)。
1年に1日だけ、本当に必要なもの以外は何も買わずに過ごしてみる日です。1992年にカナダの「Adbusters」というユニークな非営利団体が始めて、現在65カ国の人々にまで広がっているそうです。

ポスターのコピーをみると、「今日は何も買わないで地球のことを考える日」。おぉ、Buy Nothing Day は Think the Earth Day でもあるのですね。Think the Earthスタッフとしては、乗らないわけにいきません。

消費が地球環境を圧迫し、金融危機によってお金のシステムが揺らぐ今日この頃、週末の1日をお金を使わずに過ごし、地球を想ってみませんか?

■Buy Nothing Day Japan
http://bndjapan.org/

■Buy Nothing Day | Adbusters(英語サイト)
http://www.adbusters.org/campaigns/bnd

(横山ゆりか)

この記事へのリンク

2008年11月25日

サンタクロースって

地球日記

東京もどんどんと寒さが増してきて、街ではちらほらと、クリスマスツリーやイルミネーションを見かけるようになりました。
我が家の1歳児も、キラキラのイルミネーションに反応して「あー、あー」と歓声をあげています。

最近の我が家の家族会議のテーマといえば、「今年、我が家にサンタクロースは来るのか?」ということ。まだ1歳4ヶ月の息子は、赤い衣装を着た人は全部アンパンマンだと思っているので、今年はサンタさんに来てもらうのはやめました。その代わりと言っては何ですが、一人でも多くの子どもたちが温かいクリスマスを迎えられるようにと、プレゼントの予算分を募金することに。どの団体のどんな活動に寄付をしようかと、家族会議は続行中。わずかな額ではありますが、真剣に悩む今日この頃です。

サンタクロースといえば、私の大好きな本を1冊、紹介します。松岡享子さんの「サンタクロースの部屋~子どもと本をめぐって」(こぐま社 刊)というエッセイです。素晴らしい文章なので、引用しますね。

「サンタクロースを信じている子どもの心の中にはサンタクロースの部屋があります。いつか大きくなってサンタクロースは出て行ってしまいますが、心の中には部屋が残ります。そして、その部屋に新しい住人を迎えることができます。」

「愛情とか信頼とか目に見えない大切なものをその部屋に住まわせる事ができるのは、子どもの時に信じるという力が心の中に空間を創ったからです。」

幼い頃に、サンタクロースが住んでいた部屋。心の中のその部屋は、普段は空き部屋かもしれないけれど、きっといつでも鍵は開いているんだと思います。私もそんな部屋を作ってあげられるような子育てをしたいものだと、つらつらと思いながら、年の瀬に向けて慌ただしい毎日を過ごしています。

(平田 麻子)

この記事へのリンク

2008年11月18日

安西水丸さんの壁紙が登場!

プロジェクト裏話

村上春樹氏のカバーレターなどでお馴染みの、イラストレーターの安西水丸さんにお会いしてきました。「Think the Earth」をテーマに壁紙を作ってもらったのです。

安西さんのThink the Earthとは!?
いったい、どんなイラストになったのでしょうか?

実はこれ、Yahoo! JAPANのアースプロジェクトでThink the Earthプロジェクトが協力してるコンテンツの一環として作成をお願いしたモノなのです。

Yahoo! IDを持っている人が、地球人宣言をすると、壁紙がプレゼントされます。
使えば使うほど、ほんわか〜とした気分になってきます。癒されます!地球人のブログも素敵ですよ〜

地球人宣言のページはこちらから

20081118.jpg

(佐々木拓史)

この記事へのリンク

2008年11月18日

『1秒の世界2』もうすぐ入稿!

プロジェクト裏話

『1秒の世界2』の編集が佳境に入っていて、もうすぐ入稿。寝られない日々が続いています(涙)。デザインは前作とおなじく平井あおいさん。前作とほぼ同じ装丁で、新しく選んだ60項目の数字と黄色いイラストが並びます。今回、前回に増してイラストがいいです! 内容もちょっとだけ紹介すると、1秒間に6万5,000円稼いでいる人がいる! とか、1秒間に89メートルも飛ぶ動物がいる! とか、あるモノが1秒間に13キローメートル分も生産されている! とか……???
『1秒の世界』は2003年に出版しましたが、それから5年たった今、世界の軍事費は2倍近くになったり、二酸化炭素の排出量は増え続けていたり、太陽電池パネルの出荷が激増していたりと、世界は良くも悪くも変化を続けています。そんな話もちょっと盛り込みました。山本教授の禅談義(?)も健在です。
順調に制作が進めば、発行は12月11日頃の予定(ホント?)。エコプロダクツ2008に間に合わせたいと思って作っており、会場の書店やTBSのブースなどでも手に取れると思いますので、どうぞお楽しみに(もちろん、全国の書店でも)。また、テレビ番組「1秒の世界IV」も制作が進んでいます。こちらは2009年1月10日(土)にオンエア予定。こちらもぜひ。

1sec-cover.jpg

検討中の表紙カバーのデザインです。

(上田壮一)

この記事へのリンク

2008年11月14日

「Think the Earth PAPER Vol.3」 ただいま制作中

プロジェクト裏話

Think the Earthプロジェクトは、現在フリーペーパー「Think the Earth PAPER」の第3号を作成中です。今回のテーマは「世界が変わる日」。地球環境問題や社会問題にさまざまな視点で取り組む各ジャンルの約50名から「世界が変わる日/変わった日」をメッセージとしてお寄せいただき、掲載します。

環境や金融・経済、政治など、さまざまな側面が不安定で、時代の大きな転換期を迎えている予感がする今、多彩な人々の「世界が変わる日/変わった日」を集めることで、その動きを伝え、ひとりでも多くの人がThink the Earthするきっかけをつくりたい。そんな想いでただいま鋭意制作中です。
発行は12月中旬予定。みなさんにお届けするのが今から楽しみです。

なお、Think the Earth PAPERの配布場所は、各地のアウトドアショップやフェアトレードショップ、オーガニックカフェなどを予定しています。ただいま、新たに配布してくださるカフェ、映画館、イベントスペースなどを全国で募集中!興味のある方はtte-office@ThinktheEarth.net(担当:横山)までご連絡ください。

(事務局:横山ゆりか)

この記事へのリンク

2008年11月14日

大の紅茶好きへ、プレゼント。

おすすめ info

teapot04.jpg 今年のクリスマスプレゼントをひとつ見つけました。紅茶の国に住む両親に「ティーポットボトル」を贈ろうと思います。イギリス人はそんなに紅茶を飲むの?と聞かれたことがありますが、本当にみんなお茶が好きです。朝と午後のお茶は、絶対と言っていいほど飲んでいます。大学生になったらコーヒーを飲むかなぁと思っていたら、ほとんどの学生が紅茶派でした。学校の先生も大工さんも店員さんも警察官も、紅茶片手に一休み。散歩やドライブにでかけたとき、外出先で素敵なティーハウスでスコーンと紅茶をいただくこともあるけれど、車やリュックの中に水筒とティーバッグを入れ、休憩場所で飲んでいる姿をよく見かけます。

 でも...ティーバッグと、茶葉でいれる紅茶では味が全然違うのです...できれば茶葉のお茶を飲みたい...そんな本気のお茶好きの気持ちに、このティーポットボトルは応えてくれると思うのです。もちろん、沸き立てのお湯にはかないませんが、荒野でさまよって午後のお茶を逃すなんて、イギリス人にはあるまじきことももう起こらないでしょう!私も、自分へのプレゼントとして検討中です。

Think the Earth SHOP Teapot Bottleの詳細は、こちらから

朝香バースリー

この記事へのリンク

2008年11月10日

Water Planet 2008 報告会を行いました!

プロジェクト裏話

あっという間に秋深まりましたね。
こちら東京・代官山もいよいよ木々が色鮮やかな紅葉をみせています。

実は・・・先月末にようやく開催しました! Water Planet 2008報告会。

20081028_01.jpg

4年間続けているこのプロジェクトも、今回のような報告会は初めての試み。不慣れな点が多く、色んなことが勉強になりましが、まずは無事に今年の活動を締めくくることができ、何はともあれホッとひと安心しました。

当日は給水オアシスに参加いただいた店舗の方々や協賛協力企業・団体の皆さん、Water Planet 2008に関する制作物や各種イベント、広報にご協力いただいた多くの方々が集まってくださり、とても賑やかで楽しいパーティーになりました。皆さんお忙しい中、本当にありがとうございました!

20081028_02.jpg
※アフガニスタンでの支援内容を語るピースウィンズ・ジャパン児島さん(手前右)

報告会の主なプログラムは3つでした。
1)業種業態の垣根をひらりと越えてThink the Earthする会話を楽しむ歓談タイム
2)Water Planet 2008全体の活動報告タイム
3)各種アクションやイベントに関わった方々からのコメントと自己紹介タイム


20081028_03.jpg
※イベント開始当時からお世話になっている方、スター商事の佐々木さん(中央)

皆さん、歓談の時間から本当に真剣な眼差しで話を聞かれたり、初対面でもお互いに積極的に質問をし合ったり。ワクワクするような話題とフロアの熱気に、Think the Earthのスタッフもすごく刺激を受けていました!これからも、プロジェクトに関わった方々が気軽に集えるような、自由な意見交換の場をうまく見つけてゆけたらいいな、と思いました。

まだまだ課題の多いプロジェクトですが、今後も色んな場面で『水をえらぶくらし』をテーマに、精力的に取り組んでゆきたいと思っています。


☆とっても素敵な会場はこちら→ bar & lounge "greenz"
ここは東京で暮らすグリーンなアクティビストのための溜まり場です。報告会に集まった方も口々に「すごくいい場所を知った!」と大喜び。皆さんもぜひ足を運ばれてみてはいかがですか〜

風間 美穂

この記事へのリンク

2008年11月05日

文化の秋☆週末イベントレポート

地球日記

先週末今関東でやっている色々なイベントに行ってきました。

まず土曜日にTokyo Designer's Week 2008。
次に日曜日は湘南キャンドル。
連休最後の月曜日はD&フリーマーケット。

Tokyo Designer's Week 2008

20081105_1.jpg

今回見に行くのが2回目になるTokyo Designer's Week。
去年に比べて休憩する場所が増え、その代わり出展ブースが少なくなっているように感じました。
けど、ボリューム的にはちょうどよく、疲れることなく全体を見ることができました。

出展されているものの内容として、コンセプト面でこれでいいの?と思うようなデザインもたくさんある中、興味のあるブースを発見。

WOODPRO(ウッドプロ)という会社の【AHIBA】という商品。
建設現場で使用された足場板をリユースし、CAFEの床に使用したり棚を作ったり。
使い込まれた木だからこその暖かみを感じる商品で、古いもの好きの私にはとっても魅力的でした。

WOODPRO杉足場板専門店


湘南キャンドル

キャンドルナイトに参加するのも2回目。
初めてのキャンドルナイトは横浜の赤レンガ倉庫のクリスマスのイベント。
今回もまた神奈川県で、江ノ島に行ってきました。

展望台手前まで行くとカラーの筒に入ったキャンドルがとてもきれいに輝いていました。

20081105_2.jpg

ライブもやっていて、私達が行った時はLauLa(ラウラ)という二人組のアーティストがギターとウクレレを演奏しながら歌っていてとても心地良かったです。
残念だったのが、せっかくのキャンドルナイトだったのに、ライトがサンサンと照らされていたこと。
次回のイベントに期待したいと思います。


D&フリーマーケット

ロングライフデザインでおなじみのD&DEPARTMENT。
フリーマーケットを開催中ということでのぞきに行きました。

なんと、そこにはナガオカケンメイさんもいて、自らレジにたっていました。
そこを横目に店内の商品を見ていたら、私好みの本を発見。
とても分厚くかなりボリュームのある本です。
5Kgはあろう本を買うか買わないか・・・。
少し考えた結果、もう二度と出会えないかもしれないと思い、衝動買いしてしまいました。

ナガオカケンメイさんも本の重さにレジにて失笑。
その後、カフェの方でお茶をして重い本を抱えて帰りました。


先週末はデザイン盛り込んだ私なりのThink the Earthな週末を過ごしました。

(曽我直子)

この記事へのリンク

2008年11月04日

「Farmer's Market @ GYRE」に行ってきた

地球日記

推進スタッフのヤマさんに教えてもらった「セガレ」という、農家の倅ユニット。気になって色々見ていたら、こんなイベント情報にたどり着きました。

「Farmer's Market @ GYRE」
http://www.tokyodesignflow.com/event/fm.html

11月1日(土)〜2日(日)、表参道で農のイベントをやるとのこと。
都心でも生産者の人たちから直接農産物を買えるイベントは増えてきたように思います。でもあのお洒落タウン・表参道ってところが気になる・・・というわけで、晴れた日の昼下がり(というか寝坊して夕方近く)、自転車をシャーっとこいで行って参りました、若者の街へ。

近づいていくと、ゆるやかな音と歌声が。ブルガリのお店の真ん前に小さなライブステージがあり、その横ではスタッフの方々が行き交う人たちを賑やかに呼び込んでいました。


(※暗くてすみません。何せ寝坊・・・)


建物のB1階に入ると、そこではマーケット開催中。農に関わる人たちが共同でお店を出していました。生産者さんやその関係者の方々が、一つ一つの野菜や果物やお花について説明してくれます。ディスプレイ可愛いです。

今回はセガレさんのブースから、土田農園さんの大きくて美味しい梨を購入しました。ありがとうございます!

この梨が本当に大きかったので、この大きさを皆さまに伝えるべく、比較のためにMacのマウスと一緒に撮影してみました。

えーっと、わかりづらいですね。いや、ほんとに大きかったんです。


生産者さんと直接コミュニケーションをとりながら日々の食べ物を買える場所が、街の中に溶け込んでるってすごく良いなあと思いました。普段は食や農にそれほど興味がない人も、雰囲気を楽しみながら自然と興味を持ってくれるような、きっかけの場になるのかもしれません。

環境や社会を考えるきっかけ作りをしているThink the Earthプロジェクトとも、ちょっとつながる部分があるなあと、刺激を頂きました。

Farmer's Marketはこれからマンスリーイベントになるとのこと。これからがとても楽しみです。

(横山ゆりか)

この記事へのリンク

1