2010年03月10日

自炊生活

地球日記

外食つづきだった僕ですが、

Think the Earthの第一歩として自炊生活をはじめました!

が悲しいことになぜか昨日からお腹が痛い...。慣れなくてからだが驚いているのでしょうか...!?

2010_0308.jpg

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2010年03月07日

星空と巨木

地球日記プロジェクト裏話

ニュージーランドに行ってきました。
訪れたのは、クライストチャーチから車で1時間30分ほど南に走ったところにあるテカポという町。美しい湖の湖畔にある、人口300人ほどの小さな町です。ここは世界的に星空が美しいことでも知られています。

このテカポに、数年前に開発の話が持ち上がりました。その時、美しい星空を失ってしまうのではないかと心配した日本人の星空ガイド、小澤英之さんが出したアイディアは「星空」がある街を世界遺産に登録できないかというものでした。そのアイディアが、本格的にユネスコで検討されることになったのです。

自然を守ることと開発と、どう両立させるのか。
「星空の世界遺産」の実現に向けて、推進する人、反対する人、慎重な人・・いろいろな立場の人に会ってきました。発案者の小澤さん自身も揺れています。取材の詳細は、3月末に江口絵里さんによる「地球リポート」として掲載予定です。

夜、テカポで見た星空は忘れることができません。天の川に明るく輝く南十字星や、さかさまのオリオン座など、夏の南半球の美しい星空に、もともと星が好きな僕は、夢中になってしまいました。こんな街に住みたい!と思うほど:-)

nz-tekapo.jpg
湖畔にある小さな教会「良き羊飼いの教会」に沈む天の川と南十字星。どれが南十字かわかりますか?


旅の後半は、北島の最北端にあるワイポウアという原生林の森へ。ニュージーランドは白人の入植以来、96%の原生林が失われ、牧草地に変えられてしまいました。ワイポウアはわずかに残された貴重な原生林のひとつ。ここで、カウリ(ナンヨウスギの一種)の巨木を多く見ることができます。

マオリ族の人たちにとっては、カウリの木は神様です。
この森で最大の巨木「タネ・マフタ」は「森の神」という名です。
タネ・マフタは父なる空ランギヌイと母なる大地パパトゥアヌクの6人息子のひとりでした。かつて空と大地はあまりに愛しあいすぎて、抱き合ったまま離れることがありませんでした。生まれた子どもたちは、父母の間に挟まれて外に出ることができません。そこでタネ・マフタが父親(空)を蹴り上げて突き離し、その幹で支え、ようやく世界に空と大地が生まれた、という神話が残っています。この木は、人間が神話を作った時代から巨木としてそびえ立っていたんですね。

樹齢数千年のカウリの巨木の前に立つと、なんというのだろう、心を差し出したくなるような畏敬の念に包まれます。星空にしても、巨木にしても、自分たちのちっぽけさを感じさせる存在が身近にあることで、私たちはようやく謙虚な気持ちになれるのかもしれません。

nz-kauri.jpg
ワイポウア最大のカウリ「タネ・マフタ」。幹まわりは13.8メートル、高さは51メートル。樹齢は2000年くらいといわれています。昨年、屋久島の縄文杉と「姉妹木」になりました。写真ではなかなか大きさは伝わらないのですが、人の大きさと比べてみてください。

この巨木の森は、もしかしてもしかすると映像で?お見せできるかもしれません。具体的になったらここでまた報告します。

本来、星空も巨木も、私たちのすぐそばにあってしかるべきものです。私たちの世界観を支えている、意識の基盤のようなものです。それがわざわざ遠くまで行かないと見ることができない貴重なものになってしまった・・・
マオリのガイドの方が「森を奪ったのは人間だ。けれども、残された森を守ることができるのも人間だ」と力強い声で歌ってくれました。人間は希望を託される存在でなければならないですね。

(上田壮一)

この記事へのリンク

2010年03月03日

Japan Passion 2020に参加してきました

地球日記

みなさま、こんにちは。
ご挨拶がおくれてしまいましたが、今年の2月からThink the Earthでインターンをさせていただいています、柚原薫子と申します。これから、スタッフブログをたまに書かせていただくかと思います(あとメールニュースも)。いつも読んでいただいているみなさま、どうぞこれから、よろしくお願いいたします。


さてさて

報告がおそくなってしまいましたが、先月の23日に、日本経済新聞社クロスメディア営業局主催で行われた、Think the Earthも協力したシンポジウム、Japan Passion 2020にわたしもブースのお手伝いとして、いってきました。

会場の中は、始まる前にもう満員。もうすでに多くの人が、これからのNPO、ソーシャルビジネスの重要性を感じているのだと実感しました。

それでは、プログラム時系列に、ちょっとレポートを書いてみます。

まずは、株式会社IMA代表取締役であり、Think the Earthプロジェクトの理事長でもある、水野誠一さんの宣言からスタート。
水野さんのお話によると、なんと、アメリカでは2人に1人、約9000万人の人がNPOと関わりを持ち、無給で活動をしているとのこと。この活動は、もちろんGDPには含まれない経済活動。こういう数字には表れていないところで、経済を支えている部分が大きいんだなぁと実感。なので、これからの日本には、政府、企業に加え、第3の経済セクターとしてのNPOの存在が重要になってくる、と。そのために必要なのが「3感」:実感、共感、そして交感。ひとりひとりがパッションを共有すること=コモンパッションをつくっていくことで、「競」から「共・協」への転換をしていこう、というメッセージでした。

続いて、慶應義塾大学 政策・メディア研究科の金子郁容教授から、「ソーシャルベンチャーがなぜ求められるのか」というテーマで、基調講演をしていただきました。
経済生産性から社会生産性へ。
本人次第だと思っていることでも、意外と周りの人から影響をもらっているんだよ、という人とのつながりの大切さ、影響力の大きさを、肥満の統計や医療のケーススタディをからめてお話しされていて、良いソーシャルベンチャーには良いコミュニティができること、そしてそういった良いつながりが、問題解決につながること。社会生産性を高めるためには、経済メカニズムに加えて、人々の共感やパッションを共振させることだと、強く語っていただきました。

印象的な言葉だったのは、
Social Entrepreneurshipの父といわれるビル・ドレイトンが本に書いた「社会起業家というのは、魚をとってあげるのではなく、取り方を教えてあげるでもなく、漁業自体を変革させてしまおうと考える人である。」という言葉。
これは、根本的には 社会企業家を日本に増やそう!という呼びかけだと思いますが、わたしは、みんながみんなそういった考え方をしなくても、魚をとってあげる人も、取り方を教えてあげる人も、今の世の中にはまだまだ必要なんじゃないかと思いますし、まずは魚がとれなくて困っている人に対して関心を持つことが大切なのかな、と思います(それはもちろん非営利の方からの考え方だけれど)。

それはThink the Earthがコンセプトとして掲げている、「無関心とあきらめの心こそが最大の課題である」ことに繋がってくるし、後で出てくるパネラーの一人がおっしゃっていた、「他人事を"自分ごと"に意識転換させること」の重要性にも繋がってくることであると感じました。

ただ、これからは、社会も良くなり、かつ経済も発展するという、ビジネスとしての仕組みを考えていく人の存在が重要視されてくる、というのは強く実感するところでもあります。


そしてお次は、パネルディスカッション。
最初に開会宣言をされた水野さんが司会を務め、株式会社マイファーム代表の西辻一真さん、(特非)NPO事業サポートセンター専務理事の池本修悟さん、(特非)創造支援工房フェイス副代表理事の松澤巧さんに、お話をきいていきました。
全部を紹介するととてもとても長くなってしまうので割愛してしまいますが、どのお話も、聞いていてとても心が熱くなりました。

最後に、今回ブースを出していた6つのNPO、ソーシャルベンチャーの紹介の時間をとり、代表者の方が、団体の紹介をするプレゼンテーションを行いました。今回の参加団体は以下の6つ。

Earth Literacy Program http://www.elp.or.jp/
KATARIBA http://www.katariba.net/
green bird http://www.greenbird.jp/
Think the Earthプロジェクト
チャイルドライン http://www.childline.or.jp/
BADO! http://www.bado.tv/

それぞれ、人のため、街のため、社会のため、地球のためを想った、すてきな活動をしている団体だと感じました。詳しくはリンク先の、URLを見てみてください。

Think the Earthプロジェクトからは、プロデューサーの上田が事業内容の紹介をしました。

20100303.jpg

私自身、Think the Earthプロジェクトが、地球時計wn-2をつくることからはじまったことなど団体の生い立ちを知らず、また上田さんのプレゼンの上手さにびっくりしながら、聞き入っていました。勉強になります。

後ろのブースでは、みなさん、地球時計にすごく興味を持ってくださいました。パンフレットも、地球時計のものだけすぐ無くなってしまったほど。でも、『みずものがたり』や『えこよみ』など、書籍をぱらぱら見ていってくださる人もたくさんいました。


今回のシンポジウムで一番印象に残ったのは、人は、人とのつながりがすべてなんだなぁ ということでした。「共」という漢字は、人と人との間の空間に存在するものであり、自分で生み出せるものじゃない。
アイデアも同じで、アイデアは、自分から生まれるのではなく、自分と何かの間で生まれるものなんだと思っています。パッションも、自分の中でくすぶらせないで、誰かと共有すること。
大切なことはすべて、内部ではなくその外側の、空間や余白にあるのかもしれないと、感じた日でした。

(柚原薫子)

この記事へのリンク

2010年03月02日

美味しいお土産

地球日記

今日はフタッフ Iさんより大きなイチゴをいただきました!

RIMG0012_01.jpg

これだけでは、大きさがわからないので携帯と比べてみました。

RIMG0013_01.jpg

何だかイチゴが携帯に

『負けないぞー!』

と言わんばかりに差し迫ってる様にみえます。

このイチゴは千葉県の伊藤農園さんからいただいたものだそうで、
お土産でオフィスに持ってくれました。
早速みんなでいただいのですが、とっても甘くてまろやか!
私の印象としては杏仁豆腐を食べているように感じました。

残念ながら市場には出回っていないそうです。。。

去年の夏にも伊藤農園さんで作ったトウモロコシをいただき、
こちらも美味しくいただきました。
その時のトウモロコシはこちらのブログで紹介しています。

スタッフ Iさんいつも美味しいお土産ありがとうございます!!

(曽我直子)

この記事へのリンク

< 前のページへ 12