2009年01月28日

チョコレートを選ぼう!

おすすめ info

上司や同僚に「義理チョコ」、女友達に「友チョコ」、
自分へのご褒美に「マイチョコ」...

2月14日のバレンタインデーに女性がチョコレートを贈るのは日本独自の現象で、最近では義務的になりつつあるこの"国民的イベント"に、不快感を抱くひとも少なくないと聞きますが、世界中からってきたチョコレートが街に溢れるこの時期は、贈る相手が思い浮かばなくても(涙)ひとつくらいは買おうかな...なんて気持ちになってしまいます。

有名ショコラティエの新作も捨てがたいのですが、
私が今年試してみたいのはこの2社のもの:

【チョコレートデザイン株式会社】

「チョコレートで世界を幸せにする」をモットーにチョコレートを製造・販売。
これまで廃棄してきた割れや欠けのある商品をオークション形式で販売し、原料であるカカオの農園で働き、満足に学校に通えないアフリカの子どもたちのために、落札金額の90%を学校建設プロジェクト資金として積み立てている。
http://www.chocolatedesign.co.jp/index.html


【ピープルツリー】

"誰がどこで作ったか分かる"材料を使い、スイスの工場で時間をかけてチョコレートを製造。サイトでは、チョコレートビジネスに関する"苦い話"についても学べます。
http://www.peopletree.co.jp/choco/index.html


チョコレートの選び方について、もっと知りたい!
という方にお勧めなのがこのサイト:

【チョコレボ〜チョコを選べば、世界が変わる】

http://www.choco-revo.net/index.php


チョコの選び方のような、お金の使い方という小さなアクションが、
社会に大きな変化をもたらすきっかけとなる。
ご紹介したような"こだわり"のあるチョコレートには、
そんなことについて学べる私たちThink the Earthプロジェクトの本を添えて贈りた
いと思います。

【世界を変えるお金の使い方】
http://www.thinktheearth.net/jp/money/index.html

(推進スタッフ:中島愛子)

この記事へのリンク

« 唯一無二のアートなバッグ by『SPUR』3月号 | メイン | 商品会議 »