2012年01月13日

蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト

おすすめ info


2012年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

今年最初のスタッフブログは東北の話から。

ちょうど1年前、地球リポートの取材で初めて蕪栗沼(かぶくりぬま)を訪ね、10万羽のマガンの寝ぐら入りの光景や、「ふゆみずたんぼ」という農法に秘められた可能性に感動して以来、この一年は何度も通うことになりました。
その縁もあって、昨年の秋から、宮城県大崎市で始まった「蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト」に参加することになりました。僕は映像とウェブサイトの担当です。

蕪栗沼の自然と「ふゆみずたんぼ」については、以前地球リポートでご紹介した通りですが、今度は、その魅力を映像で伝えようと昨秋から撮影を続けています。

kabukuri2.jpg
田んぼのなかでの撮影


kabukuri1.jpg
タイムラプス撮影のために組んだやぐら。とにかく空が広い!


kabukuri3.jpg
ふゆみずたんぼで羽を休めるハクチョウたち

映像は仙台の映像ディレクター、高平大輔さんを中心とするチームと一緒に作っています。高平さんたちは、震災後から「Tomorrow at Daybreak」という、復興を願って被災地の夜明けを撮影するプロジェクトを続けています。

東北出身のスタッフばかりですが、仙台から車で1時間ほどのところにある蕪栗沼のことを知っていた人はほとんどいませんでした。東北に、こんなにも素晴らしい自然と、その自然と見事に共生している暮らしがあることを、広く世界に伝えたい。しかも、それは決して消えゆこうとしている暮らしではなく、日本が世界に提案できる一番新しい暮らしのあり方なんじゃないか。そんな想いで作っています。

映像の完成は2月下旬になる予定。下記のホームページで見られるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト

(上田壮一)

この記事へのリンク

« AQUA SOCIAL FES!! 2012 記者発表に行ってきました。 | メイン | コピス吉祥寺内のジュンク堂書店で、えこよみカレンダー販売中 »