2009年03月27日

まっくらエンターテイメント ─ ダイアログ・イン・ザ・ダーク

地球日記

このあいだ、
暗闇ワークショップ「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
を体験してきました。


SN3F0049.jpg


これは、1時間以上を完全な闇の中で過ごすというもの。
その場で出会う8人と一緒に、
視覚以外の感覚を使っていろいろな体験をします。
アテンドは視覚障害を持つ人。


さすがに未知の領域。
始まる直前は、人にぶつかったら悪いなあとか
若干ゆううつでした。

しかし、いざ闇に分け入ると
アテンドの人のファシリテーションも素晴らしく
すぐにうまくチームワークで動けるように。

暗闇のコミュニケーション自体が異様に楽しくなり、
たぶん、みんな普段の2倍増しくらいで感情を表現し
ゲラゲラ笑いながら先へと進んでいったのでした。


色んな場所に行ったあと、
最後、テーブルを囲んでのんびり話していた時は
暗闇の中にいることが心地よくなってしまい
光の世界に戻るのが寂しかった。


とにかく濃密なコミュニケーション。
そして、視覚がなくても世界はこんなに豊かなんだ、
と感じられたこと。

人は、今持っているものを失うことに
強く恐怖を感じてしまうけれど、
その恐怖は、実のところ漠然としたもので
特に根拠がないことも多い。

そんなことも思いました。


あと、聴覚・触覚・嗅覚・味覚に頼る体験は、
そういえば子どもの頃の感覚に似ているかも、と思ったり。
小さいころは色んな感覚を、もっと豊かに使っていた気がする。

今度キャンプとかで森の中に行くことがあったら
夜、しばらく目をつぶって
土や木の感触を楽しんでみたいと思いました。


→ ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/

4月末まで開催しているようです。
チケット残りわずか。予約はお早めにっ。


(横山ゆりか)

この記事へのリンク

2009年03月25日

渋谷の隠れグリーンスポット

おすすめ info

Think the Earthプロジェクトのオフィスに近いの渋谷の街で、ちょっとした緑に囲まれたスポットを発見しちゃいました。

場所は、パルコや東急ハンズ渋谷店のすぐ近く。

えっ?こんな街中で?と思える場所です。
20090325.jpg

写真をよくみてみると、フェンスの周りにはビルの窓が。

実はここ、シブヤ大学さんに伺ったときに、案内していただいたオフィスの屋上なんです。屋上にこんな気持ちがいい場所があるっていいですよね!メダカまでいました。

ひとつだけ残念なのは、ここは渋谷区役所神南分庁舎の屋上なので、土日にはしまってしまうんです。平日通りかかった方は、上ってみることオススメしますよ!

(山口倫之)

この記事へのリンク

2009年03月25日

山は冬でした

地球日記

暖かいですね。
サクラも開花し、いよいよ春本番となりそうです。

そんな中、木曽御嶽に行ってきました。今年は雪が少ないのですが、3000m峰にはさすがに雪があり、さすがに冬でした。

ontake01.jpg

3,067の山頂まで登って、そこからドロップイン!

ontake02.jpg

斜面はカリカリでしたが、最高に楽しかったです。

ontake03.jpg

ontake04.jpg


(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2009年03月23日

閉電一個小時

地球日記

先日、中国の上海の街中を歩いていると気になるバスが通り過ぎました。
上海ではバス広告がかなり盛んで、ほとんどのバスが商品紹介やイベント告知などのラッピング広告が施されています。

バス広告には、"3.28 閉電一個小時(中国語で1時間電気を消す、という意味です)"と、地球を想起させるロゴと共に大きく書かれてありました。

(ロゴはこれでした↓)
earthhour.jpg


すぐにバスが過ぎ去ってしまったので細かい内容まで読み取れませんでしたが、
一企業の広告とも思えず、バス広告を使って政府が省エネ告知はしないだろうなぁ、などと思いながら何だか気になり、家に戻って検索をしてみると、ヒット!
これがWWFによる『Earth Hour(アースアワー)』というイベントである事がわかりました。
http://www.earthhour.org/home/

07年にシドニーで始まったこのイベントは今年で3年目。
3月28日の夜8時30分から1時間電気を消し、省エネルギーと温暖化防止のためにアクションする、というものだそうです。
08年は、270都市、5,000万人が参加したとかかれてありました。
中国は今年が初参加となり、北京・上海・香港が参加するようです。

さらにWWF中国のウェブページを見てみると、上海のランドマークでもある東方明球(外灘エリアにあるテレビ塔)や新しい観光名所となった上海環球金融中心(森ビルによる中国一高い101階建のビル)、上海の中心地にあたる人民広場のデパート、高級ショッピング街・新天地のビル、その他一般のマンションなどでも実施するそうです。
http://www.wwfchina.org/english/loca.php?loca=588

テレビ塔や環球金融中心は上海の夜景スポットの代表的なビルなので、この1時間の消灯はなかなかすごいことだと思います。
http://www.swfc-shanghai.com/#/about
(環球金融中心のHPをみると、外灘の夜景のイメージが分かると思います。手前の円形建築がテレビ塔です)

本当に消灯されたかどうか、確認できたらまたご報告します!

ちなみに、日本では杉並区が参加しているようです。
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/news.asp?news=8329

(上海在住推進スタッフ:猪飼麻由美)

この記事へのリンク

2009年03月17日

ミャンマー見聞録

地球日記

先月、仕事でミャンマーへ行ってきました。
ふだんあまり情報が入ってこないこの国について
みてきた景色を少しずつご紹介しようと思います。

こちらは、南部イラワジデルタのピアポンという街にて
ホテルの4階から撮影した風景です。

ところどころ円形のアンテナがあるが見えますでしょうか。
(見づらいですが・・・)
ガイドさんが言うには、国営放送は2チャンネル。
ところが大型パラボラアンテナで、
200チャンネル以上、海外の番組が視聴可能だそうです。

ヤンゴンの共同住宅にもにょきにょきとアンテナが立っていました。

サイトイメージ

ちなみにピアポンのホテルには、
アブリル・ラヴィーニの巨大なポスターが。
修学旅行とおぼしき若者グループが、
ミャンマーポップス(?)を口ずさみながら
ホテルの廊下を闊歩していました。

いま、ミャンマーで流行っているのは韓国ドラマだそうです。
なんでも二つの国は家族模様が、とても似ているらしい。

もちろん、地方では全く事情が異なるようですので
あしからず・・・

以上、ミャンマーのプチ・テレビ、娯楽事情でした。


(鳥谷美幸)

この記事へのリンク

2009年03月12日

満月

地球日記

昨日は満月でしたね。

訳あって、写真を撮らねばならず、夜中2時頃に家の前で怪しい人となりました。
一眼レフで「パシャシャシャシャシャシャ」と超連射。
結構音が大きくてびくびくしました。

それにしても、満月って明るいんだなあ~
と、すごく力を感じた気がします。

明るすぎて、兎さんが写らないんですよ。
なのでマニュアルにして、かなりシャッタースピードを上げて撮りました。
うまく撮れたかなあ~?


moon.jpg

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2009年03月10日

Think the Earthなネットワーキング記録

地球日記

こんにちは。
先週の話になってしまいましたが、
greenz.jpMERRY PROJECTのみなさんと一緒にランチしてきました。
現状や今後の予定、ビジョンなど、色々と情報交換。

場所はオフィスのすぐ近くにある
イートトウキョウ」というマルチなスペース。
野菜モリモリなメニューを、シェフがこしらえてくれました。

イートトウキョウ

お腹いっぱい、旬を食べました。


その後、夜には「サステコ」という環境系のフリーマガジンを
作っている学生のみなさんのミーティングにお邪魔してきました。
「サステコ」はちょっとしたエコネタがたくさん詰まっていて、
気軽に読める内容です。表紙も可愛い。

サステコ


すでに7号まで発行しているという継続力がほんとすごいです。

私たちとしても若い世代とのネットワークづくりは重要な課題なので、
色んな分野の組織や人をつなぐ雑誌として活躍してもらえたら
ほんとに嬉しいなあと、勝手に期待しつつ応援しています!

greenz.jp
MERRY PROJECT
イートトウキョウ

サステコ

(横山ゆりか)

この記事へのリンク

2009年03月09日

エシカルを着る!?

地球日記

去る3月5日(木)、青山の環境パートナーシッププラザで、こんなイベントがありました。
↓↓↓
エシカルを着る
〜衣から考える新しいサステナブルコンセプト〜
http://www.geic.or.jp/geic/partnership/csr/entaku/090305.html

「エシカル (ethical)」は英語で、倫理的な、道徳上の などの意味があり、社会道徳や環境に配慮した活動の頭に「エシカル」をつけて
○エシカル・コンシューマー
○エシカル・カンパニー
○エシカル・マーケティング
○エシカル・デザイン
○エシカル・ファッション
などと呼ばれています。

■エシカルとは(nikkei BP net 時代を読む新語辞典より)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/abc/newword/080304_40th/

イギリスでは、既に1987年からThe Ethical Consumer Research Associationという団体が存在するようですが、日本ではここ数年で使われるようになった言葉なのかなと思います。


・・・で、「エシカルを着る」ですから、その日はファッション、衣料業界の「エシカル」とは? というお話でした。たくさん、お伝えしたい話を聞いたのですが、書ききれないので、印象に残った2つのお話をご紹介します。

○"エシカルを着る"ために超えなければならないハードル
児童労働や農薬使用、環境に関する意識は高まってきているけれど、食べものなどと違って着るものはデザインが優先されるので、"エシカル"が大事と頭でわかっていても、自分の気に入ったデザイン、ブランドの服を選んでしまう。(身に覚えが・・・)

→でも!既にいくつかのブランドが、エシカルな服を作り始めているのです!
Victoria ChristmasNORIKO FUKUSHIMAISETAN MEN'SSOSUTAISHI NOBUKUNIPeople Tree、etc...


○コットンは天然素材だから身体に良いってほんと?
機械化された綿花農場では、収穫前に落葉剤をまいて葉っぱを枯らしてから、実(コットン)だけ刈り取っている。こうした農場の90%は、落葉剤で綿そのものが枯れないよう、遺伝子組み換えをした品種の綿を使っている。

落葉剤を使ったあとの綿花畑の写真。白い綿部分以外はすべて枯れています。
一般の農場.jpg

オーガニック農場の綿花畑。収穫時期でも葉っぱが生い茂っています。
オーガニック農場.jpg
(写真は2点とも:株式会社アバンティ提供)

そうそう!とても貴重なお話をしてくださったのは、オーガニックコットンを扱っている、アバンティ・代表取締役の渡邊智恵子さんと、児童労働を考えるNGO"ACE"の事務局長の白木朋子さん。
それぞれのHPからも、エシカルを着るヒントが見つかりますよ。

===
■会議の後の偶然。本屋さんでこのテーマにぴったりの本に出会いました。
『放浪のデニム』
(レイチェル・ルイーズ・スナイダー 著/矢羽野薫 訳/発行 エクスナレッジ)


■Think the Earth SHOPでも、オーガニックコットンのTシャツ販売中です。
http://www.thinktheearth.net/jp/shop/


IMGP1187.JPG
当日の会場の様子
定員40人のところ、120人が参加したということからも、このテーマを扱ったイベントの機会がまだまだ少なく、かつ関心が高まってきていることを感じます。

(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2009年03月05日

スマイル・エコ・プログラム

地球日記

3月中旬に自宅の引っ越しを控えて、我が家は今、カオスと化しております。
引っ越し自体はもうかなり前から決まっていたというのに、追い込まれないと手を付けないこの性格、どうにかならないものでしょうか。

4年と少し暮らした現在の住まいは、その間に子どもが産まれたこともあり、「この狭いスペースによくもこんなに...」と思うほどの荷物で溢れています。中でも大きなスペースを占めているのが、書籍類。
私は、活字中毒と言っても過言ではないほど本を読むので、ものすごい量の本があるのですが、もはや本棚には入りきらず、そこからはみ出した本がどんどんと積まれていくので、夫などはいつの日か床が抜けるに違いないと本気で怯える有様です。

引っ越しを機に、少しはどうにかせねば!と決意したものの、本を捨てるのは嫌だなぁと思い、思い出したのが以前にお仕事をご一緒させていただいたネットオフさんが運営する「eBook off」のスマイル・エコ・プログラム。古書の買い取りサービスなのですが、通常の古書店と違うのは、買い取り価格をそのまま寄付できること。電話1本で宅配便が集荷に来てくれるので、お手軽簡単です。


サイトイメージ


というわけで、今週の日曜日に、集荷の依頼をしてみました。それまでに、もう読まない本を選別して、段ボールに詰めておかねば!

(平田 麻子)

この記事へのリンク

2009年03月01日

『たべものがたり』発刊間近!

プロジェクト裏話

ビジュアルエコブックシリーズの3作目、『たべものがたり』が3月5日に発行になります。今回のテーマは「食と環境問題」。食料自給率が40%の日本は、資源の枯渇や気候変動などの影響は何よりも食料問題に直結します。この本を作りながら、私自身、この問題に強い関心を持つようになりました。とはいえ、難しい切り口はなるべく避け、大人から子どもまで、幅広い年齢層を対象に、想像力や好奇心を育む本として編集しています。みなさんの心に届くと良いのですが!

→未来図書室の記事

tabemono.jpg
制作途中のゲラ。今回もたくさんのイラストレーター、写真家に参加いただきました。表紙の絵は田淵周平さんが描いた「食べものの精」たち。「フードマイレージ」のページは、マルタントンというクレイアニメ・クリエイターに作っていただきました。2/27のブログでも取り上げられた「地球の食卓」のピーター・メンツェル氏の写真も未公開作2点を含む10点収録しています。

ところで、最近、個人的に「芽キャベツのみそ汁」にハマってます。ポイントは芽キャベツを半分に切ること。
葉と葉の隙間に汁が染みこみ、一噛みするとサクっ、ジュワっと口に拡がる感じがすごく美味い。小さな幸せに浸れます。旬が終わってしまう前に、ぜひお試しあれ。

miso-brassica.jpg


(上田壮一)

この記事へのリンク

1