2012年05月25日

時計の修理工房を見学してきました。

Think the Earth SHOP

先日、地球時計を全国で販売して下さっているオンタイムの修理工房を訪れる機会を得ました。
20120525_001.jpg

時計の工房に入るのはまったくの初めて。机の上には、見たことのない器具がいっぱい。
20120525_002.jpg

20120525_003.jpg

20120525_004.jpg

職人の方が作業する姿は真剣そのもの。見ているこちらも思わずぐっと気が引き締まります。
20120525_007.jpg

20120525_006.jpg

20120525_005.jpg

棚にはケースがギッシリ。
20120525_008.jpg

こんな器具も...。
20120525_009.jpg

みなさんが修理に出した時計はこのようなところで直されて戻ってくるのですね。オンタイムの店頭で修理に出したときは、ここの机のどこかで部品を交換したり、組み立てられたりしているかもしれません。ほんの僅かな時間でしたが、舞台裏を覗かせてもらえた貴重な体験でした。ありがとうございました!

オンタイムショップリスト
http://www.ontime-watch.net/shop.html

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2012年05月20日

花より団子より~花より団子基金のご報告

おすすめ info

s-IMG_1141.jpg
どんどんと季節がめぐりますね。
4月にこちらのブログやSNSを通じて呼びかけさせていただいた福島の仮設住宅でのお花見応援企画、「花より男子基金」。(←支援内容の詳細はこちらをご覧ください)

あれは、今年の桜が咲く少し前でした。
福島大のボランティアリーダーの神くんからのSOSが届いたのは。

「2週間以内に、仮設住宅の方たちのお花見で配るお団子700本分の資金140,000円を集めたい」

私は自分でお金の寄付を募ることに不慣れです。この話をたまたま当日、事務所の隣のデスクにいた原田麻里子さんから相談された時、一瞬身体が凍りました。自分に力になれるのか、不安だったんです。

それでも、神くんはじめ、福島の仮設住宅で生活しているあの人たち、あの子たち、それを毎週末支援し続ける地元の学生ボランティアのみんな...出会った方たちのために東京にいる自分たちができることに挑戦しようと、また、原田さんのリーダーシップに引っ張られながら、募金活動に参加したのでした。

TTEスタッフの有志で、主にSNSを使い基金の広報を行いました。途中経過もお伝えしたりと、結果、目標額には届かなかったものの、たくさんの方が拡散してくださり、実際に寄付をしてくださいました。ほんとうに感謝でいっぱいです。

実は少し前にこのお花見会の企画リーダーの学生さんからご報告のお手紙をいただきました。この場を借りて、shareさせてください。
---------------------------------------------------------------------
お花見会
4月21日、22日に仮設住宅6ヵ所と福島市及び県北地区在住富岡町民自治会を加えた計7ヵ所で行われたお花見会の担当をした福島大学災害ボランティアセンターの川村遼です。

今回、「花より団子基金」により支援していただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様の支援により、今回無事に開催することができました。ボランティアセンターのメンバー一同、心より感謝しています。なお、お配りした団子は7ヵ所で合計795個、寄付金の総額は65,275円でした。
4月21日は北幹線第一仮設、同第二仮設、4月22日は南矢野目仮設、福島市及び県北地区在住富岡町民自治会、明治小跡仮設、旧飯野小跡仮設、石神第一仮設で行いました。
各仮設での内容は多少異なりますが、主に、桜を見ながら散策、食べ物や飲み物を囲みながら懇談、ビンゴゲーム等のレクリエーションなどが行われました。場所によっては、住民の方々と学生が一緒にお昼ご飯を作ったり、自分たちの故郷の桜の写真を展示したりしていました。また、お花見会終了後は、当日参加することができなかった住民のお宅を学生たちが一軒ずつ訪問し、お団子を配りました。

今回のお花見会も前回の望年会と同様に、"コミュニティの形成""人間関係の構築""心のリフレッシュ"という目的で実施しました。また、今回は、富岡町の民間借り上げ自治会の方々とも交流することができました。仮設住宅とはまた異なり、住民同士が接する機会の少ない借り上げ住宅の方々が集まるきっかけを作ることができたという点でも、今回実施できたことは大きな意味があるのではないかと思います。
今回は支援していただき本当にありがとうございました。今後とも、様々な活動をしていきたいと思いますのでこれからもご協力・応援よろしくお願いします。

学生団体福島大学災害ボランティアセンター 活動企画チーム 川村遼
---------------------------------------------------------------------

目標の14万円には届きませんでしたが、それでも約800人の方にお団子をお配りできたのは、情報を拡散してくださったり行動してくださったみなさんのお気持ちの力です。

お金を自分以外の方から集めるのって、ほんとうに大変なことですね。
自分だけのことだったら、貯金で賄うなり、あとはその埋め合わせで働き払いなり、いくらでもできる。でも、それでは1回で立ち行かなくなっちゃうかもしれない...

もしかして誰かが共感してくださるかもしれないと思い、勇気をしぼって発信しました。

ツイッターって、RTしていただくと、携帯がブルルっと震えるんですよね。
花より団子基金を拡散した週末、ひっきりなしにブルル、ブルル、とみなさんにRTしていただき、なれない現象の中、それは本当に心強かったです。

東京で働き続けながらも、直接支援を続ける人たちが、ここは!と決断した時に、それをサポートできる自分でありたいと思います。
(鳥谷美幸)

この記事へのリンク

2012年05月09日

海外ボランティアに行ってきます!

お知らせ

新緑が目にも眩しいこの頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ThinktheEarthインターンの加藤彩菜です。
私事で恐縮なのですが、私はいま大学を休学していて今月から半年程度、海外ボランティアに行く予定です。
なのでThinktheEarthのお仕事もしばしお休みさせていただきます。

インドの児童養護施設で数ヶ月間お手伝いしたのち、カンボジアの工場で働く女性たちと遠足に行ったり、東南アジアを巡る旅。
ThinktheEarth目線で世界を見てきたいと思います。
2010 cambodia 796.jpgのサムネール画像のサムネール画像ところで、ThinktheEarthのミッションは、
【持続可能な社会の実現に向け、環境問題や社会問題への無関を減らし、Think the Earthする人(=地球視野で考え行動する人)を世界中に育て、増やしていくこと。】

私はこれにとても共感し、インターンをやるきっかけにもなりました。
世界全体の問題なのに、気づいた人だけの責任になってしまうのだろうか。もっとたくさんの人が気づいて、知ってくれたらもっと世界はよくなるんじゃないかな。無理に何か行動を起こせというわけじゃなくて、まずは、知らないことを知ってほしい。もうすこし広い視野で、世界では何が起きているのかを知ってほしくて、知った上で何をするか何もしないかは自由。でもその中で知ってくれた人が何かアクションを起こすかもしれない。
4216653029_3ed7725d34.jpgそんな思いで、私はとにかく世界のリアルを自分で感じにいきます。
良い事も大変なこともたくさん経験してきます。
そこで私が私として何ができるのか、どう生きていくのか考えたいと思います。

ボランティア、旅の様子はブログで更新していくので、宜しければご覧くださいませ。
ちなみに、自分と同じ時期に世界中をめぐる20人の仲間とのブログもLINKにあるのでぜひ!
【ブログ】
http://ontheworld21.blog.fc2.com


(インターン 加藤彩菜)

この記事へのリンク

1