2010年12月27日

ハーブの石鹸づくり

地球日記

こんにちは、曽我です。
クリスマスが終わり、街はすっかりお正月ムードですね。
そして、急にすごく寒くなりましたね。。。

少しご報告が遅れましたが、クリスマス前にアースコミュニケーターさんたちとハーブの石鹸づくりをしました!

1222-1.jpg

今回ハーブの石鹸づくりを教えてくださったのは、M.Herbal Clinic代表の平澤直子さん。ご自身が肌が弱かったことなどをきっかけにハーブの勉強を始め、今ではハーブを使ったクリニック(健康相談室)を運営する傍らで、ハーブを使った石鹸づくりや、健康に関するセミナーなどを開催しています。そして、先日アースコミュニケーターお茶会としてオフィスで石鹸づくりを教えてくださいました。

作った石鹸の種類はローズの石鹸とパセリの石鹸の2種類です。

簡単に効能をお伝えすると、今回使用したローズは「薬屋さんのバラ」といわれ、口内炎や喉のハレを引いたりと、炎症止めの効果があるそうです。さらに、精神的リラックス効果、保湿、引き締め効果などもあるそう。まだまだ石鹸づくりは始まったばかりですが、最初からテンションが上がり、ただただ感心するばかり!

1222-2.jpg

また、ローズと合わせてエッセンシャルオイルも入れました。ローズの石鹸に入れたオイルは「ローズゼラニウム」です。オイルにも効能があり、ホルモンバランスを整えたり、お肌につけると皮膚のバランスも整えてくれるそう。

何だか作るのがとても楽しみになってきました!

次にパセリの石鹸です。パセリの効能は、ビタミンA、B、Cにカルシウム、マグネシウムが含まれており、食欲増進や胃をすっきりさせる効果があるそうです。また、パセリも炎症を抑える効果があり、肌荒れなどにも効くそう。何だかパセリの石鹸にも素敵な効能がありますね。

1222-3.jpg

そして、パセリに入れたエッセンシャルオイルは、「ティートゥリー(Tea-tree)」。ティートゥリーは抗菌作用が強く、オーストラリアのアボリジニの人たちがこの木の葉でお茶を入れたことに由来しているそうです。なるほど、それで「ティートゥリー(Tea-tree)」なんですね。

さ、石鹸の効能の勉強をした後は、石鹸づくりを開始!みなさんそれぞれ好きな型を選び、石鹸の原料になるグリセリン配合の石鹸を適量手に取ります。

122-4.jpg

そして、レンジで温めて石鹸の原料を溶かします。そこに最初に説明をしていただいた、ハーブとエッセンシャルオイルを入れます。

1222-5.jpgローズの石鹸

1222-6.jpgパセリの石鹸

そして、あとは固まるのを待つのみです。待っている間はハーブとアロマについてのお勉強をしました。

1222-7.jpg

今回のお茶会までは、ハーブとアロマの違いをよく分かっていませんでしたが、平澤さんのお話を聞き、「ハーブ=草」ということを知りました。ですので、ハーブとアロマは抽出方法が違うだけで、元は同じ草から出来ているものなんですね。

さてさて、お勉強をしている間に石鹸が固まってきました。みなさんそれぞれ自分の型から石鹸を取り出し完成です!!

1222-8.jpg

1222-9.jpg

最後はみなさんで自分の作った石鹸を持って記念撮影!

1222-10.jpg

とっても楽しく、勉強になった1時間半でした。今回参加出来なかったみなさんも、これから色々なテーマでお茶会を開催する予定ですので、ぜひ参加してみてくださいね!

(曽我直子)

この記事へのリンク

« Frohe Weihnachten ! メリークリスマス! | メイン | ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました! »