2011年01月26日

地球時計をコマ撮り

地球日記

地球時計を丸一日(24時間)ずっと撮影したものをYouTubeにアップしてみました。

深夜0時頃から撮影をはじめたので、日本は最初奥に隠れて見えませんが、自転とともに徐々に姿を表します。(手前の12に来ている地域がちょうどお昼12時を迎えているところです。)一日24時間を2分弱に短縮しているため動きが早いですが、ガラスドームの中で地球の動きが再現されているのがわかります。

同じ設定で建設現場の風景も撮影してみました。

右隅に注目すると、0:59ぐらいから電車の走っていない時に鉄道のレールを使って資材が運ばれてくる様子が見えます。一瞬ですが0:40に点呼と作業前の準備体操らしき動きも...!?

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2011年01月24日

鳥の王国とふゆみずたんぼ

プロジェクト裏話

地球リポートの取材で、宮城県の蕪栗沼(かぶくりぬま)を訪れました。ここは、世界でただひとつ、周辺の水田も含めてラムサール条約に登録されている湿地帯です。人の暮らし(農業)と自然が見事に調和している土地で、無数の鳥たちが楽しそうに暮らしています。「日本に、こんなに素敵な場所があったんだ!」と日本人であることがちょっと誇らしいような、豊かな気持ちになった取材でした。

fuyumizu.jpg
冬に田んぼに水をはる「ふゆみずたんぼ」は、四季を通じて生命の循環が途切れない工夫。取材したときは、見渡す限り凍っていました。

kabukurinuma.jpg
日が沈む頃、周辺から無数のガンやハクチョウが、大騒ぎしながらねぐらに帰ってきます。蕪栗沼だけでも6-7万羽の鳥たちが戻って来ます。豊かな生物多様性がなければ、これだけの鳥が暮らすことができません。人間も、その恩恵を受けています。

kanban.jpg
沼の中心に向かう道の入り口に、こんなお茶目な看板がありました。この土地に暮らす人にとっては、毎日この光景が繰り返されているわけですから、生きものと人間がとても自然に、近い距離で暮らしているのです。

詳しいリポートは、2月初旬に「地球リポート」でお届けする予定です。お楽しみに!
(上田壮一)

この記事へのリンク

2011年01月13日

Think the Earth Paper Vol.7配布場所一覧

プロジェクト裏話

こんにちは、曽我です。
昨年末に発行した、Think the Earth Paper第7号の配付場所をリストアップしました!(Think the Earth Paper第7号の詳細はこちら

20110113-1.jpg

Think the Earth Paper Vol.7配布場所 (1月13日更新)
───────────────────────────────────
【北海道】
・小樽エビスガーデン(レストラン)(小樽市)
エコロジー雑貨&オーガニックフードEarth Cover(札幌市)

【山形県】
株式会社カイノ電器(寒河江市)

【東京都】
Island Gallery(京橋)
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)(青山)
ブラウンライスカフェ(神宮前)
野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi -くるみ-(移動販売)
from Earth Cafe "OHANA" (三軒茶屋)
地球雑貨 ふろむ・あーす(三軒茶屋)

【神奈川県】
へっころ谷:天然創作料理と手打ちほうとう(藤沢市)

【石川県】
ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ(金沢市)

【大阪府】
SEWING TABLE COFFEE(星ヶ丘洋裁学園内)

【兵庫県】
Cafeびすたーれぃ(神戸市)

【福岡県】
トラットリア サーラ・カリーナ(久留米市)

【熊本県】
・モリコーネ(イタリア料理店)
・NINI(カフェ)


───────────────────────────────────

まだまだ、お店やイベントスペースで設置していただける場所を募集しています。
申込は下記URLより登録お願いします!
https://pro.form-mailer.jp/fms/7ddc7b4114719

★お問い合わせ★
tte-office@thinktheearth.net (@を半角に変換)、曽我までご連絡ください。


(曽我直子)

この記事へのリンク

2011年01月10日

地球型熱気球「WONDER GLOBE号」完成!

地球日記プロジェクト裏話

あけましておめでとうございます。
Think the Earthプロジェクト事務局の長谷部です。

今年の年末年始、関東地方は雲ひとつ無い良い天気に恵まれ、美しい初日の出を見られた方も多いのではないでしょうか。

さて、先週から仕事始めとなったThink the Earthプロジェクト、
さっそく素敵なお客様が来て下さいました!

NPO法人・熱気球運営機構代表 町田耕造さんです。
町田さんは、大学の探検部時代、熱気球に夢を持ち、試作・初飛行を行いました。1973年には、国内の熱気球仲間に呼びかけ、日本熱気球連盟(現:日本気球連盟)を設立されました。

そして昨年11月、直径約15mの地球をかたどった美しい熱気球「WONDER GLOBE号」が完成!

球皮には、実際に宇宙空間から撮影した地球の画像に雲画像を再現したリアルな美しさが!
kikyu01.jpg

地球型熱気球「WONDER GLOBE号」が息を吹き込まれて大きくなる様子。
kikyu02.jpg
地球の約1/85万の大きさです。
こんなに大きな地球儀!その大きさに圧倒されてしまいます。

宇宙から見た美しい地球をそのまま熱気球にして、子どもたちに体験してもらいたい。
そんな思いで「ワンダーグローブ・プロジェクト」を立ち上げた町田さん。
私たちThink the Earthプロジェクトとワンダーグローブ・プロジェクト、
同じ想いをもった二つのプロジェクトが集い面白いことが始まりますよ!

kikyu03.jpg

2011年のThink the Earthプロジェクト、ますますHappyな企画が盛りだくさん!
お楽しみに!!

この記事へのリンク

1