2010年05月31日

ボルネオからの報告(1) ー スマート・パートナーシップ

地球日記

マレーシア・サバ州野生生物局の活動全般を撮影する目的で、再びボルネオに行ってきました。2週間という短期間に盛りだくさんの取材内容だったのですが、今日はその中から、SIMCAというプロジェクトをご紹介します。

borneo-1.jpg

サンダカンからスピードボートで90分ほど行ったところに浮かぶ小さな島、ランカヤン島。この島はいわゆる「ワンアイランド、ワンリゾート」のスタイルのダイビングリゾートです。青い海と小さなジャングル、そして居心地がいいコテージ。スタッフもよく教育されていて、気持ちいいホスピタリティで迎えてくれます。お客さんの7割はヨーロッパ人だそうで、日本人にはまだあまり知られていないようです。

これまたほとんど知られていないのですが、ここはサバ州野生生物局が「スマートパートナーシップ」と呼んでいる、自然保護のユニークなスキームの事例でもあるのです。

flowerandsea.jpg

ランカヤン島周辺は、世界的にも海洋生物の多様性が高いエリアに属している豊かな海です。
しかし、80年代は海賊がはびこり、90年代にマレーシア海軍が掃討作戦を展開するまでは無法海域でした。海賊はいなくなったものの、ダイナマイトを使った違法漁業やトロール漁のせいで、美しいサンゴ礁は破壊の限りを尽くされていました。
そこで州政府は2001年に、この海域を「自然保護区」(SIMCA:Sugud Islands Marin Conservation Area)に指定しました。このエリア内での漁業等の採取活動は一切禁止です。

その保護のスキームが画期的。保護のためにリゾートを作ってしまったのですから。
このリゾートを中心に、州政府、非営利組織、株式会社が手をつなぎ、それぞれの立場で自然を保護するために力を尽くしているのです。

resort.jpg
ランカヤン島ダイブリゾート

lidr-restaurant.jpg
レストランから海を臨む

会社であるLankayan Island Diver Resort社は島でリゾートを経営し、世界中から観光客を呼び寄せます。1泊一人18000円とちょっと高めですが、そのうち600円が自然保護のために徴収されていることがお客さんに知らされます。お客さんは、保護区であることが説明され、この島から何も持ち出さないという誓約書を書かされます。ルールは厳しい反面、ウミガメの産卵や孵化をお客さんに見せたり、排水の浄化システムが導入されていたり・・・自然を大切にすることが、この島での楽しみを増やしてくれることを随所で気づかせてくれるようになっています。

自然保護のためにお客さんから集めたお金はReef Guardianという非営利組織の活動資金になります。彼らの仕事はビーチや海の清掃、調査、ウミガメの保護、違法漁業の取り締まりなど。事務所にはレーダーが設置され、周辺海域を常に監視しています。

州政府は、リゾートに土地を無料で貸し、NPOのスタッフに名誉野生生物保護官という資格を与えます。
とにかくビックリしたのが、この名誉野生生物保護官という制度。彼らは銃こそ携帯できませんが、違法業者の逮捕権や押収権も付与されているのです(5日間の研修と試験の合格が必要)。

reefguardian.jpg
リーフガーディアンのオフィスとEnforcement Officerのエドウィン・アルベルトさん

sizecheck.jpg
珊瑚礁の調査活動。大きなシャコ貝の成長を記録する

enforcement2.jpg
保護区に入ってきた漁船を取り締まる

お金の流れもスマートです。会社が利益を出せば州政府には税金が入ってきます。もし警察や政府スタッフが現場に駐在すると、莫大な税金が使われることになりますが、現場を良く知るNPOスタッフが逮捕権をもって監視や臨検を行なえば、経済的にも非常に効率的で、税金の節約になります。

政府、企業、NPOが互いに持ち味を活かして自然保護をする。
このスキームを「スマートパートナーシップ」と呼んでいます。

「win-win」よりも良い言葉だと思いませんか?
誰もが「得をする」ということではなく、
誰もがそれぞれの立場で努力して大切なものを守る。
結果としてちゃんと収入を得て経済活動も自然保護も持続可能になる。

この方法、世界がもっと知って、参考にすれば良いのではないかと思いました。
逮捕権や押収権まで与えるというのが、ハードルが高そうですが・・

リーフガーディアンのEnforcement Officerのエドウィンさんは、もともとは優秀なダイビングガイドだったそうです。海をよく知るプロフェッショナルに、法の執行権まで与えて自然を守る。できそうで、できない優れた仕組みだと思います。

(上田壮一)

beach.jpg

この記事へのリンク

2010年05月28日

宮崎県の口蹄疫のこと

地球日記

4月20日に宮崎県で口蹄疫が確認されてから約一ヶ月。
27日に口蹄疫特別措置法が衆議院を通過し、今日、参院本会議で可決、成立しました。

国が指定した地域内で拡大防止のために殺処分が国の判断で可能になった他、殺処分された牛や豚の埋却地の確保を国の責任でやるようになったり、2年間で1000億円の予算で経営支援策などが盛り込まれています。

1000億円と聞くと、かなり手厚い予算なのかなと最初は思ったのですが、
処分に関する費用や、長い年月をかけて大切に育ててきた家畜を失ったあとに立て直すための費用、他の県への影響などを調べてみると具体的な数字までは分からないけれども、これはどうにも足りないのではないかと考えてしまう。もちろん、自分の手で何十頭、何百頭も殺処分している獣医や農家の方の精神的なダメージも私たちの想像を遥かに超えたもののはず。

今、私たちができる事は義援金を送ったり、ブログやツイッターで情報を共有したり調べたりするなど、関心を持ち続けながら小さいことでもできる事を続ける事ではないでしょうか。
義援金については、宮崎県では、義援金の募集していて口座振り込みの他、新宿のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」では募金箱が設置されているようです。

参考
宮崎県:口蹄疫に関する情報提供について
毎日新聞:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
西日本新聞:松阪牛の産地・三重県松阪で肥育される子牛の...

(井手 大:インターン)

この記事へのリンク

2010年05月25日

映画、Beautiful Islandsを観て

地球日記

先日、映画Beautiful Islandsの試写会に行ってきました。
実は、この映画の監督である海南友子さんに、7月から開かれる みずのがっこう2010 で行われるトークイベントにてお話ししていただく予定になっています。
※詳細は、またお知らせします。


beautifulislands.jpg(c) Kana Office.

この映画は、気候変動により影響を受けている3つの場所:南太平洋の島ツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島を描いたドキュメンタリー。

BGMもナレーションも一切使われていないこの映画からは、風の音、波の音、人々の話し声や生き生きとした音楽など、その場所に存在している音や声だけが聞こえてきました。そしてその音とともに目に飛び込んでくるのは、ツバル、ベネチア、シシマレフの、声が漏れるほどの美しさでした。

ツバルの透き通ったエメラルドグリーンの海に飛び込んで遊ぶ子どもたち。
ベネチアでは古き趣のある建物の間を運河が走り、その上をギターの音色と歌声を乗せたゴンドラが走る。
そして、ただただ白い世界の中を、犬ぞりのシルエットが横切っていくシシマレフ。

これらの美しさの中で生きる人々の、ごく普通の幸せそうな暮らし。

しかし、その暮らしの中に徐々に浸食しつつある脅威。その脅威に、彼らは目をそらさずに向き合おうとしています。

beautifulislands2.jpg(c) Kana Office.

ツバルは、島全体が海抜約1.5m。今世紀中に海に消える危機にさらされています。
ベネチアは、近年異常な頻度でアクア・アルタと呼ばれる高潮に襲われ、浸水に見舞われています。
シシマレフ島では近年は海が凍らず、永久凍土の土壌が溶解し島民の2割が家屋を失いました。


この映画を見てはっきり分かったことは、気候変動による影響は、未来に起こりうる「いつか」の話ではなく、まさに「今」起こっているということ。

気候変動や温暖化やCO2の情報が蔓延し、どれを信じればいいのか分からない世の中で、ただシンプルな問い―気候変動によってわたしたちは何を失うのだろうか?―そんなことをそっと教えてくれた映画でした。


Beautiful Islandsは、
7月より恵比寿ガーデンシネマ、ほか全国の映画館で上映予定です。
また、現在Beautiful IslandsオリジナルのiPhoneアプリを製作中だとか。
どんなアプリなのか楽しみです。
詳細はBeautiful IslandsのオフィシャルHPで:http://www.beautiful-i.tv/


(柚原薫子:インターン)

この記事へのリンク

2010年05月19日

富士山の山頂まで行ってきました

地球日記

5月恒例の富士山へ向かう。
今年は春に寒かったので、例年よりも雪が多い状態だと思う。前日にも降ったのだろう。
斜面は新雪というよりは、カチカチのアイスバーン。アイゼンががっちりささる。

fujisan03

途中くじけて挫折しそうになりながらも、6時間かかってなんとか山頂へ登頂。

fujisan02

頂上からはスノーボードで降ります。

fujisan04

雲海めがけて滑っていくのは本当に気持ちがよかった。
いいシーズン納めでした。


より大きな地図で 富士山BC を表示

↑アンドロイド携帯で取得した、GPSトラック。すごい時代になったものだ・・・

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2010年05月18日

日食の話を聞いて旅気分を味わうお茶会、開催します。

お知らせ


http://www.flickr.com/photos/m-j-s/ / CC BY-NC-SA 2.0

こんにちは。横山です。

今回はお茶会のお知らせです。

お茶会、いつもはアースコミュニケーターのみなさんだけで
やっているのですが、南極まで日食を撮影しに行った人の話を
聞く機会はそうないだろう、というわけで、
今回はお知らせを公開してみることにしました。

ただ、人数に余裕がないのですぐに締め切っちゃうと思います!

───────────────────────────────────
●○●○●  
○●○●   アースコミュニケーターお茶会 第8回
●○●    
○●     「皆既日食スライドショー」
●       を観ながら旅気分を味わおう!
        ゲストは市川雄一さん
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回のお茶会は「皆既日食スライドショー」。
南極・アフリカ・モンゴルなどなど、世界中のどこへでも
日食を追いかけてライブ中継してしまう
市川雄一さんをゲストにお迎えし、
日食のスライドを観ながら旅気分を味わいます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*日 時:2010年5月25日(火)19:30〜21:00くらい

*場 所:Think the Earthプロジェクト オフィス
 東京都渋谷区猿楽町3-1 エムワイ代官山202
 アクセス→ http://www.thinktheearth.net/jp/about/location.html

 ※渋谷駅、代官山駅、恵比寿駅から、歩いてそれぞれ
 10分〜15分です。(代官山駅が最寄りです。)
 赤レンガ風の建物で、1階は女性服屋さんです。

*参加費:200円(お茶代&お菓子代)
 ※マイカップ大歓迎!お菓子持込OK(持込の方は無料です)!

*申込み:
 下記アドレスにお名前を記載の上、ご連絡ください。
 件名を【お茶会参加希望】としてください。

 earth-communicator★thinktheearth.net
 上記アドレスの★を@に変えて送信してください。

[ご注意]
狭い部屋で開催するため、人数に限りがあります。
先着順とさせていただいて、定員に達し次第させていただきます。

────────────────────────────────────

●参考サイト
市川さんのインタビュー記事が掲載されてますので、よければお読み下さい
http://eclipseguide.net/interview/004ichikawa/


会場までの道のりが少しわかりづらいため、
当日、道に迷ったかも!と思ったらすぐに 03-3464-5221(担当:曽我・横山)
までお電話ください。

───────────────────────────────────


ではでは、お会いできるのを楽しみにしていまーす。

(横山)

この記事へのリンク

2010年05月12日

六本木ヒルズのレジデンツbyアルキメデススパイラルにいってきました

Think the Earth SHOP

地球時計wn-2を販売してくださっている雑貨店「RESIDENT'S by Archimedes Spiral(レジデンツbyアルキメデススパイラル)六本木ヒルズ」にいってきました。腕時計専門店の「アルキメデス・スパイラル」がプロデュースする「男の書斎」がテーマのお店です。

来月20日は父の日です。男性へのプレゼント選びにもオススメのかっこよくて面白もがたくさんおいてあります。

tteblog2010_0511_2.jpg

tteblog2010_0511_1.jpg

レジデンツスタッフの皆さま、いつも素敵に時計をおいてくださってありがとうございます。

RESIDENT'S by Archimedes Spiral

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2010年05月12日

新島に行ってきました!

地球日記

こんにちは、曽我です。
桜が開花してから寒い日が続く4月でしたが、ゴールデンウィークは良い天気に恵まれましたね。お休みが長い方は5月9日(日)までゴールデンウィークだったそうで・・。その最終日にあたる、5月9日からスタッフみんなで新島に行ってきました!

P1100721_01.jpg

新島には東京の竹芝から出ている船で行きました。スタッフそれぞれ自分の予定に合わせて出発が分かれ、まず私が参加した、夜に出発をして船の中で1泊する大型客船組と、早朝に出発をして3・4時間ほどで新島行ってしまう高速ジェット船組です。

うわさによると、高速ジェット船はスピードが速い分、揺れが少なく宙に浮くような感覚で船酔いをする感じではなかったそうです。そして、私が乗った大型客船はゆっくりと進んで行くので揺れる揺れる・・。船酔いはしなかったのですが、重心が右へ左へ移動するのでほとんど寝れませんでした。しかし寝れない分、とってもキレイな朝日を観ることができました!

P1100713_01.jpg

新島に着いてから、ほとんどみんな自由行動!幹事の私は『こんな自由な社員旅行でみんな楽しんでくれているのかしら?』とずっと心配だったのですが、自由行動の分、サーフィンをしたり、散歩をしたり、写真を撮りに行ったり、温泉に行ったりと、各自でのびのびと新島を堪能することが出来たみたいで、とても楽しそうに過ごしていました。

P1100724_01.jpg

そして今回お世話になった宿は、東京R不動産のプロジェクトでオープンした『カフェ+宿サロー』という、とっても素敵な民宿です。

P1100745_01.jpg

P1100744_01.jpg

P1100743_01.jpg

サロの空間はとても居心地がよく、スタッフの方もとても素敵な方々で、思わず立ち話を長々としてしまいました。今回連絡を取らせていただいていた根本さんも、帰る船の出発時間まで展望台に連れていってくださったり、帰りも船が出航してから姿が見えるまでずっと手を振ってくださっていました。

IMG_0328_01.jpg(左:根本さん)

帰りも大型客船の私たちのグループは、大島での碇泊時間が30分ほどあったので一度船を降りました。そこで偶然、後から出発している高速ジェット船組と合流!実はそこで初めて集合写真を撮ったのでした。

20100513_b.jpg(実は一人船の中で寝ていたので全員では撮れなかったのです。泣)

そんなとっても自由な新島の旅でしたが、また個人的にも遊びに行きたいと思います!

(曽我直子)

この記事へのリンク

2010年05月11日

Think the Earth Paper(シンクジアースペーパー) Vol.6 配布場所一覧

お知らせ

こんにちは。横山です。

シンクジアースペーパー第6号の配布場所をまとめてみました。

think the earth paper

配布に協力してくださるお店は引き続き募集中です。
興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

Think the Earth Paper Vol.6配布場所 (2010年5月29日更新)
───────────────────────────────────

【北海道】
エコロジー雑貨&オーガニックフードEarth Cover

【宮城県】
超五感cafe&gallery PANGAEA

【東京都】
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)(青山)
野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi -くるみ-(移動販売)
CONNECTED(恵比寿)
ボクネンズアート東京(京橋)
ふろむ・あーす(三軒茶屋)
from Earth Cafe "OHANA" (ふろむあーすカフェ・オハナ)(三軒茶屋)
・THE NORTH FACE 原宿店(原宿)
カフェ 璃唵 Liom(代官山)
東京造形大学(八王子)
cafe FRAMES(代官山)

【神奈川県】
へっころ谷 :天然創作料理と手打ちほうとう
THE NORTH FACE+ラゾーナ川崎店

【静岡県】
田貫湖ふれあい自然塾

【石川県】
ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ

【大阪府】
SEWING TABLE COFFEE

【兵庫県】
Cafeびすたーれぃ

【香川県】
古木里庫
OMエコショップすが


※在庫の有無は事前にお店にお確かめください。
───────────────────────────────────

(横山ゆりか)

この記事へのリンク

2010年05月11日

WorldShift Forum2010を聴いてきました

地球日記

2010年4月24日、25日に国連大学でWorldShift Forumがありました。

worldshift forum

■WorldShift Forum
http://www.worldshift.jp/

NPO法人ガイア・イニシアティブの代表理事である野中ともよさんと、シンクタンク・ソフィアバンク代表の田坂広志さんの基調講演を筆頭に、30組の方々が、世界を変えるための提言を発表しました。Think the Earthプロジェクトの上田も24日に登壇。

その30組の方々は、みんなそれぞれの分野で別々の活動を行っている人たちです。
そのなかには、ナマケモノ倶楽部世話人の辻信一さん、ガイアシンフォニーの龍村仁さん、さわれる地球、Tangible Earthの開発をした竹村真一さん、サステナのマエキタミヤコさん、他にも各界で著名な先駆者たちが国連大学に集結し、WorldShift □→□ というフォーマットと 18分という短い枠、そして世界を変えようという思いを共通の要素として、それぞれのプレゼンを行いました。

世界を変えるには、これといった特別なやり方なんてなくて、人がいればいるだけの方法が存在している。けれど、パーソナルなことからグローバルなことまで、人間の経済活動から人を含めたすべての自然活動まで、無限に存在するテーマの中から、自分の生き方をリンクさせていくことは、易しいようで結構難しいことだと思います。

そんな中、その30組、30通りのWorldShiftの提言を聞いて、
本当に好きなことを仕事にすることの意味の大きさ、自分のためだけではなく周りの人たちにも、ポジティブな思いや姿やイメージを伝達させていくことの価値の大きさを感じました。

好きなことをやるということは、その好きなことの為に努力ができること。
努力できる好きなことだから、仕事になる。
そんなことも感じました。

今回、この講演を聞いたすべての人が、自分のWorldShiftを胸に刻み、行動に移すことを想像するとわくわくしてしまいますが、そんな自分も日々の生活をもっと見直して、これからの世界をもっともっとリアルに想像していこうと思います。


WorldShift → Radioでは、毎週金曜日に野中ともよさんがパーソナリティを務めるラジオ番組を聞くことができます。以下のURLの5月9日の記事より、上田が出演した回がダウンロードできます。聞き逃した方は、ぜひ。
http://www.tfm.co.jp/podcasts/worldshift/


WorldShift □→□
あなたなら、□の中に何と書きますか?

(柚原薫子:インターン)

この記事へのリンク

1