2010年12月27日

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました!

おすすめ info

先日、今年最後の「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に行ってきました。
Think the Earthプロジェクト・スタッフブログで過去に何度が取り上げたことがありますが、これはまっくらやみのソーシャルエンターテイメントです。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

1227-1.jpg


簡単に説明すると、暗闇の中を暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障がい者)のサポートのもと、何人かのグループで1時間ほど一緒に行動します。

噂では聞いたことがあるものの、実際暗闇の中で何をするんだろう・・・?と、不思議と不安と好奇心を抱きつつ参加しました。

本当に全く想像のできなかった暗闇の世界。いざ、その中に入って一番最初に感じたことは、「広い!」でした。それは、その場所が広いのではなく、何も見えないのでどこからどこまで何があるのかわからず、ただ果てしなく暗闇がそこにあったので、「広い」と感じたのでした。

そして、次に感じたのは「におい」でした。そう、葉っぱの香りがしたのです。とても涼しく爽やかな緑の香り。けど、参加者の方々が口々にする言葉はそれぞれ。音を感じる人も入れば、気配を感じる人。人の五感は視覚以外にも、たくさんのことに反応するんだと、今更ながら感じたことでした。

そして、みんなでコミュニケーションを取りながらどんどん先に進んで行きます。本当に何も見えないので、参加者同士コミュニケーションを取り、協力しながら進んで行くことがとても新鮮でした。

あっという間に1時間が過ぎ、光のある世界に戻ります。時間の感覚も失い、暗闇の中に1時間もいたなんて思えないほど、あっという間の出来事でした。

普段当たり前に感じていることを改めて身体と心で感じ、自分が何を感じるかと再発見もできた時間になりました。

今回私が参加したのは通常より少し短いライトバージョン。1月には新春ダイアログ・イン・ザ・ダークとして、暗闇で書き初めをすると聞きました。・・・暗闇で書き初め!とっても興味深いワークショップだと思いました。

2月以降もさまざまなテーマで開催予定ですので、皆さんもぜひ参加してみてください!

(曽我直子)

この記事へのリンク

2010年12月27日

ハーブの石鹸づくり

地球日記

こんにちは、曽我です。
クリスマスが終わり、街はすっかりお正月ムードですね。
そして、急にすごく寒くなりましたね。。。

少しご報告が遅れましたが、クリスマス前にアースコミュニケーターさんたちとハーブの石鹸づくりをしました!

1222-1.jpg

今回ハーブの石鹸づくりを教えてくださったのは、M.Herbal Clinic代表の平澤直子さん。ご自身が肌が弱かったことなどをきっかけにハーブの勉強を始め、今ではハーブを使ったクリニック(健康相談室)を運営する傍らで、ハーブを使った石鹸づくりや、健康に関するセミナーなどを開催しています。そして、先日アースコミュニケーターお茶会としてオフィスで石鹸づくりを教えてくださいました。

作った石鹸の種類はローズの石鹸とパセリの石鹸の2種類です。

簡単に効能をお伝えすると、今回使用したローズは「薬屋さんのバラ」といわれ、口内炎や喉のハレを引いたりと、炎症止めの効果があるそうです。さらに、精神的リラックス効果、保湿、引き締め効果などもあるそう。まだまだ石鹸づくりは始まったばかりですが、最初からテンションが上がり、ただただ感心するばかり!

1222-2.jpg

また、ローズと合わせてエッセンシャルオイルも入れました。ローズの石鹸に入れたオイルは「ローズゼラニウム」です。オイルにも効能があり、ホルモンバランスを整えたり、お肌につけると皮膚のバランスも整えてくれるそう。

何だか作るのがとても楽しみになってきました!

次にパセリの石鹸です。パセリの効能は、ビタミンA、B、Cにカルシウム、マグネシウムが含まれており、食欲増進や胃をすっきりさせる効果があるそうです。また、パセリも炎症を抑える効果があり、肌荒れなどにも効くそう。何だかパセリの石鹸にも素敵な効能がありますね。

1222-3.jpg

そして、パセリに入れたエッセンシャルオイルは、「ティートゥリー(Tea-tree)」。ティートゥリーは抗菌作用が強く、オーストラリアのアボリジニの人たちがこの木の葉でお茶を入れたことに由来しているそうです。なるほど、それで「ティートゥリー(Tea-tree)」なんですね。

さ、石鹸の効能の勉強をした後は、石鹸づくりを開始!みなさんそれぞれ好きな型を選び、石鹸の原料になるグリセリン配合の石鹸を適量手に取ります。

122-4.jpg

そして、レンジで温めて石鹸の原料を溶かします。そこに最初に説明をしていただいた、ハーブとエッセンシャルオイルを入れます。

1222-5.jpgローズの石鹸

1222-6.jpgパセリの石鹸

そして、あとは固まるのを待つのみです。待っている間はハーブとアロマについてのお勉強をしました。

1222-7.jpg

今回のお茶会までは、ハーブとアロマの違いをよく分かっていませんでしたが、平澤さんのお話を聞き、「ハーブ=草」ということを知りました。ですので、ハーブとアロマは抽出方法が違うだけで、元は同じ草から出来ているものなんですね。

さてさて、お勉強をしている間に石鹸が固まってきました。みなさんそれぞれ自分の型から石鹸を取り出し完成です!!

1222-8.jpg

1222-9.jpg

最後はみなさんで自分の作った石鹸を持って記念撮影!

1222-10.jpg

とっても楽しく、勉強になった1時間半でした。今回参加出来なかったみなさんも、これから色々なテーマでお茶会を開催する予定ですので、ぜひ参加してみてくださいね!

(曽我直子)

この記事へのリンク

2010年12月24日

Frohe Weihnachten ! メリークリスマス!

地球日記


今日はクリスマスイブですね。皆さんはどのように過ごすのでしょうか?

私はすっかりクリスマスを満喫し、本番前に終了モード。というのも、18日から23日までお休みをいただいて、ドイツに行ってきました。

RIMG0462.jpg

RIMG0334.jpg

ドイツではクリスマスの時期になると、各町ごとに「クリスマスマーケット」(ドイツ語では「Weihnachtsmarkt:バイナッツマルクト」)という、季節限定の市場が開催されます。

後から知った話なのですが、宗教的に神聖な日とされている12月24日のクリスマスイブには、物々交換が宗教的に禁止されていたため、今でもクリスマスマーケットはクリスマスイブ前には終了するそうです。24日までドイツにいたかった〜!なんて思ってましたが、実はベストなタイミングで帰国出来たようです。

クリスマスマーケットはドイツの各地方で開催されており、各都市によって雰囲気や規模が異なります。
RIMG0228.jpg

今回私が訪れたのは以下の都市☆

フランクフルト

ハイデンブルク

ローデンブルク

ニュルンベルク

ミュンヘン

町の中央広場を中心に色々なお店が並びます。

ワインやビールを飲める飲み屋系の露店から、クッキーやチョコレートを扱っているお菓子売り店、クリスマスオーナメントやキャンドルなどの雑貨用品を扱うお店など、とてもにぎやかでマーケットの周りを見て歩くだけでメルヘンチックな雰囲気が楽しめます。

RIMG0433.jpg

RIMG0434.jpg

そして、クリスマスマーケットに必ずあるのが「グリューワイン」という温められた独特のワイン。
甘くてすごく美味しいので、かなり飲みやすいです。

RIMG0421-2.jpg

この時期のドイツは本当に寒いので、マーケットを回るにはこのワインで体を温めて、寒さ対策をする必要があります。ドイツ人もみんなたくさん飲んでいます。 私は初日に3杯飲んで、かなりハイテンションになりました。皆さん、異国の地で飲み過ぎにはご注意を。笑

この「グリューワイン」は各都市で異なる可愛いマグカップに入れて渡されます。
私も今回の旅でこんなに集めちゃいました。

RIMG0532.jpg

料金はカップ料金込みで5〜6€ほど。カップを返せばその分お金が戻ってくる仕組みです。
なのでマイマグを持って飲みにくるドイツ人もいるし、カップは使い回しされるのでゴミも出ません!そのせいか町がとてもキレイでした。
環境にいい仕組みを無理なく自然に取り入れられていて、すごくいいなぁ。と感じました。

そしてこの旅で何よりも感じたのは伝統や歴史を重んじるドイツ人の優しさ。
彼らの優しさに何度助けられたでしょう。

ご飯も美味しいし、人も優しいし、ドイツのクリスマスマーケットは最高!

この旅でドイツが大好きになりました。
ぜひみなさんも機会があれば一度足を運んでみて下さい。

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2010年12月20日

クジラに会ってきました

地球日記

16日に上田が強力にオススメしていたブライアント・オースティン写真展「クジラと見つめあう」に行ってきました。

実物大のクジラに出会う驚きや感動は上田のブログにある通り。
今まで目にしたことのないクジラの「質感」や「表情」には圧倒されるばかりです。
母子をとらえた写真が多いのも印象的でした。

DSCF0098.jpg
DSCF0101.jpg

海底の我が子の元へ戻ると、胸ビレを伸ばし、子どもにそっと寄り添う母クジラ。
子どもが海面で息継ぎをする間、自分の頭の上で子どもを休ませることもあるそうです。

下の写真は母クジラと推定年齢2歳半(当時)の子どもです。

DSCF0093.jpg

会場を入って一枚目のこの写真を見た途端、涙が出てきました。
「ママ!ママ!」とすり寄ってくるような子どもを見つめる母クジラは、
何を想っているのでしょう。

母クジラの愛情、子クジラたちのやんちゃぶり、
彼らがオースティン氏に示した思慮深さと気配り...

「クジラと見つめあう」ことは、日々せわしない生活のなかで
忘れがちな感情を取り戻すきっかけを与えてくれました。

会場にいらしたオースティン氏に声をかけると、
嬉しいことに、私たちのプロジェクトのことをご存じでした!

mraustin.jpg

少しでも多くの人が地球のことを考え、
行動するためのきっかけづくりに取り組んでいる私たちですが、

「クジラやイルカがなぜ消えてゆくのか、
 このすばらしい動物が生き残るために何ができるのか」

を考えてみることを、このような写真を通じて呼び掛けるオースティン氏の姿勢からは、
学ぶことがたくさんありました。

写真集は2012年に発売予定とのこと。
また、上の写真に登場するザトウクジラの母子の様子は、
「クジラとイルカ IMAX 3D版」で見ることが出来るそうです。

※上映は映画が完成した2008年が中心だったようですが、こちらのHPで動画が見られます。
http://www.dolphinsandwhales3d.com/

(中島愛子)

この記事へのリンク

2010年12月17日

えこよみトークイベントいよいよ来週20日、サイン会もあります。

おすすめ info

えこよみカレンダー発売記念トークイベント、いよいよ来週の20日(月)に迫ってまいりました。当日カレンダーやダイアリーをお買上の方には、お二人からサインをしていただけることにもなりました。

日々の制作活動に自然や季節の変化をさりげなく取り入れられているお二人。年末に向けて忙しい日々を過ごされているみなさんにとって、このひとときが日常の中で季節や自然を感じるヒントになれば、と思っています。

 ・イベント詳細、お申し込みはこちらから

華雪さん作品
20101217_1.jpg
(写真:風間忠雄)

20101217_2.jpg


・華雪Book
 http://www.kasetsu.info/index2.html

・LUNAWORKS
 http://www.lunaworks.jp/

・Island Gallery
 http://islandgallery.jp/

・えこよみカレンダー
 http://www.thinktheearth.net/jp/ecoyomi/calender.html

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2010年12月16日

月島でクジラに会おう!18日まで

おすすめ info

写真家ブライアント・オースティン氏によるクジラの実物大ポートレイト写真展「クジラと見つめあう」
オルカライブのポール・スポング博士からのメールで知り、たった1週間しか展示されないと聞いて、なんとか仕事の合間に時間を作って行ってきました。

beautifulwhale1.jpg

実物大のクジラの写真が展示されるなんて、ホントかなぁと半信半疑で行ってみたら、ホントにすごい。古い倉庫を改装した会場に入ると、あっというまに心奪われる写真の数々に出会うことになりました。

クライマックスは、長さ9メートルにおよぶメスのザトウクジラ。
実物大の写真はブライアントさんが海中で至近距離から撮影した何百枚もの写真から、膨大な時間をかけて再構成したもの。ほんとうの大きさのクジラに会うのは、誰にとっても初体験となるはず。

写真があまりに大きくディテールまで写っているのと、会場には水中マイクで録音されたクジラの鳴き声が深く響いていることもあり(僕が訪れたときはシロナガスクジラの声でした)、近くで見ると、まるで自分が海の中にいて、クジラと目があったような気になります。目でみる写真展というより、海中に入って巨大生物に出会う身体体験的な展示会なのです。

beautifulwhale2.jpg

iphoneで撮った会場写真からはその迫力は伝わらないだろうなぁ。。と思います。
クジラが好きな人のためだけの写真展ではありません。クジラと至近距離で会うなんて、普通の人には絶対できない体験となるので、どんな人にも超オススメします。百聞は一見にしかず。会期が18日までと短いので、気になった方は迷わずゴーしてください。

ブライアント・オースティン写真展「クジラと見つめあう」

(上田)

この記事へのリンク

2010年12月13日

えこよみカレンダー発売記念!トークイベント開催します。

おすすめ info

えこよみカレンダー2011の発売を記念して、書を書いてくださった華雪さんと、LUNAWORKS、高月さんをお呼びして12/20(月)にトークイベントを開催します。場所はカレンダーも販売して下さっている、Island Gallery(アイランドギャラリー)。お時間のある方はぜひ少し早めにお越しいただいて、常設展をゆっくりとご覧になってお楽しみください。(会場セッティングのため18時よりお時間いただきます。)

>お申し込み・イベント詳細はこちらのページから
 http://www.thinktheearth.net/jp/info/2010/12/post-95.html

・華雪Book
 http://www.kasetsu.info/index2.html

・LUNAWORKS
 http://www.lunaworks.jp/

・Island Gallery
 http://islandgallery.jp/

・えこよみカレンダー
 http://www.thinktheearth.net/jp/ecoyomi/calender.html

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2010年12月11日

エコプロダクツ2010に出店しています。

Think the Earth SHOP

今年も昨年にひきつづき、「えこよみカレンダー」を中心に展示販売をおこなっています。オンラインショップでおなじみのLUNAWORKSの旧暦ダイアリーも会場で取り扱っています。

20101211_1.jpg

写真の机に並ぶパネルは、カレンダーの書を書いてくださった華雪さんの72候の書から、24枚を選んでパネルにしたもの。「にじ、はじめてみる」などの空に近い言葉は高い位置に、「みみず、いづる」など地面に近い言葉は低い位置に置いています。左から右に進むと季節も春から夏、秋〜冬の言葉へと変わっていくという仕掛けが...。セッティングのときには華雪さんが直々にきて作業をしていってくださいました!

20101211_2.jpg

まわりに散らばっている葉っぱのかたちをした付箋は、ブースに来られたみなさんにも、季節からイメージされる言葉や、変化を感じる瞬間などを書いて貼ってもらったもの。今日は冬のエリアに一言さっと「無」と書いていかれた方がいらっしゃいました。うーん、しんとした辺り一面の雪景色が目に浮かびます。

20101211_3.jpg

いよいよ明日は最終日です。場所は東4ホールを入って左、まっすぐ進んだ突き当たりのMITSUBISHIブース、SHARPブースの近くです。オリジナル商品はすべて消費税5%オフで販売してます!みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

・エコプロダクツ2010
http://eco-pro.com/eco2010

・えこよみカレンダーのプロジェクトページ
http://www.thinktheearth.net/jp/ecoyomi/calender.html

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2010年12月08日

新島からとどいたお芋たち

地球日記

RIMG1073.jpg
5月、Think the Earthプロジェクトのスタッフ旅行で訪れた新島の素敵な旅館、サローさんから素敵な小包が届きました。

なかを開けると...紫と、はじめて目にするベージュの2種類のお芋がごろごろ。スタッフでなんだろなんだろ?と言い合いながらサローの根本さんからのお手紙を読んでみると...、いずれも新島の農園でとれた、紫は紅あずま、ベージュのものはサツマイモの一種「アメリカ芋」だと判明。

さっそく検索してみたところすてきなホームページがありました。新島は砂地が多くて農作物を育てるのはなかなか苦労が多いそうですが、逆にこのアメリカ芋はそんな新島の土にとてもよくマッチするのだそうです。大正から昭和初期ころに島に入ってきて以来、たびたびの食糧不足を救ったとか。

s-IMG_0269.jpg
根本さんおすすめの焼き芋でさっそく試食してみました。うわぁ...甘くてとってもまいうー!黄金色の切り口に注目すると、サツマイモの一種というのも納得。慌ただしい朝ごはんに、新島の素敵な島時間を思い出しながらありがたくいただきました。

アメリカ芋は貯蔵性にも優れているそうで、しかも、時間がたつほど甘みが増すらしいです。焼き芋のほかにもスイーツ系メニューや最近では焼酎にも使われているとか。

根本さん、サローのみなさん、新島村ふれあい農園のみなさん、よいお年を!

*新島ブログ→2010年5月12日『ブログ新島に行ってきました!

(鳥谷美幸)

この記事へのリンク

2010年12月02日

魅惑の林檎プレゼン

地球日記

こんにちは、そしてはじめまして!
10月よりThink the Earthプロジェクトの事務局に加わりました長谷部です。
今日は私の林檎への熱い想いを語りたいと思います。

apple.jpg

写真は、長野県からやってきた林檎さんです。
彼女はスタッフの友人からの差し入れとしてThink the Earthプロジェクトにやってきました。

まずはみてください、この美しいスタイル。
私はこの、バランスの良いころんとしたフォルムが大好きなのです。
デザインモチーフとして世界中で愛されていますね。
いわゆる「テッパン」。林檎は間違いない。

そして色、艶はどうですか。
赤りんご、青りんご...なんてポップなカラーリングなのでしょう!
紅玉のような真っ赤な林檎も可愛いのですが、
写真のようにドットが入った林檎の可愛さも捨てがたいですね。(甲乙つけがたし)

さらにこの「りんご」「林檎」「apple」という名前。
なんともキャッチーな響きです。
英語はもちろん、ひらがなで書いても、漢字で書いても◎
可愛らしさあり、美しさありの素敵な文字列だと感じます。
英語のappleとなれば語るに及ばず。

ビジュアルの美しさと、名前の美しさを兼ね備えた林檎さん。
ビートルズのレコードレーベルやコンピューターメーカーの社名に使われているのも納得です。

ではこちらの林檎さん、半分に割ってみましょう。
林檎の見た目では味の判断ができないので、
ここが事実上のファーストインプレッションになるでしょう。

ザク!
蜜がいっぱい!!

目でみておいしい瞬間です。
「正解!」とか「当たり!」といったHappyを感じる瞬間ではないでしょうか。
左右半分に割れて転がる、その切り口のビジュアルも愛しいかぎり。
長谷部的Happy感が高まる瞬間でもあります。

では食べてみましょう。
カシュッ!

長野県からやってきた彼女は「シャキシャキタイプ」の歯ごたえでした!
これは長谷部的「大当たり」です。

私は、林檎の歯ごたえには、大きく分けてふたつのタイプがあると考えます。
「歯ごたえのしっかりしたシャキシャキタイプ」と「ソフトな歯ごたえのフワフワタイプ」です。
種類でわけますと、

シャキシャキ派
・サンふじ
・つがる

フワフワ派
・紅玉
・玉林

などでしょうか。

肝心のお味は? 気になりますね。
甘みと酸味のバランスがすばらしい!
噛んだときのカシュ!というあの音。「シュ!」の部分は水分です。
この林檎さん、「シュ!」がすごくジューシーな「シュ!」でした。
甘みのある水分、飲み込んだときの酸味。
このすばらしい林檎との出会いに感謝すらしました。

最後におめかし。
usagi.jpg

来年は卯年です。
今年もあと1ヶ月。
みなさんも林檎とともにHappyな年越しを計画してみては?
(来年は思い切って鏡餅の上に林檎とかどうでしょう)

(長谷部智美)

この記事へのリンク

1