2011年08月22日

世界のごちそう「パレルモ」へ

地球日記おすすめ info

こんにちは、曽我です。

先日お休みを頂き、実家に帰っていました。私の実家は兵庫県伊丹市という場所で、大阪にも神戸に行きやすく、とっても住みやすい地域です。

学生の頃は神戸寄りの隣町、西宮市の学校に通っていたので、神戸出身の友人が多く、神戸で遊ぶことがとても多かったです。今回の帰省中も神戸の友人と会いました。

今回友人が私に勧めたいレストランがあるということで、車で東灘区のお店まで行ってきました。お店の名前は「パレルモ」です。パレルモは世界各国料理のお店です。

お店に入ったとたん、壁一面に世界の子どもたち笑顔が飛び込んできました!

pale02.jpg

「あれ?この写真絶対見たことある。MERRY PROJECTの写真にそっくりだ」と思い、オーナーの本山尚義さんに尋ねたところ、やっぱりMERRY PROJECTの写真だったのです!

pale03.jpg

本山さんは「自分の携わっている料理という世界を通じて世界の平和や人の気持を感動させられる事はないかという事を、お店をして、10年考え続けてきました。私に出来る事、私だから出来る事は無いかと。」とずっと考えていたようです。そのときに、水谷さんの「世界の子どもたちの笑顔」の写真に出会い、水谷さんの好意で写真をお店に飾ることになったそうです。

また、MERRY PROJECTの「世界の子どもたちの笑顔」だけではなく、前代未聞の長期フェア『世界のごちそうアースマラソン』というイベントも始めました。

pale04.jpg

世界のごちそうアースマラソンは2年間で全世界194カ国の料理をお出しする前人未到の長期フェアーのことです。本山さんは、「世界のごちそうアースマラソンをきっかけとして、今、自分が住んでいる地球で何が起こり、人々がどう感じながら生きているかを知っていただければ、うれしいです。」と語っています。

ーー世界の料理を食べるという事は、その国の文化に直に触れる事であり、単におなかを満たしたり美味しさを追求して食べるという事ではない。ーー【世界のごちそう】とは、より抜粋。

pale05.jpg

食べるということは、生きるということ。パレルモに行って、このことを思い出しました。

今回、友人の紹介でパレルモに出会い、出会いは無限だなと感じました。また、この縁がきっかけに、パレルモでもThink the Earth Paperを設置していただくことになりました!

世界のごちそうアースマラソンは来年の夏までの開催予定です。近くにお住まいの方、興味がある方はぜひ一度足を運んでみてください!素敵な子どもたちの笑顔と、本山さんの笑顔と、世界のごちそうが待っていますよ!

pale06.jpgオーナー : 本山尚義さん


(曽我直子)

この記事へのリンク

« Think the Earth基金 支援先の活動 NPO法人田んぼ | メイン | 世界のサムライジャパンを探して世界一周!サムライバックパッカープロジェクト »