2012年02月24日

福島の動物シェルターからの宿題

地球日記

sora01.jpg
こんにちは。2月某日、TtE猫部初の移動教室で、福島市内の被災犬シェルターを訪問してきました。長くなりそうですがしばしおつきあいください。

sora02tori.jpg
JR福島駅から奥羽本線で2駅。最寄りの庭坂駅を降りると、そこは雪国でした。目指す一般社団法人SORAのシェルターはあの山の方かな。

午前8時。スタッフ佐藤さんの車にピックアップしていただき、目的地へ。徐々に雪深くなる山道を進みたどり着いたそこには...、ブログで予習していたこの景色が広がっていました。
sora03.jpg

奥の白い建物がシェルター。左右にぽつぽつ見える木づくりの四角いのは犬小屋です。ここには2012年2月現在30匹弱のワン達が暮らしています。20キロ圏内からレスキューされた子たち、避難暮らしが続く家族からの依頼で預けられている子たち、そして新しい家族を待っている子たち。

シェルターの作業は彼らをケージのある建物の中からこの大空の下、雪の積もる大地に連れ出すところから始まります。
sora04.jpg

ワン達が外に出たら、お次はシェルター内のケージ清掃。私、以前このブログで伝えたとおり、震災後に猫シェルターでお掃除ボラをしていました。「お掃除なら私もできますので!」なんて事前電話で佐藤さんにアピールしていましたが、これが...、カルチャーショック笑。

当然ですが、犬と猫じゃ排泄物のボリュームはちがう。中には夜中のうちにケージでがまんができなくなっちゃう子だっている...いや、これこそ、命が朝を迎えるってことなのだよな。私の想像力が足りなかった。そんなことを考えながら、ボランティアのみなさんと数十分。無言でがしがしお掃除しました。

sora05.jpg
外で朝ごはんをもらったあと、雪景色に溶け込むワン達。

作業の合間、スタッフの佐藤さんにお話を聞きました。
sora06.jpg

私の質問よりも早く、口火を切ったのは佐藤さんでした。

「あの...時間と気持ちのある人たちを、気持ちがあれど時間だけがどうにもない人たちが支える仕組みを作ってもらえませんか?」

実はこの日は、ボランティアさんは人数的に充実していた。全国各地からいろんな肩書きの方たちが、駆けつけていた。
(正直、あれ、人員は潤沢なのかしら、なんて思った)

sora07.jpg

いや、でもこれ、違うんですよね。ほとんどが首都圏や関西地方からのボラさん。平日はゼロなんて日もざらじゃない。佐藤さん一人で30匹の犬たち、別の場所にいる猫シェルターを朝晩ケアする...そんなことがやっぱりあるわけで。

「365日休みなし。逃げ出したいと思うことだってあります」

でも待っている命がある。そう思えば、逃げることなんかできない...

「朝がきて、俺がいかなかったら、あいつらどうなっちゃう?って。うんちもおしっこも夜の間ずっと我慢してるでしょう――」

sora08.jpg

ところで、このシェルターが稼働したのは311後の5月とのこと。
震災前は動物愛護のための法改正などに携わっていたという代表の管野(かんの)さんに話を聞いた。
sora011 (2).jpg

福島出身で、子どものころから動物が大好き。いつも動物がそばにいた。

管野さんは311の後、20キロ圏内のレスキューした犬猫や、避難家族から要望を受けた子たちを自宅で預かり始める。でもすぐに一杯に。行政は人間優先でなかなか動けない。ならば...と実家の近くに土地を探し、開設したのが、このシェルターだった。

sora012.jpg

「日本一楽しいシェルターをつくる」

佐藤さんと管野さんの夢。

「好きだから大切にしている。その思いは、(個人でも)シェルターでも変わらない」

管野さんの言葉が心に残りました。

そんなSORAには効率や衛生環境など、この短期間に、いろんな意見が寄せられてきたそうです。知恵をもっている人達は、非難ではなく、共有のためにそれを生かしてほしい。みんなで日本一のシェルターを目指したら、きっと早いし、できる。のではないかな。

sora010.jpg

さて、ここからはこの日各地からSORAに集結していたボランティアさんたちのことを紹介します。

ここまで写真を見てきて、ワン達、寒そう、かわいそう、って思った方、少なくないのでは? でもそうでもないみたい。

sora013.jpg

「ここの犬たちは他のシェルターの子らよりも人懐こいんですよ」
震災後に出会った想いを共有する人々と、たびたび自宅のある埼玉から東北へ動物ボランティアに通うという伊藤君。日中自然の中にいられるのは犬たちにとってもうれしいことのようです。

sora014.jpg

311当時、たまたまアメリカに留学中だったという大原さん(写真左)。

ラスベガスのショーウインドウに、日章旗をモチーフにしたチャリティーTシャツが飾られたのを目にした時、涙が止まらなかった。
という経験を、まだ涙を拭きながら語ってくれた彼女が、短期留学を終えて、この日無我夢中で飛び込んだSORAで感じたこと。

sora09.jpg

「私にもできることがあった。でも、毎日はできない。それを、毎日やってくれている人の存在を、東京に戻っても私は忘れない」

写真の右はえなみさん。普段は美容のお仕事をされているそうです。SORAにくるのは3回目。毎回5日間の休みを確保して、深夜バスで大阪から駆け付けています。ボランティアを通じていろんな方と知り合えることがいい刺激になると教えてくれました。

sora015.jpg

sora016.jpg
福島や近県からも、定期的に通うボランティアさんがいます。

sora017.jpg
関西から深夜バスで通う、美容師の中野さん。どんどん仕事をみつけて笑顔で作業していく姿が頼もしかったです。

sora018.jpg
事務所の壁には全国から寄せられたメッセージが。

明るい兆しも。
石巻の動物救援センターが10月に解散した後、そこに集ったボラさんたちのコミュニティがSNSでできているそうです。福島へ行こう!という呼びかけで、引き続き支援する方たちが、この日、SORAにもきていました。

さて。徒然に書きました。正直、咀嚼するのにとても時間がかかりました。まだ十分ではないと思っています。でも、今回感じたこと、まとめます。

その1。現場の人のQOLをなんとかしたいです。
私たちの代わりに、意味あることをやってくれている人たちを、いつまでも苦労させているばかりじゃ、ダメだ、と思います。
私たちのかわりに、大事な命を守ってくれてる人たちを、応援したいです。

彼らを信頼するに何かが不足しているでしょうか。どうしたら補えるでしょうか。

その2。犬や猫の生き物たち以外にも、地方からいただいている豊かさに、私、もう少し自覚をもたないとだめだ・・と思いました。

sora019.jpg

『ねこよみ』を立ち上げたのは、本を出したかったからではなくて、猫好きの人の気持ちを集めたい、そのきっかけにしたかったから。

ちなみに、SORAには猫シェルターもありますが、この日は時間の都合で犬たちの方のみ訪問しました。

SORAでは引き続きボランティアさんを募集しています。のぞいてみてください。

◎一般社団法人SORA福島被災動物レスキューブログ

sora020.jpg

(鳥谷美幸)

この記事へのリンク

2012年02月22日

SVA報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」その2

地球日記おすすめ info

Think the Earth基金の寄付先のひとつでもある、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の東日本大震災復興支援活動チャリティ報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」の後編です。

前編「支援者側の心のケア」はこちら

後編では、SVA気仙沼事務所がとりくんだ『Book for the Future 子どもたちが描く気仙沼の声』について、スタッフの東さやかさんのお話から印象に残ったことなどを・・・。


"Book for the future"の目的は、絵を描くことを通して、ふだん、子どもたちが言葉にできない感情や気持ちを自由に気持ちを表現すること。そして、彼らの住む気仙沼市本吉地区の未来に希望を抱いてもらうことを目指しました。(気仙沼市立大谷小学校で冬休み期間中に開催された学習支援「まなびーば」の一部として、1日50分の授業を5日間実施。)

★テーマは大切な人、自然、一番好きなあそび、一番好きな場所...などなど
絵本1_s.jpg


・・・どうして、絵を描くのか。
それは「どうして子どもたちは、気持ちを表現するのが難しいのか」、ということとつながっているような気がします。
子どもは、大人のように表現する言葉を持ってない。誰のせいでもない自然災害に、行き場のない悲しみを持っている。大人が悲しんでいるので気を使って言わない(強がったり、気を使ったり)・・・などなど。

そして、子どもが震災のショックから立ち直る第一歩として、東さんは、現実をうけとめる、気持ちを表現する、環境の復旧=日常生活の継続(学校、仕事、日常的な家事など)、生活ストレスからの保護(狭い、慣れない仮設住宅でのくらし、取材など)があると挙げてくれました。

この中の「気持ちの表現」が、今回の『Book for the Future』の取り組みなんですね。絵という形にのこる達成感、書く・描く・伝えるという表現が、現実の受け入れやお互いのつながりの認識になると。


さて、実際の絵の授業はどんな様子だったのでしょう。
東さんによると、本吉地区の子は自然豊かなところで暮らしているので、こまかい生き物の描写が多かったそうです。
また「大きくなったら自衛隊になりたい」という言葉とともに自衛隊のヘリコプターを絵に描いた子も。
なかには、1枚目は明るい色彩の海や生き物の絵を描いた子が、2枚目は暗い色使いの津波の絵を描いたり、「色はぬらなくていい」とモノクロの絵を描いりした子もいたとのこと。

絵で表現をしたことで、子どもたちのPTSD、鬱やストレスにきづき、心のケアの対策ができ、それを地域で共有していくこともできるのだと、東さんは話してくれました。

絵本2_s.jpg
★写真提供は2枚ともシャンティ国際ボランティア会/SVA


・すべての子どもの絵を大人が理解する必要はないのでは。
・子どもたちは単純に学生ボランティアやSVAスタッフとふれあうことを楽しみにしてくれた
・いずれ(大人たちが他所からやってくる)機会もなくなってくる、と感じている子どもたちは少なくない。だからこそ、これまでの支援がポジティブな方向で子どもの心にのこるような、将来の活力となるような内容にしていきたい。
などなど、支援者側にもいろいろな思いが募る試みだったようです。


★ところで、子どもたちの描いた絵はひとつにまとめられて、小学校や子どもたちに届けられます。そして、いくつかの絵は「ぷんぷん谷」という絵本になって、大谷小学校の子どもたちの描く未来として形になる予定です。今後の「ぷんぷん谷」の情報は、SVA気仙沼事務所のブログをチェックしてみてくださいね。

(はらだまりこ)

===============================
【補足情報】
気仙沼市は、公式発表で死者1031人、行方不明329人。
市内92カ所の仮設住宅は全部で3451棟。
被災世帯9500世帯。

SVAは震災後すぐに現地入りし、事務所が流されてすぐに稼働できなかった気仙沼市災害ボランティアセンターの開設お手伝いをした後、4/15には気仙沼事務所を開設。
避難所巡回、物資提供、がれき撤去手伝い、炊き出し、お茶会、入浴送迎(5週間、45回延べ743人利用)
絵本を届ける活動、子どもの遊び場『あそびーばー』活動(日本冒険遊び場づくり協会との協働)などの活動を行ってきました。

SVA気仙沼の復興目標は「3世代が安心して楽しく暮らせるまちづくり」
そのために、地域支援、子ども支援、生業支援、NPO/NGO・行政とのネットワーク連携を行っています。
===============================

この記事へのリンク

2012年02月22日

SVA報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」その1

地球日記おすすめ info

2/16(木)、 Think the Earth基金の寄付先のひとつでもある、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の東日本大震災復興支援活動チャリティ報告会に行ってきました。
http://sva.or.jp/event/event201202091591.html

SVAはいま、宮城県の気仙沼市を中心とした復興支援と、岩手県沿岸部(陸前高田市・大船渡市・大槌町・山田町)を中心とした移動図書館の活動を行っています。

今回の報告会は、気仙沼事務所の活動の一部を紹介するものでした。
NPO/NGOの活動報告会は、「支援先で私たちはこんな活動をしています」という、支援者が被支援者に対して行っている活動の紹介がほとんどなのですが、今回は「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」と題して、支援する側のこころのケアもだいじなんだということを、きちんと正面からとらえていたのが、とても意義深いことだなぁと感じました。

=====
まず、★支援者の心のケア★についてのお話。

最初にお話いただいたのは「自分の心が健康でなければ、他の人は支援できない」ということ。
これ、とてもあたりまえのことではあるのですが、自分の心の状態というのは気づかないうちに変わっていくもの。
「自分はだいじょうぶだと思っていても、落ち込んでいること」...あるかもしれません。「ストレスがたまっていること」も、ありますよね。
そして、これから2−3年復興支援をやっていく間に、途中で心が折れてしまう。
そうしたら、誰かの手助けをするどころではなくなってしまいますね。

SVA気仙沼事務所では、スタッフである東さんが、支援者側のケアに関するプロのトレーニングを受け、ボランティアスタッフへの気配りをしています。
そして、長期ボランティアは適度な休暇(被災地から離れる)を取ったり、特技や関心を活かして活動してもらったりするなど、いろいろ工夫をしています。

★お話をしてくれた、SVA気仙沼事務所の東さやかさん(写真提供 シャンティ国際ボランティア会/SVA)
2012年2月16日東さん報告会_s.jpg

お話を聞いていてなるほどなと思ったことをいくつか、メモ的に書いてみると・・・
●バーンアウト
支援活動をしていると、毎日自分の手には負えない大きな問題が次々に起きて、疲れてしまうことがある。目の前の結果にとらわれて「何も変わっていないじゃないか」と、無力感におそわれてしまう。
そんなとき「支援者がどう達成感を感じるかではなく、支援される側がどう感じ動いたかがだいじ」という言葉に救われたりする。

●共感性疲労
寄り添って話を聞いているうちに、仮想で自分も同じ経験をしたと感じてしまう。二次的トラウマともいう。

●「バランスを崩している」と自覚することが、回復の手助けになる
バランスを取り戻すために、人生の中のポジティブなものを利用する作業が効果的。
ひとつは外的リソース...好きな場所や愛する人のことなどを思う
もうひとつは内的リソース...自分の中の信念、自分の好きなところを書き出してみる。

実はこれ、震災支援だからではなく、どんなときにも当てはまることだったりするのですが・・・昨年のたいへんな時期をそれぞれに生きてきた私たちひとりひとりにとって、いま、とても大切な自分に対する問いかけのような気がしました。

続いて、子ども支援のお話。
SVAが取り組んでいる「子どものこころのケア」プログラム『Book for the Future 子どもたちが描く気仙沼の声』について、ご紹介します。

SVA報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」その2

★SVA気仙沼事務所のブログはこちら
http://sva.or.jp/kesennuma/blog/
(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2012年02月20日

足湯ボランティア@福島市

地球日記

こんにちは!Think the Earthインターンの相川真里奈です。
先日、震災後初めて福島に行ってきました。

向かったのは、福島市内の仮設住宅で、福島大学災害ボランティアセンターの学生さんたちが毎週行っている足湯ボランティアに私も参加させていただきました。今回向かったのは原発事故による放射能の影響で飯舘村から避難しているかたたちの仮設住宅です。

私が今回訪れた福島市内は津波の影響もなく、家屋や建物が壊れている場所はありません。 全く以前と変わらぬ様子だろうと感じました。でも、福島市内もガイガーカウンターの値は東京の10倍を示していました。 その見えない災害から長年住み慣れた家や、愛情を込めて育ててきた田畑を手放して、避難している飯舘村の皆さん...。

今までの生活と同じようにはいかない仮設での生活で、疲れや不安のたまった住民の皆さんに足湯で少しリラックスしてもらいながら会話をしました。

仲の良かった人たちと離れて暮らしていること、大好きなペットと離れて暮らさなくてはならないこと、毎日の日課だった庭の手入れが出来なくなってしまったこと、すごく辛い悲しいことなのですが、皆さんすごくニコニコ話してくださるんです。

「こうやって何か行事があったり、東京から人が来てくれてすごく嬉しい、ありがとう。 」と本当に嬉しそうに言ってくださいました。

ここの仮設住宅では子供たちも生活しており、みんな元気いっぱい!
この年で久しぶりに真剣に鬼ごっこをしました^^
「学校が変わって大変?」
と聞くと、新しい友達がいっぱい出来たから楽しいよ!とさすが子供たち。
帰る頃にはすっかり仲良くなってもう帰るの?やだ!としがみついて離れず、可愛くって、もうここに住んでしまおうかと思ったくらいです。

ashiyu3.jpg

ashiyu2.jpg

住民の人たちの、飯舘村に戻りたい、もとの生活に戻りたいという願いを叶えてあげることは私には出来なくて、私が今出来ることは、本当に小さいことだけど、毎日きっと辛い大変なことがたくさんある生活の中に少しでも楽しい時間を作ることが出来るのなら、それは本当に意味があることだと感じました。

東京に住んでいる私は毎週行くことが出来ないぶん、東京で福島大学の皆さんのこの活動を広めて、応援していこうと思います。

辛い悲しいことがあった時、それを人生の糧にできるか、この経験があったからこそ今の自分がいて、今をこんなに楽しめるようになったと思えるかどうかは、やっぱり人との出会いだと感じます。 この震災がなければ出会うことがなかった人たちと私もたくさん出会いました。

原発事故の問題は、震災ではなく人災だと感じています。防ぐことができたんじゃないかと思っています。だけど起ってしまったことは事実なので、この災害があったからこそ日本は、世界は変わった、良くなったと思えるように、この辛い厳しい経験を糧に出来るように変えていかなければと改めて感じました。

そして、自分の出来ることは本当に小さなことだけど、どんな小さなことでもやることが大切なんだなと思います。

私が今回ここに行ったから生まれた出会いと活動を、もっともっと大きくして、いつか飯舘村の人たちがもとの暮らしに戻りたいという願いが、今後二度と同じ思いをする人がいないようにという願いが、叶うことに繋げていこうと感じました。

本当に行って良かったです。
行ってみて、福島は本当に近くて、週末にちょっととか、旅行がてらちょっとという気軽な気持ちで行けちゃうところでした。ボランティアの後に温泉に入って名物の円盤餃子を食べて、とプチ旅行も満喫出来て、本当にお勧めしたいです。
皆さん、ぜひぜひ福島へ行きましょう!!

ashiyu.jpg今回足湯ボランティアに参加した皆さん@福島大学災害ボランティアセンター内

Think the Earthインターン相川真里奈

この記事へのリンク

2012年02月13日

会津へ冬の旅

地球日記

こんにちは、曽我です。
昨年の夏休み、8日間かけて列車で福島から青森まで行ってきたのですが、そのとき会津で出会ったボランティアガイドの飯田さんにご紹介して頂いた、会津の『ろうそく祭り』に行ってきました!

東北ツアーに行ってきました!〜福島編〜

昨年の3月11日の震災以降、ボランティアや旅行で東北に行く機会が増えたのですが、冬の東北は始めて。兵庫県宝塚市生まれ、伊丹市育ちの私は雪には縁遠い生活を送ってきました。雪に触れる機会があったといえば、20代前半まで続けていたスノーボードくらいで、それ以外はほとんど雪と触れ合ったことがありません。

果たして、寒さに弱い私が東北の冬を体感するとどうなるんだろう...。防寒対策はどれだけすればいいんだろう...。と不安を抱えたまま会津へ向かいました。

会津に到着して、まず思ったことは、やはり「雪景色がすごい!!」でした。

aizu6.jpg

aizu2.jpg

aizu3.jpg

ろうそく祭りまで時間があったので、まずは日帰り温泉に向かうことにしました。会津地方の温泉といえば、東山温泉という温泉地が有名だそう。飯田さんから事前に教えて頂いていたので、早速東山温泉へ。温泉街にはたくさんの温泉宿がありますが、色々な日帰り温泉を教えて頂いていたので、一番近い庄助の宿瀧の湯へ行きました。

冷え切った身体と、移動で疲れてしまった身体を癒すべく、温泉に入りました。ここでご紹介出来ないことがとっても残念ですが、温泉から眺める風景は最高!!露天風呂からの風景ではありませんが、東山温泉温泉近くの景観の写真を撮ってきました。

aizu1.jpg

日帰りだったことが残念でならかったので、次回は必ず宿泊します!

温泉をあとにし、まだ時間があったので次は会津の周遊バスで野口英世青春館へ向かいました。ここは、野口英世が手の手術をうけた会陽医院跡。現在は1階はカフェ、2階は資料館になっていました。

aizu4.jpg

aizu5.jpg

野口英世青春館1Fカフェで美味しいケーキとお茶を頂いたところで、いよいよろうそく祭りの会場となる、鶴ケ城へ向かいます。

鶴ケ城に着くと、お城に何か投影されています!!!

aizu7.jpg

aizu8.jpg

aizu9.jpg

これはデジタル掛軸という長谷川章さんという方の作品だそう。とても幻想的で現実のものとは思えない、異空間に彷徨った感覚になりました。

こちらは、投影されていない一瞬に捉えた鶴ケ城の写真。白い壁に白い雪が積もりとても美しかったです。

aizu10.jpg

肝心のろうそくはというと、真っ白い雪の中、とても美しい光を灯していました。

aizu11.jpg

aizu12.jpg

aizu13.jpg

なんとこの作品、会津若松市立第三中学校の生徒さんの作品だそう!素晴らしい作品の数々。私も作ってみたいと思いました。

最後、雪の鶴ケ城の天守閣に登り、上から観た景色です。実はろうそくで起き上がり小法師が描かれていました。

aizu14.jpg

なんだか写真とともに私の行動をお伝えしただけの内容になってしまいましたが、会津の良さは行って体感してもらいたい!!ということで、皆さんも会津の旅へぜひ!


(曽我直子)

この記事へのリンク

2012年02月09日

楽しくボランティアしたい!社会貢献イベント「ハビ☆コレ」

地球日記おすすめ info


初めまして。
ThinktheEarthのインターン生として活動しております、加藤彩菜と申します。
私は現在大学を休学中で、数カ月間海外ボランティアに行く予定です。その様子などもまたぜひブログでお伝えしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします(^^)


さて、私がいまご紹介したいのは「ハビ☆コレ」という学生による社会貢献イベントです。
habi.jpg

ボランティアや社会貢献なんて自分にはできないなんて思っていませんか?
私たちができること、本当はたくさんあるのです。

このイベントは、日本全国にある社会貢献や国際協力をする学生団体が集結します!
それぞれの団体の活動を聞いたり、参加したりできる絶好のチャンスです。

私が所属している「かものはしプロジェクト」という団体もこのイベントに出展しますので、ぜひ皆さんに来ていただきたいです。


ゆるかも写真1.jpg
かものはしプロジェクトについてはこちら


このイベントをきっかけに、地球のこと、世界のことを考えてくれる人が増えてくれたらいいなと思います。

まず私たち一人一人が、意識をもって考えることが大切です。
皆さんも、この機会に社会貢献や国際協力のきっかけを見つけに来ませんか?



「ハビ☆コレ」概要
-------------------------------------------------------------------------------------

日程:2月26日11:00~16:30
場所:THE GRAND HALL
料金:無料

ゲスト
ワールドカフェ&バー「INSTEP LIGHT」店主    小川光一様
ミスキャンによる社会貢献団体Sweet Smile 西川礼華様・相澤遥佳様
24時間テレビ「ダンス甲子園」優勝ダンスグループ  OUTL1VE様
2009年SONY MUSIC賞を受賞、大学生シンガーソングライター  キタオユカ様
少女時代完コピ学生グループ    稲穂時代様


お問い合わせ
主催団体:NGO団体Habitat for Humanity Japan学生支部
HP:http://habicolle.com/
Twitter:@kanto_jcc
Facebook:http://www.facebook.com/habicolle2012
-------------------------------------------------------------------------------------

(インターン 加藤彩菜)

この記事へのリンク

2012年02月01日

Think the Earth Paper Vol.09配布中です!

プロジェクト裏話お知らせ

こんにちは、曽我です。
いよいよ、今週の土曜より立春になりますね。
春とは名ばかりの寒さが続く毎日ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

さて、本日はThink the Earth PaperVol.09の紹介をさせて頂きます!!

TTEP_vol09_.jpg

今号は、日本のNGOを牽引してきたピースウィンズ・ジャパン/シビックフォースの大西健丞さん、コミュニティ再生と防災の活動を続けてきたプラス・アーツの永田宏和さん、被災地で放課後学校を始めたNPOカタリバの今村久美さん、そして、東北大学の生態学者らと共に「海と田んぼからのグリーン復興」を提言している岩渕成紀さん、震災からの復興に関わる4人のアースリングにインタビューをしました。

ここから先、私たちが生きていく社会をどうしたいか。5年後、10年後を見つめて歩みはじめたアースリングたちの言葉を聞くことができます。

また、今号も含めすべてのバックナンバーをオンラインで読んでいたくことができます!!
Think the Earth PAPER Webサイト
http://www.thinktheearth.net/jp/ttepaper/

下記URLでは配布場所をご紹介しています。
配布場所

現在、配布場所も募集しています。ギャラリーやカフェ、公共施設など人が集まるところであればどこへでもお届けしますので、ご協力いただけるお店やイベントスペースは下記申込フォームよりお申込ください!
申し込みフォーム

配布場所に関しては随時更新していますので、ぜひチェックしてくださいね!

(曽我直子)

この記事へのリンク

1