2010年11月25日

都会から離れてほっと一息

地球日記

先日、Think the Earthプロジェクトの推進スタッフが集まり、一泊の合宿を行いました。

会場はFarm Campusと言って都心から約80km、サーファーには馴染みのある九十九里エリアにあり、かわいい古民家と近くに畑があるとってもステキな場所でした。

RIMG0621.JPG

13時過ぎにみんながゆるゆると集まり、15時には全員集合。

Farm Campusについての説明を受け、まずは畑の見学&農業体験です!
畑では今日の晩ご飯になるべく食材の調達に勤しみます。(畑の手入れも)

畑に入ると心地いい土の感触が足に染み渡り、土のいいにおいがしました。

大根に空芯菜やらあおいトマトやら、新鮮な野菜がいっぱーい。
取ったその場で、丸ごと食べさせてもらいました。

P1110628-1.jpg

中でもびっくりしたのがオクラ。畑でかじったオクラは甘くて美味しかった。そして驚いたのはその出で立ち。オクラってすごく大きくなるんですね。2メートル近く育ったオクラはもはや小さな樹木のよう。育ちすぎたオクラはみんなで力を合わせて抜き取り、次の作物を植える準備をします。

大根はちょうど間引きのタイミングだったので、みんなで体験させてもらいました。やっと成長した大根たちを引っこ抜いてしまうのは、かわいそうな気になってしまうけど、大きくて美味しい大根を作るためには、この間引きが大切なんです。

P1110580-1.jpg

引っこ抜いた小さい大根だってもちろん無駄にはしませんよ!これ、みんなでたべちゃいます。笑

P daikon.JPG

さてさて、農作業をしているうちに、日が暮れ始めました。最近は暗くなるのが本当に早いですね。急いで夕食の準備を進めつつ、出来た食事をつまみ食い。笑

今夜は贅沢にお外で BBQをしました!
取れ立て野菜と近くの海で取れた魚介類(なんとえびは生きていた!)
そしてお肉屋さん一押しの絶品牛肉をみんなで仲良く、時に暗闇の中で奪い合いながらも美味しく頂きました。

夜は近くの 温泉で汗を流し、宿に戻って持ち寄りのボジョレーヌーボやマッコリを飲みつつ、語りつつ、お菓子を食べたり、仕事をする人もいたり、散歩に出る人もいたり、それぞれが自由に思い思いの夜を過ごしました。

私は一人、外の散歩に出てみたのですが、周りに光がないせいか、本当に真っ暗!
普段の生活がどれだけ整備された環境だったのか、実感しました。

自然の中にいたら、人間は夜は静かに寝るしかない。自然のリズムで生活できたらなら、念願の早寝、早起き出来るかな?そんなことを考えながら、ふかふかの布団にくるまり、眠りました。
(ちなみに翌朝、全然起きれませんでした)

そして次の日は朝からスタッフミーティングの開始です!
午前の部と午後の部でチームを分けて、今後に向けての話し合いです。過去を振り返りつつ、今を見つめ、未来をどう切り開いていくべきか。普段は忙しくて考えられない、でも本当はすごく大切なことを時間をかけて話し合いました。みんなで考えると色々なアイデアが生まれ、話がどんどん広がっていく感じ。本当に面白かったです。

お昼はFarm Campusに来ていた自由大学のみなさんと一緒にランチ。
美味しい豚汁と菜飯を作ってくれました!
みんなで食べるご飯はやっぱりうまい。みんな笑顔で完食しました。

RIMG0939.JPG


Farm Campusでの生活は近くにコンビニもないし、明かりも十分じゃない。おまけにテレビだってない。便利な生活に慣れた私たちには不自由と感じることもある生活だけど、それに勝る魅力がたくさんある。「こういう生活、環境っていいなぁ」が詰まっている暖かい場所でした。

また来よう!スタッフ一同そう思い、特急わかしお号で千葉を離れました。

Farm Campusの詳細はこちらをどうぞ

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2010年11月15日

ネイチャーゲームを体験してきました

地球日記

「ネイチャーゲーム」、知っていますか?

「いろいろなゲームを通して、自然の不思議や仕組みを学び、
自然と自分が一体であることに気づくこと」を目的とする、
1979 年に米国のナチュラリストが発表した自然体験プログラムです。

先週土曜日、辰巳の森(東京都江東区)で開催されたイベントに、家族で参加してきました。

先ず始めに「フィールドビンゴ」。
・あなのあいているどんぐり
・枝についたまま落ちたどんぐり
・きれいなどんぐり10個
など、どんぐりに関する9つの課題をクリアし、縦横斜めのマスを揃えてゆきます。

たくさんのどんぐりが集まったら、からす・りす・ねずみの3グループに分かれてどんぐりを隠します。
他のグループに見つけられなかったどんぐりは、そのまま芽を出すかもしれません。
どんぐりの森が動物の力を借りて広がって行くことを、ゲームを通じて学びました。

どんぐりを使ったネイチャーゲーム!

最後に、もうすぐクリスマス!ということで、今日集めた葉っぱや実を使ってカードやリースを作りました。
オカーサン、子どもそっちのけで夢中になっちゃいましたよ~!

みんなで作ったクリスマスカードやリース

あっという間の3時間。身近な自然が与えてくれる豊かな時間を満喫しました!

ネイチャーゲーム、皆さんも体験してみませんか?

社団法人日本ネイチャーゲーム協会
http://www.naturegame.or.jp/index.html

(中島愛子)

この記事へのリンク

2010年11月15日

ちょっと早めの大掃除

地球日記

断捨離(だんしゃり)という言葉が流行語大賞にノミネートされているのだそう。ご存知ですか? 私が断捨離を知ったのは書店にて。高く積まれた本をぱらぱらと見て、翌日もう一度立ち寄ったら、本の山は随分と小さくなっていました。どうやら売れているらしい。図書館の予約待ちは70名以上。買って通勤の行き帰りで読んでみることにしました。

断捨離とは、入ってくるいらないものを断つ、家にある不要なものを捨てる、物への執着から離れるという意味。恥ずかしながら片付け初心者の私、いきなり大きな気づきがありました。整頓の前に整理があるのか、と! 整理整頓が上手ではないと決めてしまわず、まずは整理することから着手。ついつい手元に置きっぱなしにしていたあれやこれやと、今も付き合いがあるのかどうかを見極めていきます。一番の難所・クローゼットは未着手ながらも、本棚は大きな改善がなされました。

不思議なのは「捨」を行うと、その苦労のあまりか「断」を積極的に行うようになること。本当に我が家にお招きしたいものかなと考える機会が増えました。図書館を一層活用したり、代用できるものが家にないかを考えたり、借りたり貸したり。物や情報がある程度限られると、工夫する楽しさが生まれるものだなーというのも、忘れていた大きな再発見。いま、モノづくりや貸し借りがとても楽しくなっています。

捨てること自体に抵抗があるので、できるだけリユースしたいなと思い、いくつか調べてみました。もっと色々なリユースやリサイクル方法があると思いますので、ぜひ教えてください! <問い合わせフォーム> さぁ、残りもがんばるぞー。

古本の寄付で国際協力:
国際協力NGOシャプラニール「ステナイBOOK」

シャンティ国際ボランティア会「リサイクル・ブック・エイド」 

洋服のリユースやリサイクル:
服としあわせのシェア、おしゃれな古着の交換イベント xChange

ユニクロ全商品リサイクル活動

(推進スタッフ:金子バースリー朝香)

この記事へのリンク

2010年11月11日

火山の女神ペレ

地球日記

こんにちは、曽我です。
実は先日お休みをいただいて、ハワイに行っていました。今回の目的はちょっとした親孝行ですが、初めて行くハワイだったので、自分自身も堪能してしまいました・・・!

今回一番印象的だったのは、ハワイ島で知った火山の女神「ペレ」のお話です。

Hawaii02.jpg

ハワイ島キラウエア火山は今もまだ噴火を続けている火山として有名です。そこには「ペレ」という、とても美しく、とてもワガママな火山の女神が住んでいるそうです。そして、ペレは自分の想い通りにならないと、怒りで山を噴火させてしまうそうです。ペレが怒るとたちまち火口は火を噴き荒れ狂い、町はあっというまに溶岩に飲み込まれてしまうので、火山の火口に行ったときには、ペレを怒らせないように・・・と深く注意をうけました。

Hawaii01.jpg

また、恋多き女性で、素敵な男性を見つけると若くて美しい女性に姿を変え、人々のもとに現れるそうです。ここでも印象的なお話を聞きました。

ペレが恋をした男性(オヒア)の中に、既にフィアンセ(レフア)がいた方がいました。ペレはフィアンセがいるにもかかわらず、オヒアに近づいたそうです。しかし、好青年だった彼はレフアを裏切ることはありませんでした。それを知ったペレは怒り、魔法でオヒアを木に変えてしまったそうです。あまりに残酷なその様子にほかの神々が集まって魔法を解こうと頑張ったのですが、ペレの力は強力で魔法は解けませんでした。そして最終的にレフアは魔法でオヒアの木に咲く赤い花になったという神話も伝えられているそうです。今でもその花は咲くそうで、絶対に切り取ってはいけないと聞きました。木の名前はハワイ語で「OHI'A LEHUA(オヒアレフア)」と呼びます。

私が行ったときには花を見ることはできませんでしたが、お話を聞いてとても切ない気持ちになりました。また、ペレの力強さと嫉妬深さにも驚かされました。

Hawaii03.jpg

神話以外でも驚いたことが1つあり、マグマに飲み込まれ家を失った人々が同じ場所に家を建て、溶岩の上に住んでいるそうです。そこには電気も水道も通っていないと聞きました。全世帯が建て直したわけではありませんが、実際に建っている家を見ることができました。周りには本当に何もなく、そこには未だに噴火している火山と、固まった溶岩だけでした。

Hawaii05.jpg
Hawaii04.jpg

そんなハワイ島の神話やハワイ島の歴史に興味を持った私は、今回知ったお話以上に、ハワイ島の不思議はたくさんあると思うので、色々勉強をしてまた行ってみたいと意気込んでいます!

(曽我直子)


この記事へのリンク

2010年11月04日

お弁当のデザインしてきました

地球日記

台風一過の先週土曜日、「世界でたったひとつのお弁当をデザインしよう!」というワークショップに、4歳の娘と参加してきました。

講師は「食と文化のコミュニケーションプロデューサー」として活躍する、株式会社ルセット代表の松本希子さん。
東京ミッドタウンで2007年から開催されている、デザインを五感で楽しむイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」の一環として行われた「デザインを通して日本の食文化を体感する」企画でした。

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」のメインコンテンツ「未来のつくりかた展」ではShadowgram(シャドウグラム)を体験
「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」のメインコンテンツ「未来のつくりかた展」ではShadowgram(シャドウグラム)を体験。

様々な問題を抱える
様々な問題を抱える"世の中"に自分の影と、問題解決のための提案や宣言を貼りつけます。

会場に入るとテーブルいっぱいに「和」の食材!...近づいてみると、たくさんの絹の端切れや、日本の伝統色に染められた毛糸玉でした。
曲げわっぱや竹皮風素材などの、様々なお弁当箱も並べられています。これらを使って、お弁当をデザインします。

「デザイン」なんて難しい?
いえいえ、松本さん曰く、「デザインは誰かへの贈り物」。
デザインの対象となる誰か-大好きなママ、パパが何を食べたいか、聞いてみること・想像してみることから始めます。

テーブルの上の「食材」をパパ・ママの大好物に見立てたら、どうしたら美味しく見えるか一生懸命考えながら、思い思いに盛りつけます。

どうしたら美味しく見えるか一生懸命考えながら、思い思いに盛りつけます。

最後に、誰のために作った、どんなお弁当なのか、1人ずつ発表!

娘曰く:
「ママに、おにぎりとプチトマトと団子とスパゲティー」
「パパには、桃とおでんです!」

...うーん。和と洋/甘と辛が微妙~な取り合わせ。夫婦で違うもの食べちゃってます。
毎日食事の支度をするだけで精いっぱい、季節感や献立のバランスまで手が回らない、わが家の食卓が晒されたようで、オカーサン恥ずかし~!

二十四節気の季節の変化に合わせたお弁当が楽しめる松本さんのブログを参考に、もう少し、日々の食事を工夫したいと思います。。。

■ルセット ブログ
http://recette.kir.jp/recette_blog/

キッチンにはもちろん、えこよみが必要ですねー。

■えこよみ(二十四節気七十二候カレンダー)2011年-2012年版登場!
この記事へのリンク

2010年11月02日

Think the Earth SHOP、みずのがっこう寄付キャンペーンが終了しました。

Think the Earth SHOP

Think the Earthプロジェクトの主催イベント、「みずのがっこう」を通じで、世界の水支援につながる寄付キャンペーンが10月31日をもって無事終了いたしました。

みなさんのお買い物から集まった寄付金は、国際協力NGO「ピースウィンズ・ジャパン」の取り組みの中で、主に干ばつの厳しいアフガニスタンへの水支援や、スーダンの井戸建設などに使われます。

20101102_01.jpg

ショップからの寄付額は6,410円でした。期間中にお買い物、また関心もってショップに関わってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
※Think the Earthプロジェクト全体での寄付額については、後日集計してホームページ上でお知らせいたします。

・認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
・みずのがっこう チャリティー詳細ページへ

(谷口西欧)

この記事へのリンク

1