2012年04月27日

Earth Day Tokyo 2012 レポート 〜すこし先の未来にいる自分へ〜

地球日記

01.jpg


4月21(土)22(日)に行われたアースデイ東京2012にThink the Earthも出展しました!

今年のアースデイ東京のテーマは『another world is possible. 新しい未来は自分たちの手で』。Think the Earthでは「未来の自分への手紙」をテーマに、会場で選んだポストカードで自分宛の手紙を書いてもらうという企画を行いました。

手紙は一枚100円でご購入いただき、50円が切手代に、50円が東日本大震災「忘れない基金」に寄付する仕組み作りにしました。そしておよそ半年後の秋分の日(9/22)前後に、自分の元に届きます。

買ったけれど使ってない絵ハガキや、店頭に置いてあるフリーのポストカードを集めたり、Think the Earthのブログ呼びかけたところ、本当にたくさんのハガキが集まりました!はがきを送付頂いたみなさん、ありがとうございました。

02.jpg


写真やイラスト、和洋さまざま。色とりどりのポストカードに囲まれた空間は、なんだか小さなギャラリーみたい。
ブース内の壁一面に飾られたポストカードを見て「どれにしよう」と悩まれるお客様も多く、中には友達やカップル同士でお互いに書き合っていた方もいらっしゃいました。相手がどんなことを書いてくれたのか、気になりますね!秋を迎えるのがちょっと楽しみ。


03.jpg


元々アースデイは、1970年にアメリカ合衆国の政治家ジョン・ネルソン上院議員が4月22日を"地球の日"であると宣言し、誕生したもの。
環境問題に対して人々に関心をもってもらおうと始まったアースデイは、今では世界175カ国、約5億人が参加する大規模な地球フェスティバルとなりました。

「未来の自分への手紙」が届いた頃に、アースデイに参加した時の自分の気持ちと、アースデイの活動について、思い出してもらえたら嬉しいです。


04.jpg


当日の写真はThink the EarthのFacebookページにも掲載しているので、こちらもぜひご覧ください☆


(関根 茉帆)


この記事へのリンク

2012年04月27日

金環日食は伊豆大島で!?

おすすめ info


5月21日早朝に東京でも173年ぶりに観られる金環日食。
この天文現象を、どこで、誰と観るのかは最大の関心事になるかもしれないですね。

私、上田は伊豆大島で行なわれる「伊豆大島で地球を感じる2日間」に参加することになりました。太陽系の大きさを感じるワークショップや、この企画の仕掛け人の山田秀人さんとのトークを行なうことになっています。ただいま参加者募集中。


ohshima4.jpg

先日、その伊豆大島に下見に行ってきました。東京からの距離は120km、
芝浦から高速ジェット船で2時間弱。あっという間に到着です。

伊豆大島は、島全体が2010年にジオパークとして認定され、活火山の三原山を中心に地球の仕組みや、火山の近くで生きる生きものたちを観察することもできる場所。今回の金環日食の観測場所として予定されているのは三原山の東側に広がる「裏砂漠」と呼ばれる地帯。溶岩が作った荒漠たる黒い大地に立つと、まるで別の宇宙に来た気分になります。

ohshima2.jpg

ohshima3.jpg
iPhoneアプリ「金環食2012」で日食の見え方をチェックする山田さん(ちなみに、このアプリはARで日食がどの高さで、どのように進行するかを教えてくれるスグレモノです)

また、伊豆大島といえば椿。島のあちこちに道の両側から椿が覆い被さるようにしてできた自然のトンネルがあります。晴れると美しい木漏れ日を見ることができます。日食のひとつの楽しみは、この木漏れ日。折り重なる葉っぱと葉っぱの小さな隙間がピンホールカメラの役割を果たし、無数の欠けた太陽が地面いっぱいに広がるはずです。金環食のその時にはリング状の木漏れ日になる!?(それは見てのお楽しみ)

(こんなに立派な木漏れ日ロードではなくとも、お近くの公園や並木道など、木漏れ日さえあれば見ることができるので、当日の観測場所を迷っている方にはぜひオススメです)

ohshima1.jpg

「伊豆大島で地球を感じる2日間」は、sandii、Bon Voyage、hiROki sAITOhなどのライブパフォーマンスや、大島を巡るアドベンチャーツアーなど盛りだくさん。温泉もあります。島に来てしまうと、たとえ天気が悪くても逃げるところはありませんが(笑)、楽しい2日間になりそうな予感です。あとは、当日の天気が晴れることを祈るのみ!
(上田壮一)

この記事へのリンク

2012年04月13日

自主上映プログラムはじめます!

お知らせ

「星空を見あげるだけじゃなく、宇宙から地球を眺めることができたら・・・」

そんな想いをきっかけにはじめたデジタルプラネタリウムプロジェクトでは、科学・天文教育にかぎらず、環境教育を意識した映像作品をつくっています。地球をめぐる水の旅をえがいた「みずものがたり」と、いきものと地球の歴史をたどった「いきものがたり」の2作品は、全国各地の科学館や博物館等のデジタルプラネタリウム施設で順次上映されています。

全国をまわるので、観れる機会をいまか今かとたのしみにしている方は多いと耳にしていましたが、"自分の街で上映会をひらきたい"とか、"企業研修で上映したいです"という嬉しいリクエストもたくさんいただいていました。

そこで!!! お待たせしました。

この春からDVD/Blu-rayを貸し出す「自主上映プログラム」をはじめます。
rental.jpg

五感を通して学べ、時間と空間を超えたメッセージを受けとれるこれらの作品は、子どもたちはもちろん、大人にこそぜひ観てほしいと思っています。

これから本格的な春になり、梅雨が訪れ、初夏を待ち遠しくなる時期にぴったりな映像作品。学校やお近くのカフェ、お勤めの会社で、ぜひみなさんと自主上映会を企画されてはいかがでしょうか。

既に、いくつかの小学校や企業、グループで上映したいとお聞きしていますので。これから徐々に、ブログでも自主上映会のようすや感想など、どしどし紹介していきたいと思います。 どうぞお楽しみに☆

(風間美穂)

この記事へのリンク

2012年04月06日

花より団子基金

地球日記おすすめ info

4月に入ってようやく春の暖かさを実感できるようになってきましたね。
東京はこの週末がお花見のピークになるのかな、と思っていたら、福島から電話をもらいました。

電話の主は、昨年のThink the Earth基金の寄付先でもある福島大学災害ボランティアセンター(通称;災ボラ)の神くん。

災ボラの皆さんは、震災直後の避難所の物資配布や炊き出しに始まり、いまは足湯ボランティアや子どもの外遊び企画など、福島市内を中心にさまざま活動を続けています。

そんな彼らが4月のイベントとして考えたのは「花見」♪
福島市内は今週末ではなく、来週・再来週末を予定中なのです。
そして、仮設住宅の皆さんに「団子」の差し入れをすべく「何かお知恵を〜」という相談でした。

そこで、皆さんからのコーヒー1杯分のカンパを募ることを提案。
集まった基金で、地元の和菓子屋さんからお団子を買って届けたらどうかしら〜。ということで・・・
★目標は、14万円。
もし目標以上にご寄付が集まったら、これからも続く、福島大学災害ボランティアセンターの活動に有効に役立てさせていただきます。

★ご寄付は直接、下記口座まで。
★2週間後の4月20日(金)までにお振込をいただければ幸いです。

皆さんからの「コーヒー1杯分のカンパ」お待ちしています!

===================================
【福島大学災害ボランティアセンター 神くんより】

学生団体 福島大学災害ボランティアセンターでは、今回、4月14日と21日に福島の数ヵ所の仮設住宅の方々と一緒にお花見を開催することになりました。
お花見を行うにあたり、仮設の方々と交流を深めるために団子があるといいなと思い「花より団子」基金を開設しようとなりました。
団子は参加していただいた方にはもちろん、当日参加できなかった方にもお配りして、春の恒例行事を楽しんでもらいたいと思っています。

目標は、7ヶ所の仮設、700人の方に配るので、
ひとり200円×700人分=140,000円です。

ご協力いただける方は、下記にお振込をいただきますよう、お願い申しあげます。
なお、基金とお花見の結果報告は当ボランティアセンターブログにて、後日掲載させていただきます。

【振込先】
東邦銀行 蓬莱支店
(トウホウギンコウ ホウライシテン)
福島大学災害ボランティアセンター 代表鈴木典夫
(フクシマダイガクサイガイボランティアセンター ダイヒョウ スズキノリオ)
店番号 119
口座番号 516675

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学生団体 福島大学災害ボランティアセンター
センターマネジメント 神 貴大
http://fukudai-volunteer-center.jimdo.com/
blog http://fukudaivc.blog67.fc2.com/
twitter @fukudai_saigai
===================================

みなさま、ぜひぜひ、ご協力くださいませ。

★おまけ★
Think the Earthのスタッフは、基金でのつながりがきっかけで、昨年末、福島市内の仮設住宅で行われた「大望年会」のお手伝いをさせていただいたり、
RIMG0817.jpg

RIMG0945.jpg

彼らが毎週のように続けている仮設住宅での「足湯ボランティア」に参加させていただいたりしています。
RIMG1264.jpg

RIMG1281_ha.jpg

福島で彼らが活動してくれているおかげで、私たちも、避難している皆さんのリアルな声を聞かせていただき、大大感謝なのです。

(はらだ まりこ)

花より団子基金のご報告はこちら

この記事へのリンク

2012年04月06日

「北浜わかめ組合虹の会」わかめ・めかぶの料理写真をご紹介!

地球日記

こんにちは、Think the Earthの曽我です。

忘れないプロジェクト×大友克洋GENGA展の寄付先となっている「北浜わかめ組合虹の会」より、先日、わかめとめかぶを頂きました!

北浜わかめ組合は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で、わかめ・めかぶの生産基盤がすべて失われたそうです。しかし震災後、組合の皆さんで力を合わせ瓦礫撤去をはじめ、再起に向けて活動し、おそよ1年後の3月3日にわかめの収穫が行われました。

収穫の様子
http://www.niji-wakame.com/album/pg68.html

来週発行予定のThink the Earth Paper Vol.10では、「大友克洋GENGA展」 忘れないプログラム 特別号として、忘れないプロジェクト×大友克洋GENGA展の寄付先団体6団体をご紹介をしています。その取材の御礼として、北浜わかめ組合虹の会の皆さまより、わかめ・めかぶを頂きました。

mekabu01.jpg

(写真上)これが段ボールに入っためかぶです!!加工される前のめかぶを見るのは初めてで、想像してたわけじゃありませんが、まさかこれがめかぶ?!というくらい、意外な印象でした。

mekabu02.jpg

(写真上)手で持つとこんなに大きいんです。

大友克洋GENGA展のスタッフの皆さま、取材に協力頂いた皆さまにお渡しし、私たちThink the Earthのスタッフも各自少しずつおすそ分けを頂きました。そして、せっかく頂いたわかめとめかぶをただ食べるのではなく、ブログで紹介しよう!ということで、各家庭で調理した写真を集めたのでご覧ください。

まずは、お湯で湯がくことから。
mekabu03.jpg

めかぶってお湯に入れると色が鮮やかな緑になるんですね!!ビックリしました。けど、私の知っているめかぶの色はお湯で湯がいた後のこの鮮やかな緑でした。

mekabu04.jpg

しかし、大きい。お鍋の4分の1くらいの大きさでした。そして私が作った料理は、めかぶと長芋をゆずポン酢で和えたもの。長芋は青森県産です。

mekabu05.jpg
mekabu06.jpg

ちょっと湯がきが足りなかったみたいで、歯ごたえがあるままでしたが、すごく美味しかったです!!!

他のスタッフの料理も紹介します。

まずは、わかめのお味噌汁。
wakame01.jpg

次は、めかぶを生姜とポン酢でさっぱり和えたもの。
mekabu07.jpg

次はインターンの杉山菜々緒ちゃんのお家で調理した、めかぶとわさびマヨネーズ和え。
mekabu08.jpg

次は、わかめとカニカマを和えたもの。
wakame02.jpg

最後に、わかめとツナ缶をおダシで和えたもの。
wakame03.jpg

スタッフ全員分の写真を紹介出来ませんでしたが、それぞれ、新鮮で本当に美味しい!という感想を聞きました。

北浜わかめ組合虹の会ではサポーター制度を導入しており、1口1万円の「復興支援金」で、5月ごろに2㎏(200g入り10袋)のわかめが届きます。半分の5,000円は復興支援金として生産施設の再建に使う予定だということです。Think the Earthのスタッフもすでにサポーター会員になったものもいます。

わかめサポーター募集開始の経緯
http://www.niji-wakame.com/album/owner.html

本当に美味しいめかぶとわかめ。その場でしか食べることができない「生わかめ」もあるそうで、今回頂いたわかめよりも更に美味しいと聞いたので、いつか足を運んで一番新鮮なわかめを頂きたいと思います。

4月9日(月)より始まる忘れないプロジェクト×大友克洋GENGA展に合わせてThink the Earth Paperも発行します。団体の詳しい紹介はPaperでみることができ、GENGA展でもパネルを展示します。お近くの方は会場にも足を運んでくださいね!
※GENGA展は完全予約制です。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
http://www.otomo-gengaten.jp/#ticket

(曽我直子)

この記事へのリンク

2012年04月03日

アースデイで使うポストカードを集めています!

お知らせ

初めまして。
3月からThink the Earthのインターン生として活動しております、杉山菜々緒です。

今月21日(土)22日(日)に「アースデイ東京2012」が、代々木公園にて開催されます。
Think the Earthは今年もNPOヴィレッジの8番に出展します。

今年のアースデイは、『another world is possible.新しい未来は自分たちの手で』がアースデイのテーマということで、Think the Earthブースでは「未来の自分への手紙」をテーマにイベントを行います。
会場でポストカードをえらんで、自分宛の手紙を書いていただきます。
未来の自分への手紙は、春〜夏を越え、秋分の日(2012年9月22日)前後にお手元に届きます。
楽しみにお待ち下さいね。

※「未来の自分への手紙」参加費の半額は東日本大震災「忘れない基金」に寄付させていただきます。

そこで、「未来の自分への手紙」に使うポストカードを集めています。誰かに使ってもらいたいポストカードを、ぜひThink the Earthまでお送りください!
(※ 4/20追記 ポストカードの募集は終了いたしました。たくさんの素敵なカードをご提供いただきありがとうございました!)

家に飾っていたカード、かわいいフライヤーのカード、観光地で買ったカードや、手作りカードなど、何でもOKです。

ポストカード①120402.jpg
お気に入りのポストカード、素敵なイベントのPR用カード、引き出しに眠っていた観光地のフォトポストカードなど、なんでもOK!

ポストカード②120402.jpg
手作りのポストカードも大歓迎!

送っていただいたカードは、アースデイ当日にみなさんに使っていただきたいので、カードを送っていただく際は封筒に入れてお送りください。

【送り先】
一般社団法人Think the Earth
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町3-1
エムワイ代官山201
事務局宛

よろしくお願いします。

(Think the Earthインターン 杉山菜々緒)

この記事へのリンク

1