2011年08月16日

暑い夏を涼しくたのしむ3つのおすすめ

おすすめ infoみずのがっこう

皆さんは今年の夏をどのようにお過ごしですか?

先週からお盆休みで、帰郷されていた方も多くいらっしゃいますよね。私は周囲から「田舎で夏の味覚をたっぷり堪能してきた!」という話や、「子どもと日常に佇む自然を体感しています」という声を耳にしました。自分も都心に居ながらもなにか....と考えた末、8月からは毎週のように、故郷の果物を買ってきては、食べながら夏を味わっています。(幼少からスイカが大好物)

さてThink the Earthの夏といえば、毎年恒例のみずのがっこうです。今年は一段と大きなうねりを描きながら、水は今日も変わらず、地球をめぐっています。

早々と向日葵は種をつけ、トンボが舞う姿を見かけるこの頃、自然の移り変わりを横目に「実は、まだ夏らしい時間を過ごせていない...」という方、「子どもは楽しんでも、自分の夏休みはまだだな」という方、「今年は屋内で夏を感じようと思っているから」という方にも是非お勧めしたい、水にまつわる"おすすめ授業"を3つご紹介します。


【おすすめ1】
mizumonogatari_.jpgみずものがたりー46億年 地球をめぐる水の旅ー

みなさんは最近、プラネタリウムに足を運んでいますか?
ここ十数年の間で技術は飛躍的に進歩し、いまやドームに星を映すだけでなく、ハイビジョンの何倍もの高精細な映像を投影できるようになったのです。

ビジュアルエコブック『みずものがたり』を原作にした本作品は、関東(神奈川県)で初上映中。地球をめぐる水の壮大な旅路を観られるのは8月31日(水)まで。ぜひお見逃しなく!!(→詳細はこちら

20110817_01.jpg
また、今週末は小学生を対象に「地球をめぐる水のアクティビティ」を行います!
夏休みの想い出に、親子でプラネタリウムを観て、ワークショップに参加しませんか。


【おすすめ2】
kanbatsu.jpg

副校長 橋本淳司さんとおくるスペシャル授業が間もなく始まります!
この授業は、皮むき間伐を提唱する大西先生と、太陽光エネルギーファンドの先駆者である原先生と一緒に、日本を象徴する富士山の傍で、水と森を感じる対話型ワークショップです。

kanbatsu2.jpg(C)NPO法人森の蘇り

日本には今も脈々と続く、自然と寄りそう暮らしがあります。茹だるような都市の日常から一歩でて、清涼感たっぷりの森で"いきものを潤す水""水を育む森""森から生まれるエネルギー"について、皆さんと一緒に対話しませんか。

「興味はあるのに、夏は予定がいっぱいで。一日だけでも参加したいのですが...」という声にお応えし、本日から【一日割】【学割】を設けました!!8月27日か28日のどちらかでも、参加したいという方は、急いでお申し込みください!(→詳細はこちら


【おすすめ3】
earthreport.jpg
橋本副校長はこの夏、地球リポートでも、水の授業を展開されました。
タイトルは「水道シフトをおこそう! 震災を機に見なおされる生物浄化法」です。

東日本大震災を受け、エネルギーを多く使う都市型浄水方法の"急速ろ過"に、改めて疑問を投げかけている橋本淳司さん。これまで積み重ねてきた取材をもとに、全国での事例も挙げられているので、日本各地の水道トレンドが読みとれます。

earthreport2.jpg

私も二度取材に同行させてもらい、浄水場を目の当たりにした感想は「簡素」の一言。なのに、そこを通る水は「ダイナミック」に浄水されていると知り、二倍驚きました。

大量の電気で浄水する方法ではなく、"いきもの=生物が浄水する方法"について知ると、戦後の政策はいかに「湯水の如くエネルギーを使う」ことをベースに考えられていたかを痛感します。じっくり、屋内で読み込むことで学べる"おすすめ授業"の1つです。


みずのがっこうの夏は8月でようやく折り返し地点。9月から10月のキーワードは「川」「食農と水」「日本酒」です、お楽しみに!
暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。


(風間美穂)

この記事へのリンク

« 地球人大演説会ーEARTHLING 2011ーまであと2日!! | メイン | Think the Earth基金 支援先の活動 NPO法人田んぼ »