2012年03月30日

マイプロジェクトが生まれる瞬間〜AQUA SOCIAL FES!! Student Camp!

地球日記

3月3日(土)、私は「AQUA SOCIAL FES!! Student Camp」の会場である、
国立オリンピック記念青少年総合センターに行ってきました。


AQUA SOCIAL FES!! Student Camp」とは何かと言うと・・・

学生さんたちには社会を変えていくためのグットアイデアと、それを実現するためのプロジェクトの作り方を学び、実際に「マイプロジェクト」を考えてみよう!という2日間のイベントです。
全国47都道府県から2名、総勢100名の学生さんを招待して行われました!
詳しくはこちら

私が合流したのは2日目の朝。
少し緊張した様子で、会場に入る学生のみなさん。
限られた時間の中、寝る間を惜しんでマイプロジェクトを考えくれていたようです。

審査員の前でプレゼン出来るのはたったの2分間!
それぞれのチーム、勝負の2分プレゼンが始まりました!

途中、「プレゼン資料紛失」など、考えられないハプニングなチームがありつつも、
動画やパワポ、手書きの用紙を使ったリレー方式・・などなど
学生らしく、自由なカタチで表現していて、すごいなぁと。そのなかでも印象に残った「マイプロジェクト」をいくつかご紹介したいと思います。

まずは「ゴミリンピック」
ゴミ素材を使った競技。コミニケーションやリユースの促進しつつ、みんなで楽しもう!というアイデア。オリンピックみたいになったらいいねぇ。

ゴミリンピック.jpg


「傷菜(絆)の畑」
見た目が悪い野菜でも実は美味。それを食べたいという人に届ける仕組みを考えたアイデア。これはすでに実践されている地域もあるとか。

絆.jpg


「Thanks Parents Day」
自分の誕生日に親への感謝を伝えたい。けどメッセージを送るのは照れてしまう。なので変わりに自分の1年の何気ない生活の写真を送ろう!というアイデア。「産んでくれありがとう」と言葉は使っていないけれど、感謝の気持ちが伝わる素敵なアイデアでした。

サンクスデイ.jpg


「田んボール」
ネーミングセンス抜群のこのアイデア。畑でサッカーを楽しみ、動くことで耕す→有機農家さんにとってもよいこと。→サッカーをする側も消費者の顔が見える ので、安心してそこの畑の野菜を食べれる。という農業を身近に感じるナイスな仕組みでした!

単ボール.jpg

壇上に登ってプレゼンする姿から、たった1日の間でも、いいチーム、いいプレゼンって出来るんだなぁと思いました。

そしてこのイベント、学生さんたちにプレゼンさせるだけでは終わりません。
審査員には講師も努めていた、AQUA SOCIAL FES!! のプロデューサーである、岸勇希さん(電通)、Think the Earthの上田さん、greenz.jp発行人の鈴木菜央さん。

この豪華なメンバーが全てのプレゼンに対して的確な指摘やアイデアのヒントなどをコメントしてくれます。(こんなチャンス、めったにありません!)

学生さんのみなさん真剣な表情でメッセージを受け止めていました。

最後に、岸さんが一言
「企画はやり続けることで成長する」
とメッセージを送っていました。

今回、素晴らしいグットアイデアがいくつも生まれました。
きっと誰もがグッドアイデアの種を持っていて、ちょっとしたきっかけで芽が生える。

でもそのアイデアを実現し、さらに継続させたり、発展させたり出来る人ってたくさんじゃない。今回参加してくれた学生さんたちにはぜひ生まれたばかりの「芽」を大事に育ててほしい。

不況で就職難と言われ、不安もいっぱいあるかもしれない。
でも、きっと悪いことだけじゃない。
今を生きる私たちだから楽しめることだってたくさんある。

明るい気持ちで頑張ってほしいなと思いました。

集合写真.jpg

全国から集まってくれた学生のみなさん、本当にありがとうございました!

TOYOTA AQUA SOCIAL FESを引き続きよろしくお願いします。

笹尾 実和子

この記事へのリンク

« 映像詩「蕪栗沼ふゆみずたんぼ」 | メイン | アースデイで使うポストカードを集めています! »