2011年05月23日

Think the Earth基金の支援先を訪問=RQ編

地球日記お知らせ

Think the Earth基金で寄付をさせていただいた、NGO/NPOの訪問記、第二弾です。
お読みいただけると、うれしいです。

5月17日(火)
SVA(シャンティ国際ボランティア会)の次に向かったのは、RQ災害救援センターが本拠地としている、登米市の旧鱒淵小学校です。
登米は、内陸部で比較的被害が大きくなく、気仙沼や南三陸、陸前高田など、被害の大きい沿岸部にアクセスがしやすい場所にあります。RQは、この登米本部他4カ所の沿岸部で、炊き出し、物資提供、ボランティア派遣等を行っています。

総務班のガッキーこと、新垣(しんがき)さんにお話を聞きました。(お写真撮り忘れました!)

本部拠点は旧鱒淵小学校の体育館。すぐ隣は避難所になっていて、最初は被災者の方のプライバシーを大切にするために行き来を控えていたけれども、次第に交流の機会も増えているとのこと。
RIMG2847 のコピー.JPG

RIMG2876 のコピー.JPG

運営はすべてボランティア。1日〜1ヶ月以上と、滞在期間は様々ですが、みんなが守るべき生活ルールを基本にしてます。
RIMG2858 のコピー.JPG

ボランティアは5チームに分かれています。ボランティアのための炊き出しを行うキッチン班があるのが、RQならでは。
RIMG2859 のコピー.JPG

RQは、「NPO 法人日本エコツーリズムセンター」が中心となって、震災直後に結成されました。もともと、農山漁村に拠点をおき、野外教育や自然体験活動をやってきた人たちが核となっていて、水も電気もない被災直後の緊急時に、いち早く現地に入って、物資を届けてきました(自衛隊ほどではありませんが、衣食住を自己完結できる人たちなのです)。

そして、その機動力を活かして、公的支援が届きやすい避難所ではなく、数軒で自主避難している小規模の避難所を中心に、被災者と対話しながら刻々と変わるニーズに応じた支援活動を行っています。大きな避難所暮らしの方たちも大変なことに変わりはありませんが、個人の家にも、避難してきた人たちを何人も受け入れていて、かつ、まだライフラインが回復していないところがあるとのこと。
公的機関のできること、RQのような組織ができること、それぞれ必要ですね。

最近は、RQの活動を知った地元、登米の人たちが、自分のお風呂を解放してくれたり、食材を届けてくれたりと、気持ちの交流が生まれています。
また、「ちゃんと見て欲しい」と、ボランティアを、被災した自分の家に案内してくれた避難所の方もいたそうです。

5チームに分かれている班には、それぞれリーダーがいますが、すべてボランティアの手による運営なので、リーダーも週替わり、あるいは数日後に交替なんてことも。
でも、みんなが基本ルールに則って、自主的にやるべきこと(=被災者支援)をやっているので、うまくまわっているのだといいます。なので、指示待ちの人にとっては、ちょっと居づらい場所かもしれないとのこと。あと、チームで動くので、単独行動を好む人は向かないかもしれない、と個人的には思います。


●フロアー班によって仕分けられた物資たち
RIMG2874 のコピー.JPG


宮城県に数ヶ所あるRQの拠点には、新幹線やバスなどの公共交通機関や車でアクセスできます。「どうやって現地に行ったらいいかわからない」という人はこちらの『各拠点の活動・アクセス方法』を参考にしてみてくださいね。

http://www.rq-center.net/volunteer

また、"自力での移動が基本"ですが、東京本部(西日暮里)から登米の現地本部までバスを運行して、ボランティアのサポートをしています。
週2回の説明会情報とともに、こちらをご覧ください。

http://www.rq-center.net/rqsetumeikai


●ボランティア入口。この中に物資が詰まれ、ボランティアが寝泊まり。
RIMG2850 のコピー.JPG

RIMG2857 のコピー.JPG

●テントのない人は余っていれば借りることもできるけど、こんな場所もあります。
RIMG2862 のコピー.JPG


次回は、難民を助ける会編です。
(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2011年05月23日

Think the Earth基金の支援先を訪問=SVA編

地球日記お知らせ

今回、短い間ですが、震災ボランティアに行ってきました。
その前に、Think the Earth基金で寄付をさせていただいた、NGO/NPOのいくつかに、訪問し、活動の様子をうかがってきたので、ご報告します。


5月17日(火)
早朝5:40、仙台着。駅前はまだ静か。
ぱっと見、震災の被害は見受けられないほど。
駅のマクドナルドは営業してました。

9:30、気仙沼に向けて出発。
震災当時は停電や断水などもあったし、避難をされていた方もいたと聞いていたけれど、市内は日常を取り戻しつつあるように見えました。もちろん、見えないところで、まだ支援を必要としている人がいるはずですが。

陸上自衛隊仙台駐屯地の前を通り過ぎ、三陸自動車道に。
高速から見えるのは、のどかな田園風景そのもの。
登米で高速を降りてしばらくも、景色は相変わらず。
ここからわずかのところに、未曾有の津波被害を受けた地域があることが、正直、想像できません。
RIMG2802 のコピー.JPG

私だけかもしれませんが、被災地の悲惨な映像をずっと見続けているせいで、仙台から一歩出れば、そこで何らかの被害の光景、非日常的な状態を目にするものだと、覚悟していました。勘違いしていました。
でも、実際は震災から2ヶ月経っていて、地域の人たちや自衛隊やそのほかいろんな人たちのがんばりで、初期復旧できるところはしているし、『津波』の被害があるところとないところで、「見た目」に大きな違いがあるんですね。
(これが今回の震災の特徴だと、さんざん言われてきたけれど、実際に見て、その歴然とした違いの意味がやっとわかった気がします。

仙台を出て約2時間半で気仙沼。シャンティ国際ボランティア会(SVA)が今回の震災を受けて開設した事務所に到着。
RIMG2807 のコピー.JPG

お寺の駐車場の一角を借りたプレハブの建物で、常時20-30人のスタッフ・ボランティアが寝泊まりしながら、主に気仙沼・本吉地区の支援を行っています。
同じお寺の敷地内には避難所があり、今も30人の方が避難生活を送っているとのこと。
SVAではこの避難所も含め、本吉地区の9つの避難所に約250食の食事を提供しています。
(気仙沼市全体で、一時期百数十あった避難所は、5月20日現在59カ所、避難所で生活している方は4,160人。この他、親戚や知人の家に避難している人も多い。市の人口は約73,363人。)

RIMG2827 のコピー.JPG

震災の翌週に被災地に入ったSVAは、緊急の支援物資配布を行ったのち、ここ気仙沼でボランティアセンターの立ち上げに関わりました。社会福祉協議会自体が被災していたため、書類も何も残っておらず、まずは運営体制を整えるところからのスタートだったとのこと。もちろん、職員さんたちも被災者だから、その苦労は相当なものだったでしょう。
そんな中、SVAのサポートは大きかったのではと思います。

現在は上記のような炊き出し、物資支援を行いながら、子どものための遊び場づくりや、地域の方の話を聞き、必要なものはなにかを拾いだす活動を続けています。

●日本財団から提供を受けたトラック。これで物資や炊き出しの材料を運びます。
RIMG2810 のコピー.JPG

「今後も、市やボランティアセンター、気仙沼で活動する他のNGO等と連携をとりながら、地域との関わりを何より大事にしていきたい」と、白鳥さん。
「これからは、人と知恵の横広域連携が必要です。この地域は、もともと震災前から過疎の問題がありました。でも、自分たちはここに10年先も20年先もずっといて、地域をになっていける訳ではありません。地域に若い世代が残り、お年寄りが暮らしやすい地域づくりをするためのお手伝いが少しでもできればと思っています。そのためにも、最低1年、できれば2年はここに残り、地域の方との信頼関係を築いていきたい」と話してくれました。

●事務所スペースと
RIMG2826 のコピー.JPG

●スタッフの生活と物資の準備等を行うスペース
RIMG2816 のコピー.JPG

●段ボールの向こうには、仮設のシャワールームが。数週間前に水道が通ったとのこと。
RIMG2818 のコピー.JPG

●壁には炊き出しのスケジュール等が書かれています。
RIMG2820 のコピー.JPG


ちなみに、SVA気仙沼でボランティアをしたい場合は、最低1週間以上来られる人に限っています。TOTOの労働組合は、毎週交替で社員を派遣しているとのこと。伺った時にも、避難所のニーズを聞き取ってエクセルの表を作成している社員の方に出会いました。


スタッフの白鳥さん(左)と東さん(右)。真ん中にいるのはカナダから来たボランティアのジェイソン。何年も前に、宮城に留学していたことがあり、今回の震災を聞いて駆けつけたとのこと。
RIMG2813_s.jpg


(気仙沼本吉の海岸線から3kmくらい内陸の川沿いの風景)
道路に立って右を見て
RIMG2838 のコピー.JPG

左を見ると
RIMG2839 のコピー.JPG
その違いに、言葉をなくします。


次回は、RQ災害救援センターへの訪問記です。

(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2011年05月19日

Think the Earth Paper第8号設置場所のお知らせ

プロジェクト裏話お知らせ

こんにちは、曽我です。
4月に発行したThink the Earth Paper最新号の設置場所をご紹介します!

ttep8-011.jpg

Think the Earth Paper Vol.8 配布場所 (5月19日更新)
───────────────────────────────────
※順不同
【北海道】
エコロジー雑貨&オーガニックフードEarth Cover(札幌市)

【山形県】
株式会社カイノ電器(寒河江市)

【宮城県】
せんだいメディアテーク(仙台市青葉区)

【東京都】
Island Gallery(京橋)
野菜ソムリエのスープ屋さん kurumi -くるみ-(移動販売)
from Earth Cafe "OHANA" (三軒茶屋)
地球雑貨 ふろむ・あーす(三軒茶屋)
IID 世田谷ものづくり学校(世田谷区池尻)
港区エコプラザ(港区)
Only Free Paper(渋谷区)
ウィーガンマフィン屋「七曜日」(目黒区)
Tokyo Family Restaurant(渋谷区)
SAN BAN CHO CAFE(千代田区三番町)
Kitchen Dog!(港区南青山)
BANGS BEAUTY SALON(渋谷区神宮前)
irodoriya(渋谷区)
スタジオ・ヨギーTOKYO(千代田区)
うつわの店 PARTY(目黒区駒場)
CAFE246(港区南青山)
BOOK246(港区南青山)
RESPECT(渋谷)
WIRED CAFE(渋谷)
DESIGN HUB(港区)

【静岡県】
standard e(静岡市葵区)
・野田総金物店(駿東郡)

【神奈川県】
へっころ谷(藤沢市)
濱田屋(茅ヶ崎市)
cafe canon(藤沢市)
ART LAB OVA 横浜パラダイス会館(横浜市中区)

【石川県】
ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ(金沢市)

【大阪府】
すばるホールプラネタリウム(富田林市)
・いっぷく亭(守口市)

【京都府】
吉田屋料理店(京都市中京区)

【兵庫県】
Cafeびすたーれぃ(神戸市)

【福岡県】
トラットリア サーラ・カリーナ(久留米市)

【長崎県】
monne porte(モンネポルト)(波佐見町)


───────────────────────────────────

まだまだ、お店やイベントスペースで設置していただける場所を募集しています。
申込は下記URLより登録お願いします!
https://pro.form-mailer.jp/fms/7ddc7b4114719

★お問い合わせ★
earth-communicator@thinktheearth.net (@を半角に変換)、曽我までご連絡ください。


(曽我直子)

この記事へのリンク

2011年05月17日

ap bank Fund for Japanのボランティアのに参加しましたー石巻市

地球日記お知らせ

こんにちは、曽我です。
311の東日本大震災から早2ヶ月。先週末ap bank Fund for Japanのボランティアに参加しました。行き先は宮城県石巻市。テレビやネットでみる情報と、被災地に行った人から聞いた話を自分なりに整理しながら、初めていくボランディア活動に緊張や不安を抱きつつ現地入りしました。
※ ap bank Fund for Japanは、国際交流NGOピースボートとの相互協力により、ボランティアの募集を行っています。

まずはじめにボランティア説明会に参加し、現地でどのような活動をするのか話を聞きます。説明会の会場についたときにざっと100名くらいの方が集まっていました。1時間くらいでapバンクのスタッフの方、ピースボートのスタッフの方が現地の様子とボランティアの活動内容を教えてくれます。説明会が終ったあとは、チーム分けをし、オリエンテーションが始まります。

行く前からチームが結成され、リーダーを決め、出発当日まではリーダーを中心に連絡を取り合うので、この時点で初めて行くという不安が少し解消されました。

出発当日はチームごとに集合し、点呼が完了したらバスに乗り込みます。一週間の間にお互いに連絡を取り合っているので、仲間意識が芽生え、不安はより一層なくなりました。金曜日の22時頃にバス2台で新宿を出発。実際に参加した人数は77名。GWのときと比べると半分に減っているそうです。

001.jpg

約8時間くらいかけ宮城県石巻市に到着しました(実際の走行時間は5時間ほど)。活動の拠点は石巻専修大学。本当にここが被災地なんだろうか、というほどとてもきれいで素敵な場所でした。

到着後はapバンクのテント組と個人で持ってきたテント組に分かれて活動の準備を始めます。何チームかに分かれて作業場所が異なり、それぞれ東京からきたバスに乗り込み作業道具置き場に出発します。私たちの活動場所は住吉地区。全壊、半壊地区ということでした。

移動中、スタッフの方が現地の様子を説明してくれました。2ヶ月の間に本当にきれいになったとのこと。バスの中からみる限りは311の津波の様子は想像できませんでした。

ただ、道具を手に取り自分の足で作業場所まで移動する途中、津波の被害が目の前に広がり、ただ呆然と眺めながら歩いていました。

033.jpg

017.jpg

091.jpg

私たちが活動する場所は住吉公園、大島神社でした。


大きな地図で見る

008.jpg

007.jpg

作業内容は、泥だし班、瓦礫撤去班に分かれひたすら作業しました。しかし、元の神社の様子や公園の様子がわからないのでどこまで泥を出せばいいのかわからず、スタッフの方も頭を悩ませていたら、2日目のお昼に住吉公園愛護会の会長さんが来てくださいました。会長の佐藤さんからは大島神社の歴史やお祭りの様子を伺うことができました。この場所は毎年夏に開かれる石巻川開き祭りの会場となっており、前夜祭や水上行事「孫兵衛船競漕」で多くの来場者で賑わっているそうです。

026.jpg

そうと分かればとにかく自分たちができるところまで泥と瓦礫を撤去するのみ!どうしたら作業がうまく進むのか、何度も何度もリーダー同士で打ち合わせをし、目標を決め、各チーム同士でも協力し合い、泥だし班はひたすら泥を土嚢袋に入れて作業、瓦礫班はとにかく瓦礫を撤去しました。

013.jpg

015.jpg

059.jpg

069.jpg

2日目の最後、泥に埋もれていた参道をキレイにし、神社側の泥と瓦礫はすべて撤去できました!最初はゴールも見えず、元の状態もわからないのでどこまで作業をすればいいのか本当にわかりませんでしたが、みんなで力を合わせればたった2日間でもできることはあるんだ!と強く感じることができました。

071.jpg

作業が終ったあとは商店街に戻り、少しずつ再開を初めているお店に立寄り買い物したり、石巻市内が一望できる日和山に行くことができたりと、スタッフの方がボランティア活動以外の時間も作ってくれました。作業中も、商店街を歩いているときも、買い物しているときも、地元の方がすれ違うと、皆さん「ありがとうございます」と声をかけてくださいます。その一言一言がとても身にしみて、日本中、世界中の支援の想いは被災地の皆さんに届いていると感じました。

_01.jpg日和山からの風景

今回短期ボランティアに参加してわかったことは、
●初めてのボランティアでも受け入れ態勢が整っている団体だと安心して参加することができる。
●たった2日間という考えではなく、2日間でも参加したみんなで力を合わせれば少しでも復興に近づくことができる。
●被災地の方には日本中、世界中の支援の想いは伝わっていて、本当に皆さんが感謝して生きているということ。
●今回参加したapバンクのスタッフの皆さんはボランティアの方が参加しやすい体制を頑張って作っているということ。
●毎日作業後にチームごとにミーティングをし、改善点や要望、意見など、スタッフの方に伝える機会があることが継続的に続くことに繋がる。

・・・など、上げればキリがありません。最近ではリピーターの方もいるそうで、継続的にボランティアに参加している方が増えているそうです。実際、今回も2回目の方も何名かいて、私も来週末2回目の参加をしようと思っています。

2日目の作業後、テントに戻ったときにチームのみんなで写真を撮りました。
095.jpg

チーム単位で活動したことによって団結力が強くなり、作業の効率が上がった気がします。ただ、最後の作業に取りかかるときはチーム関係なく、みんなで力を合わせたのがとても素晴らしかったと思います。

最後の最後、帰る直前は全チームで話す場があり、各チームのリーダーが代表でそれぞれの想いを発表しました。今回ボランティアに参加したことによって、色んな方の話が聞けたこと、色んな人と話すことでができたことも、とてもよい経験になりました。

最初にも言いましたが、311の東日本大震災より約2ヶ月。スタッフの方が言っていたことは、「震災当初に比べると街は回復しつつあるものの、まだ100分の1終ってるか終ってないかわからない。被災したのは石巻市だけではなく、この状況が東北沿岸部から関東沿岸部まで続いている。継続的な支援が必要だ。だから皆さん帰ってきてください!」と。

日曜日の夜、バスを見送る時に「いってらっしゃい!」と言われ東京に戻ってきました。だから私たちは「いってきます!」と言って東京に帰ってきました。着いたのは朝の4時半。参加したみんなは色んな想いを掲げ、元気に出社することを約束して別れました。

002.jpg

もしボランティアに行くことに不安を抱えてる方がいれば、現地のスタッフの方はとても一生懸命受入れ体制を作っているので、勇気を出して行ってみてください!GW以降ボランティアの人数が減ってしまったそうですが、まだまだ終っていません。短期ボランティアでもできることはたくさんあります。

とても長い報告となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

(曽我直子)

この記事へのリンク

2011年05月10日

Earth day TOKYO 2011、出展しました。

地球日記

アースデイ東京、今年も出展しました。

今年は、「エールアートプロジェクト」とコラボレーション。新しくつくったThink the Earthプロジェクトオリジナルノートも、この日が初のお目見えとなりました。

ブースの中の風景。
earthday01.jpg

子どもたちがたくさん参加してくれました。
earthday02.jpg

「地球note」もちらっと見えますね。
earthday03.jpg

立ち上げた「Think the Earth基金」も受け付けました。
earthday04.jpg

earthday05.jpg

earthday06.jpg

個人的に参加した紙すきのワークショップの作品です。
earthday07.jpg.JPG
クリスマスに、みんなでつくった紙すきをタペストリーにして被災地に送ろう、というプロジェクトでした。みなさん、素敵なアイデアをいろいろ考えますねー。

ちなみに、紙すきには、流しすきと溜めすきの2種類あるそうです。今回わたしが体験したのは溜めすき。コウゾを溶かした水をボウルに入れて、網の張った枠に流し込んで、ぽたぽたと水が自然に落ちていくのを待ちます。枠をゆさゆさ揺すって漉すのは流しすき。

hagemashi_art
http://twitter.com/#!/hagemashi_art

エールアートプロジェクト
http://yellart.jp/

被災地のクリスマスに元気を届ける!
「imagine ! ひとりじゃないよ!」(日本和紙造形研究所)
http://washizokei.jp/imagine.html#pagetop


(谷口西欧)

この記事へのリンク

2011年05月08日

製本工房・美篶堂

Think the Earth SHOP

先週の日曜日、製本工房・美篶堂のワークショップに参加してきました。

選んだ文庫本を一冊、好きな布で製本して自分だけのオリジナルの一冊をつくります。

自分がどの工程を行っているのかよくわからない状態から、次第に本として仕上がっていくのが見えてきた瞬間は、思わず笑みがこぼれてしまいます。

自分でやってみると、しおりのヒモの取り付け方や、背表紙と本体のスキマ、カバーに折り目をつくる仕組みがよくわかります。
img_20110511.jpg

これまでどういう風になっているのかな、と興味をもつこともなかったのですが、これからは同様の本をみる度に、背景にある"仕事"が少し垣間見えて、世界が広がりました。

最後に、完成した本を並べてぱちり。プレゼントするのもきっと素敵ですね。
20110507_03.jpg

さて、そんな美篶堂とThink the Earthプロジェクトがノートをつくりました。上品な紺色の布地に、地球や月を銀の箔押しでちりばめたカバーが気に入っています。中身のノートはリフィルタイプになっています。使い終わっても中身を購入すれば、継続して使えます。

20110508_05.jpg

20110508_06.jpg

地球note 販売ページへ
http://www.thinktheearth.net/jp/shop/

(谷口西欧)

この記事へのリンク

1