2010年11月15日

ちょっと早めの大掃除

地球日記

断捨離(だんしゃり)という言葉が流行語大賞にノミネートされているのだそう。ご存知ですか? 私が断捨離を知ったのは書店にて。高く積まれた本をぱらぱらと見て、翌日もう一度立ち寄ったら、本の山は随分と小さくなっていました。どうやら売れているらしい。図書館の予約待ちは70名以上。買って通勤の行き帰りで読んでみることにしました。

断捨離とは、入ってくるいらないものを断つ、家にある不要なものを捨てる、物への執着から離れるという意味。恥ずかしながら片付け初心者の私、いきなり大きな気づきがありました。整頓の前に整理があるのか、と! 整理整頓が上手ではないと決めてしまわず、まずは整理することから着手。ついつい手元に置きっぱなしにしていたあれやこれやと、今も付き合いがあるのかどうかを見極めていきます。一番の難所・クローゼットは未着手ながらも、本棚は大きな改善がなされました。

不思議なのは「捨」を行うと、その苦労のあまりか「断」を積極的に行うようになること。本当に我が家にお招きしたいものかなと考える機会が増えました。図書館を一層活用したり、代用できるものが家にないかを考えたり、借りたり貸したり。物や情報がある程度限られると、工夫する楽しさが生まれるものだなーというのも、忘れていた大きな再発見。いま、モノづくりや貸し借りがとても楽しくなっています。

捨てること自体に抵抗があるので、できるだけリユースしたいなと思い、いくつか調べてみました。もっと色々なリユースやリサイクル方法があると思いますので、ぜひ教えてください! <問い合わせフォーム> さぁ、残りもがんばるぞー。

古本の寄付で国際協力:
国際協力NGOシャプラニール「ステナイBOOK」

シャンティ国際ボランティア会「リサイクル・ブック・エイド」 

洋服のリユースやリサイクル:
服としあわせのシェア、おしゃれな古着の交換イベント xChange

ユニクロ全商品リサイクル活動

(推進スタッフ:金子バースリー朝香)

この記事へのリンク

« 火山の女神ペレ | メイン | ネイチャーゲームを体験してきました »