2010年12月08日

新島からとどいたお芋たち

地球日記

RIMG1073.jpg
5月、Think the Earthプロジェクトのスタッフ旅行で訪れた新島の素敵な旅館、サローさんから素敵な小包が届きました。

なかを開けると...紫と、はじめて目にするベージュの2種類のお芋がごろごろ。スタッフでなんだろなんだろ?と言い合いながらサローの根本さんからのお手紙を読んでみると...、いずれも新島の農園でとれた、紫は紅あずま、ベージュのものはサツマイモの一種「アメリカ芋」だと判明。

さっそく検索してみたところすてきなホームページがありました。新島は砂地が多くて農作物を育てるのはなかなか苦労が多いそうですが、逆にこのアメリカ芋はそんな新島の土にとてもよくマッチするのだそうです。大正から昭和初期ころに島に入ってきて以来、たびたびの食糧不足を救ったとか。

s-IMG_0269.jpg
根本さんおすすめの焼き芋でさっそく試食してみました。うわぁ...甘くてとってもまいうー!黄金色の切り口に注目すると、サツマイモの一種というのも納得。慌ただしい朝ごはんに、新島の素敵な島時間を思い出しながらありがたくいただきました。

アメリカ芋は貯蔵性にも優れているそうで、しかも、時間がたつほど甘みが増すらしいです。焼き芋のほかにもスイーツ系メニューや最近では焼酎にも使われているとか。

根本さん、サローのみなさん、新島村ふれあい農園のみなさん、よいお年を!

*新島ブログ→2010年5月12日『ブログ新島に行ってきました!

(鳥谷美幸)

この記事へのリンク

« 魅惑の林檎プレゼン | メイン | エコプロダクツ2010に出店しています。 »