2012年01月27日

もうすぐバレンタイン!ガーナの森を育てるチョコレートをご存じですか?

地球日記

雑貨屋さんや洋菓子屋さんの棚が、ハートやピンクに染まってきました。
もうすぐバレンタインなんですね。
帰りの電車で乗り合わせた女の子たちが、
バレンタイン本番に向けて、お菓子づくりの予行練習話で盛り上がっていました。
一生懸命な女の子たちを見ると、私もこっそり「うまくいくといいねー」と願ってしまいます。

さて、本日は一般社団法人チョコレボ・インターナショナルの代表理事 星野さんと、専務理事の岸さんがオフィスに来て下さいました!

チョコレボは、「チョコを選べば、世界が変わる。」 を合い言葉に、チョコレートに関わるすべての人(原料のカカオをつくる人、チョコを作る人や売る人、そのチョコを楽しむ人)が、みんなハッピーになれる持続可能な世界をつくることを目指して活動している団体です。

chocorevo.jpg

日本で作られているチョコレートのカカオは、その70%以上がガーナ産です。そのガーナを含む西アフリカでは、いま、貴重な森が年々減少しています。
チョコレボは、カカオの木の老齢化や森林の減少によりカカオ栽培の継続性を問われている生産者に、新しい苗木と日陰用樹木(バナナなど)の種を配り、オーガニックの自然農法でカカオの森を再生する取り組みを行っています。

今日はチョコレボさんから「ガーナの森をつくるチョコレート」をいただいちゃいました◎
(実は去年のバレンタインに、元Think the Earthインターンのなっちゃんがスタッフにプレゼントしてくれたのもこのコインチョコ。ふと1年前を思い出しつつ。)
RIMG0921.jpg

今年のバレンタインは、チョコレボ・ガーナプロジェクトが手がけたカカオを原材料に使い、有名老舗ブランド各社とのコラボレーションチョコが登場!

RIMG0919.jpg
RIMG0920.jpg
高島屋さんの「2012 タカシマヤ アムール・デュ・ショコラ カタログ」にもチョコレボが!

各百貨店さんとの素敵なコラボレーションは、チョコレボのwebサイトで紹介されています。
(オンラインストアでの購入もできるそうです◎)
Choco-Revo!! Valentine 2012

今年のバレンタインは、大切な人への想いとともに、
Happyな未来づくりへのメッセージもこめてプレゼントを選んでみませんか?

(長谷部 智美)

この記事へのリンク

2012年01月18日

ギャラリーMITATEに行ってきました

おすすめ info

先週末にギャラリーMITATEで華雪さんの「花と華」をテーマにした
「ことはじめ展」が開催されると聞いていたので、初日に行ってきました!


六本木ヒルズを過ぎてギャラリーMITATEに向う途中。
年もあけたのに、まだクリスマスなんじゃないかと見間違う町並み。

写真[12].jpg

最近来ることが増えた六本木。
大人なイメージのこの街で、今楽しみ方を研究中です。

すっと小道にそれて住宅街へ入り込むその手前に、ギャラリーMITATEがあります。
初めは場所がわかりにくいかもしれません。(私も迷いました)

そんなちょっと秘密のギャラリーにたどり着くと、そこに見えるは二つの部屋。

坂村さんの華の展示スペースはお花の鮮度を保つため、暖房を切っていることも
あり、空気がひんやり気持ちがいい。
水が滴る演出で、華の美しさはより際立っていました。
写真[4].jpg

一方華雪さんの書の展示スペースは、船舶用の電球の明かりが暖かな印象。
(こちらは暖房ありでした。笑)

写真[8].jpg

二十四節季七十二候の書き下ろしが一面に広がっています。
カレンダーで一枚一枚めくるのとはまた違った印象です。
真ん中には、今回のテーマでもある「花」の文字が。早く春が来ないかなー。

写真[11].jpg

今日は書初めのパフォーマンスもあり、外にも展示が飾られていました。
写真[2].jpg

気付けばなんだかんだで1時間もギャラリーに滞在してしまいました。
1月26日 (木)まで開催しているので、ふらりと訪れてみてはいかがでしょう?
オススメです。

ギャラリーMITATE/ギャラリー ル・ベイン

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2012年01月18日

コピス吉祥寺内のジュンク堂書店で、えこよみカレンダー販売中

Think the Earth SHOP

今年もよろしくお願いいたします。

一年を72の季節に分つ「二十四節気七十二候」をベースにした、「えこよみ」カレンダー。

始まりの「第1候」は2月4日の立春からです。

吉祥寺「コピス」にあるジュンク堂書店で若干在庫が残っているようです。

20120118_01.jpg

フェアがはじまると棚から下げてしまうこともあるそうですが、だいたい1月末ぐらいまで店頭においています、とのこと。地域限定の情報ですが、見て検討したいという方はぜひ。

(谷口)

この記事へのリンク

2012年01月13日

蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト

おすすめ info


2012年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

今年最初のスタッフブログは東北の話から。

ちょうど1年前、地球リポートの取材で初めて蕪栗沼(かぶくりぬま)を訪ね、10万羽のマガンの寝ぐら入りの光景や、「ふゆみずたんぼ」という農法に秘められた可能性に感動して以来、この一年は何度も通うことになりました。
その縁もあって、昨年の秋から、宮城県大崎市で始まった「蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト」に参加することになりました。僕は映像とウェブサイトの担当です。

蕪栗沼の自然と「ふゆみずたんぼ」については、以前地球リポートでご紹介した通りですが、今度は、その魅力を映像で伝えようと昨秋から撮影を続けています。

kabukuri2.jpg
田んぼのなかでの撮影


kabukuri1.jpg
タイムラプス撮影のために組んだやぐら。とにかく空が広い!


kabukuri3.jpg
ふゆみずたんぼで羽を休めるハクチョウたち

映像は仙台の映像ディレクター、高平大輔さんを中心とするチームと一緒に作っています。高平さんたちは、震災後から「Tomorrow at Daybreak」という、復興を願って被災地の夜明けを撮影するプロジェクトを続けています。

東北出身のスタッフばかりですが、仙台から車で1時間ほどのところにある蕪栗沼のことを知っていた人はほとんどいませんでした。東北に、こんなにも素晴らしい自然と、その自然と見事に共生している暮らしがあることを、広く世界に伝えたい。しかも、それは決して消えゆこうとしている暮らしではなく、日本が世界に提案できる一番新しい暮らしのあり方なんじゃないか。そんな想いで作っています。

映像の完成は2月下旬になる予定。下記のホームページで見られるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト

(上田壮一)

この記事へのリンク

1