2010年01月29日

ロスコーな夕方

地球日記

100129_staffblog1.jpg

オフィスの机に座っていると、左手の窓から夕焼け空が見えます。気がついたら夜になっていることもあるにはあるのですが、たいがいは、ちらりと太陽におやすみなさいを言っています。

小さなカメラではうまくとらえられなかったけれど、今日は、マーク・ロスコーの絵のよう。きれいねぇ、と空をみんなで見る時間は、私にとってはちょっとした幸せだったりします。言葉の要らない時間。そういえば、インドでもハワイでも、夕日の頃には、家やお店から人が出てきてみんなで見ていたなぁ。

100129_staffblog.jpg

夕日を見ている人(多分) 発見。

(朝香バースリー)

この記事へのリンク

« 1月31日は、「愛妻の日」 | メイン | 「地球」のその後 »