2010年12月20日

クジラに会ってきました

地球日記

16日に上田が強力にオススメしていたブライアント・オースティン写真展「クジラと見つめあう」に行ってきました。

実物大のクジラに出会う驚きや感動は上田のブログにある通り。
今まで目にしたことのないクジラの「質感」や「表情」には圧倒されるばかりです。
母子をとらえた写真が多いのも印象的でした。

DSCF0098.jpg
DSCF0101.jpg

海底の我が子の元へ戻ると、胸ビレを伸ばし、子どもにそっと寄り添う母クジラ。
子どもが海面で息継ぎをする間、自分の頭の上で子どもを休ませることもあるそうです。

下の写真は母クジラと推定年齢2歳半(当時)の子どもです。

DSCF0093.jpg

会場を入って一枚目のこの写真を見た途端、涙が出てきました。
「ママ!ママ!」とすり寄ってくるような子どもを見つめる母クジラは、
何を想っているのでしょう。

母クジラの愛情、子クジラたちのやんちゃぶり、
彼らがオースティン氏に示した思慮深さと気配り...

「クジラと見つめあう」ことは、日々せわしない生活のなかで
忘れがちな感情を取り戻すきっかけを与えてくれました。

会場にいらしたオースティン氏に声をかけると、
嬉しいことに、私たちのプロジェクトのことをご存じでした!

mraustin.jpg

少しでも多くの人が地球のことを考え、
行動するためのきっかけづくりに取り組んでいる私たちですが、

「クジラやイルカがなぜ消えてゆくのか、
 このすばらしい動物が生き残るために何ができるのか」

を考えてみることを、このような写真を通じて呼び掛けるオースティン氏の姿勢からは、
学ぶことがたくさんありました。

写真集は2012年に発売予定とのこと。
また、上の写真に登場するザトウクジラの母子の様子は、
「クジラとイルカ IMAX 3D版」で見ることが出来るそうです。

※上映は映画が完成した2008年が中心だったようですが、こちらのHPで動画が見られます。
http://www.dolphinsandwhales3d.com/

(中島愛子)

この記事へのリンク

« えこよみトークイベントいよいよ来週20日、サイン会もあります。 | メイン | Frohe Weihnachten ! メリークリスマス! »