2012年06月28日

5月、北の大地で森と木ときこりたちに出会いました(前編~森の入口)

地球日記

森のサイクルを、人の手で行うこと
mitsuif_001.jpg

こんにちは鳥谷です。
8月にTTEを応援してくれている三井不動産さんの「&EARTH DAY」というイベントを手伝うことになりました。

タイトルは「&EARTH melody」。北海道産の間伐材を使用した親子向けの企画で、ららぽーと柏の葉で開催されます。(ただいま絶賛準備中)

三井不動産は、地球のいろんな場所で街をつくる会社として、&EARTHのキーワードを掲げ、さまざまな環境活動に取り組んでいます。
活動の一つとして北の大地で取り組んでいるのが、グループ会社が保有する森林の再生と間伐材の活用です。

5月の下旬、イベントで使う間伐材のふるさとである北の大地へ行ってきました。
北国の森のこと、関わる人たちのことなど、この場をお借りしてシェアしたいと思います。

mitsuif_002.jpg
美瑛の丘にて。

北海道にはかつて太古の森が広がっていました。鬱蒼とした森の中は、昼間でも真っ暗な場所が少なくなかったとか。時は流れ明治の頃。広大な土地を拓くため、大量の木々が伐採されていきました。
mitsuif_003.jpg

自然がいっぱい! とイメージしがちな北の大地でも、伐採され、開拓後に人の手で植林された人工林が少なくない、ということです。

参考:北海道庁公式サイト「データで見る北海道の森林」

三井不動産は所有林をすこやかに育て、保っていくため、地元の行政や森林組合、NPOなどと協力して、苗木を植えたり、間伐・除伐を行ったり、そもそもそれを行うための、環境負荷のない作業路を整備したりしています。

ところで、間伐と聞くと、森が消えていくのに木を切って大丈夫? と一瞬思いませんか。

間伐は、人が蘇らせようとしている森に必要なこと。多様な草木が、日光や水といった地球の恵みを上手にシェアしている天然の森林と違い、人が植えた人工林では、そのままでは木はもちろん、生き物もうまく育たないんです。

なぜなら...、基本的に同じ種類の木は同じスピードで同じように育つので、隣同士が同じ高さに枝葉を伸ばし、太陽のめぐみを奪い合う。すると枝葉の下には日光が差し込まず、低木や草花が育たない真っ暗な森になってしまう。

木たちの成長も鈍くなってしまうし、むき出しの地面は大雨などで影響を受けやすい。

でも、適度に間の木を伐採することで、森の中にすき間が生まれ、日光が戻ってくる。すると、別の種類の木や草花が育ち、虫や鳥たちも集まりはじめる。新しい種が運ばれ芽吹き、残った木はよりすこやかに育つことができるというわけ。

mitsuif_004.jpg

北海道では、カラマツ、トドマツが多く植林されています。

人工林をすこやかに育てていくことは、地球上で、当たり前のように繰り返されてきた森のサイクルを、人の手で行うこと。中編では実際に間伐に携わっている森のきこりが登場します。

中編~きこり登場
後編~間伐材のふるさと

この記事へのリンク

2012年06月28日

5月、北の大地で森と木ときこりたちに出会いました(中編~きこり登場)

地球日記

森は勝手に生きていく。人間はそれに頼っていかなくちゃいけない。

mitsuif_005.jpg

北海道の森を「やさしい森」だよ、と紹介してくれたのは、旭川を中心に持続可能な森林の保全・活用に取り組むNPO法人もりねっと北海道の代表・陣内雄さん。

手が行き届かずに荒れてしまった広大な森林に、少しずつ人の知恵と力を集め、再生していこうとしています。

「森が近くにあるのに人の関わりは薄れました。関わりを作りたい。
僕たちは、"こうやればうまくいく"のモデルを小さくやってみせて、それを広げていきたいんです」(陣内さん)

mitsuif_006.jpg
取り組みの一つとして、もりねっと北海道と三井不動産グループが作成したのが、除伐したシラカバの枝を使ったボールペンでした。

mitsuif_007.jpg
mitsuif_008.jpg
枝を除伐し、森から持ちだして、工房で加工する。企画やデザインには文具メーカーが加わりました。実際に手と身体を動かしたのは、北海道の自然に惚れて移住してきた若者たち。「仕事が少なくなる冬の間、彼らの仕事にもつなげていけたら...」陣内さんは話します。

mitsuif_009.jpg
こうして作られたシラカバのペンは、三井不動産グループのノベルティとして日本や中国などで配られ、好評だそうです。

私たちの毎日には、文房具は星の数ほど売られていて、家にも会社にもたくさんのペンがあふれています。

そんな中で、この1本のボールペンを通じて、そこに関わる人たちの知恵や小さくても貴重な試みが伝わっていくといいなぁ。妙に手に馴染む少し曲がったペンを握りながら、そんなことを思いました。
mitsuif_010.jpg

陣内さんはもともと本州で建築の仕事をしていましたが、バブル期の「建てては壊す」という建築のあり方に矛盾を感じ、森の中へ。林業に携わり、たくさんの人と出会い、力を合わせながら、森と木に向き合う日々を紡いでいます。解決しなくてはいけない問題は少なくありません。

「森は森で勝手に生きていくんだけど、人間はそれに頼っていかなくちゃいけない。それには膨大で沢山の人の知恵が必要です。でも、みなさんが森の問題に参加する入り口もたくさんあります。

僕らをきこりの友達と思ってもらえたら。森のこと、木のことで活動をしていきたい、と考えているみなさんには、まずは企画を決め込まず、この森を見に、話をしにきてほしいです。

私たちが取り組みたいこと、みなさんがチャレンジしたいこと、それを合わせてみて、一緒に共通の価値を見つけていけたらうれしいです」(陣内さん)

きこりからのメッセージでした:D

前編~森の入口
後編~間伐材のふるさと

この記事へのリンク

2012年06月28日

5月、北の大地で森と木ときこりたちに出会いました(後編~間伐材のふるさと)

地球日記

木の一生。私たちとは異なる時の流れをつないでいく。
mitsuif_011.jpg

続いて私たちは、三井不動産グループで北海道の森林を保有・管理している港エステート株式会社の大場俊男さん、中秀喜さんと一緒に美瑛の森へと出かけました。(車窓からパチリ)

森の入口には伐り出されたカラマツが。
mitsuif_012.jpg

この材は、三井不動産がスマートシティ・プロジェクトを進める、柏の葉キャンパスシティで建築が進む、148街区の賃貸マンションのフローリング材やバルコニーに使用されるそうです。

切り倒し、運んで、使う。森を再生する間伐には人手もお金も必要です。間伐された木が材として流通していけば、持続可能なサイクルが生み出せます。
mitsuif_013.jpg

間伐については各地でいろいろな取り組みがはじまっていますが、材のばらつきや節が多いなど、なかなか市場に流通するのが難しい状況があります。企業の本業で国内の間伐材が使われれば、その効果は少なくないはず...と期待を覚えました。海外の天然林を壊さないことにもつながるかもしれません。

この美瑛の森では、2008年から、三井不動産グループの社員の方たちが植林を行なっているそうです。30人が1日かけて、1,000本のシラカバやカラマツを植えているとのこと。
mitsuif_014.jpg
たくましく繁茂する笹や他の草木の中に見落としてしまいそうなカラマツの幼い木。
広がる大地と山林。そのあまりの対比に、そして森と木が生きる遥かな時の流れに、気づきを得るビジネスマンも少なくないようです。

「自分はここで木を植えてきた。育っていくのには何十年もかかる。お父さんが植えたこの木たちを、次はお前たちが見届けていってくれ」帰京後、家で地図を見せながらわが子に語った社員もいたそうです。

「それまでは仕事一筋で、子どもと向きあってそんな話をしたのははじめてだった、と言ってくれたんですよ」環境推進室の下郡稔裕さんが、ちょっとステキなエピソードをシェアしてくれました。
mitsuif_015.jpg

人間よりもずっと地球の先輩で、シンプルに生きている存在。そんな樹木たちを相手に北の大地で働いている大場さんと中さん。2年、3年ではなく、数十年単位という森の時間と向きあっている方たちです。

mitsuif_016.jpg
「たとえば、いま、20代、30代の人が美瑛で植林をして、それが育つのに50年、60年かかる。それを、家族や会社の仲間に伝えていってもらえたら、僕らがやっていることの意味があるかな、とそんな風に思っています」(大場さん)

mitsuif_017.jpg

「林業って、息の長い仕事で。60年、70年の世界。最初に植林した人はもうこの世にいないかもしれない。間伐材といっても、そんな時を刻んできていること。それを子どもたちにもわかってもらえたら、うれしいですね」(中さん)

さて最後に。この北の森のカラマツ、トドマツの間伐材を使ったイベント「三井不動産 & EARTH melody」が、8月4日と5日にららぽーと柏の葉で開催されます。光と音があふれる空間で、森のこと、木のこと、地球のことをイメージする2日間。詳細はこのブログやTTEのメルマガFacebookTwitterなどでも追ってお知らせしていきますのでお楽しみに。お近くの方は遊びにきてください。
mitsuif_018.jpg
旅の終わりに。太陽の恵みがまぶしかった。

取材協力:湊哲一(ミナトファニチャー
撮影協力:吉岡拓
(鳥谷美幸)

前編~森の入口
中編~きこり登場

この記事へのリンク

2012年06月15日

「コドモのチカラ」展

地球日記

今日は無印良品有楽町店2F ATELIER MUJIで開催されている
「コドモのチカラ」展に行って来ました!

W_001.jpg

「コドモのチカラ」展は、東北石巻の渡波小学校の子ども達が震災から一ヶ月後に町のカケラ(ガレキ)で作った作品を展示しています。

今回はこの活動を行っているNPOワタノハスマイルの代表、犬飼ともさんにお話を伺って来ました。

w_004.jpg


子どもたちは元気!


―ワタノハスマイルの活動を通して子どもたちに何か変化はありましたか?

犬飼さん:"ものをつくったこと"での変化はないですね。子どもたちは単純に楽しいからつくります。どちらかというと、作品をきっかけに生まれた出会いの方が大きいです。

被災地だからと暗い話が注目されやすいですが、子どもたちはとにかく元気!もちろん中には落ち込んでしまう子どももいるけど、基本的には被災地にいる子も、東京にいる子も同じです。

だからただ"かわいそう"というフィルターで見るのではなく、実際に接してその子のことを理解してあげることが大事ですね。

避難所の大人は不安やストレスを抱える人が多かったけれど、元気に遊ぶ子どもたちを見て、大人が励まされる。子どものテンションに救われた部分は大きいです。


気にかけるだけでも力になる。


―いま現地の方が必要としてるものってなんでしょう?

犬飼さん:被災の度合いがバラバラだったので、これが正しい答えというのはないのですが...「モノを与えすぎるのはよくなかった」ということがわかります。

これは以前ブログにも書いていることなんですが、たくさんのボランティアの方が来てたくさんのおもちゃが与えられるー何でも手に入る環境になると、子ども達は感謝しなくなり、想像力も落ちていき、だんだんと荒れてしまう。

震災当初はもちろんボランティアの方の助けがなければ、本当にやってこれなかった。でも今は、ボランティアの手だけでは動かせない、もっと大きな課題に直面しています。


―今わたしたちにできることってあるんでしょうか?

犬飼さん:応援していてほしい。東北に知人がいる人は電話一本でもいいから、「元気にしてる?」と気にかけてほしい。気にかけてもらってることが、その人の力になります。

W_003.jpg

ガレキから希望を持てるように


―これからどのような活動を考えてますか?

犬飼さん:石巻に移り住んで、ギャラリーとワークショップをします。
まだはっきりとは決まってませんが、石巻の子どもたちとオブジェをつくってその子ども達が大人になった時に、今度は彼らの子どもに今回の震災のことを伝えられるような、後世にも残せる前向きな施設をつくりたいと思います。


* * * * * * * * * * * * * * * * 


ワタノハスマイルさんの活動は以前Think Dailyでも紹介していましたが、改めて実際に作品を見て子ども達の発想力のすごさに驚きました。

一つ一つのオブジェには性格や特徴があって、「不景気でも頑張ってる父の友」や「ジェラートが好物のブリキくん」など、意外な特技があったり変なクセをもってたり...一つとして同じものありません。子ども達の頭の中では、この登場人物からどんなストーリーが広がってるのか、とても気になります。


「コドモのチカラ」展は2012年6月15日(金)〜7月29日(日)まで
無印良品有楽町店で開催しています。(入場無料)

子ども達の自由な発想に会いに行って下さい。

○ATELIER MUJI ○
http://www.muji.net/lab/ateliermuji/exhibition/exhibition120615.html

○ワタノハスマイル○
http://www.watanohasmile.jp/


w_02.jpg

犬飼さんと☆


(関根 茉帆)

この記事へのリンク

2012年06月15日

いただきますの日×暗闇ごはん

地球日記プロジェクト裏話


インターンの佐野です。
一昨日、とても面白いイベントをお手伝いさせて頂きました。


私たちが毎日に使う言葉のひとつに「いただきます」がありますね。

この「いただきます」は誰に(何に)向けて言うのでしょうか?
意識したことがどのくらいあるでしょうか?

Think the Earthも参加している「いただきますの日」は、
食卓にまつわるさまざまなつながりを意識し、感謝することを目的に、
11月11日と毎月11日を、みんなで食に関する話題や問題に向き合い、語りあう日として定めています。

いただきますの日.png


そして今回、浅草の緑泉寺で毎月1回開催されている「暗闇ごはん」が「いただきますの日」との共同開催で行われました。

「暗闇ごはん」は日常生活の中では出会うことの少ない「本当の真っ暗闇」の中で、顔の見えない相手とともに食事を取ることで視覚以外の感覚を研ぎ澄まし、想像力を刺激する、他に類を見ないイベントです。

企画・運営されているのは、超宗派仏教徒によるインターネット寺院「彼岸寺」メンバーの一人でいらっしゃる青江覚峰さん。
(とても面白い方で私のこれまでの「お坊さん」像が見事に粉砕されました。)

青江さんはご自身のお料理上手を活かし、海外で
行われている「ブラインドレストラン」を、日本の食文化に合わせて
アレンジされたそうです。

さて、私自身は「暗闇ごはん」参加者の方への配膳などをお手伝いさせて頂きました。

アイマスクを付けて真っ暗闇のなか食卓を囲む参加者の方は、
はじめは「見えない」ことに不安そうでした。
しかし徐々に慣れてくるのでしょう、周りの参加者と積極的に会話されていました。
(心なしか、ふだんの会話よりも皆さんの声が大きめだったことが印象的でした。)

青江さんが腕によりをかけて考案した11品のお料理が順々に運ばれ、
『お寺に嫁いでしまった。』という著書で有名な奥様の美智子さんがひとつひとつ食べ方の説明をして下さいます。

すぐに「美味しい!」という声があちこちで飛び交い、「これは◯◯の食材じゃないかな」などの楽しそうな会話が聞こえてきます。

視覚を使わない状態でいただくお料理は、味や食感がとても新鮮に感じるのでしょう。
また「目が見えないと自分の口とお箸の距離がわからない」といったことにも初めて気づくことができます。

終盤にはアイマスクを外し、青江さんから今日のメニューを改めて視覚的に紹介いただく時間もありました。
口で味わった時とのギャップに皆さんからは驚く声があがり、日常生活では気づかなかった自分の感覚の鋭さ、鈍さなど、それぞれに新しい発見がたくさんあった様子でした。

この体験は、普段の食事でもより食べ物をじっくりと味わい、
丁寧な気持ちで「いただきます。」を言う大切なきっかけになると思いました。

次回はぜひ私もアイマスクをしてお料理をいただいてみたいと思います。

みなさんも浅草・緑泉寺での「暗闇ごはん」を体験してみてはいかがでしょうか。

彼岸寺 日日是好日: 「いただきます」の日

(佐野 明稀)

この記事へのリンク

2012年06月11日

てんきの名前

地球日記

MHM_1120610081956.jpg

梅雨入りをして、夏がもうすぐそこにやってきています。この時期に時折吹く風は、季節の変わり目の独特な感じがあります。湿っている風が吹いたと思うと、爽やかな風が吹いたり...


風を含めて、自然や天気を愛する日本人の使う言葉には、気象にまつわる様々な表現があります。たとえば「こう風」という同じ読みでも、「光風」「好風」「荒風」「香風」「高風」という言葉があり、意味もそれぞれ違います。

光風:雨上がりに、光を帯びた草木を吹き渡る風。春光のうららかな時季に、気持ちよく吹き寄せる風。
好風:快い風。好都合の風。
荒風:荒れ風。あらあらしく吹く風。
香風:香りのある風。花などに吹きよせて香りを運ぶ風。
高風:空の高いところを吹く風。転じてすぐれた人柄や気高い風采の意にも使われる。

他にも、私たちの日常生活では使われなくなってしまった言葉はたくさんあります。

梅雨入りを「入梅」と言いますが、「栗花落・堕栗花(ついり)」ともいうそうです。この時期に栗の花が咲き散ることが由来です。
気象を表す言葉は、その様子を表現したものもあれば、その時期の草花を名前の由来にしているものもあります。

MHM_1120612075818.jpg

忘れられてしまった言葉を調べてみて知ることもおもしろいとは思いますが、天気に名前つけてみてはいかがですか?天気を通して、地球や自然が少し近くに感じられるようになるかもしれません。

(杉山 菜々緒)

この記事へのリンク

2012年06月08日

Think the Earthとの出会い

地球日記

初めまして。
本日からThink the Earthインターンとして働かせて頂くことになりました、佐野 明稀と申します。大学で広告(コミュニケーションデザイン)を勉強しています。
これから「地球を考える」一員として出来る限りのことを吸収し、このブログでも発信していきたいと思います。
よろしくお願いします。

今回は自己紹介編として、Think the Earthとの出会いについて書きたいと思います。

出会いのきっかけは「AQUA SOCIAL FES!! 2012」というプログラムです。
これはご存知トヨタ自動車が今年3月に発売した新車種「AQUA」のプロモーション活動の一貫で、現在全国50箇所で行われているフェスです。
(詳しい内容については こちら をご参照ください )

aqua.jpg

AQUAは、「世界一低燃費で環境に良いクルマ」そして「よりよい未来をつくるクルマ」として開発され、生産拠点を東北・岩手県のみに置いていることからも、「日本の未来をあきらめない」というトヨタ自動車の企業姿勢が伝わってきます。
また、商品のプロモーション費用を社会問題の解決に直接使うという新しい広告の形を実現させたことは未来へのとても大きなインパクトだと思います。

「よりよい未来はみんなでつくろう」という考えのもとに、全国各地域のNPOや新聞社と協力して展開されている「AQUA SOCIAL FES!!」ですが、

私とThink the Earthの皆さんとの出会いはこのフェスのスピンアウト企画である「AQUA SOCIAL FES!! Student Camp」でした。

このキャンプでは全国47都道府県から数名ずつの学生が集結し、
「よりよい未来を作るアイデアやプロジェクト」をグループで作り上げました。 

その場に講師・審査員として参加されていたThink the Earthプロデューサーの上田さんの講義に感銘を受け、グループのアイデアを評価して頂いたことがきっかけで、
「コミュニケーションやクリエイティブの力で環境問題や社会問題について考え、行動する、きっかけづくりを行う」というThink the Earthのコンセプトに出会い、強く共感しました。 
実際にインターンをさせて頂けることになった時はとても嬉しかったです。

現在、東京で行われる「AQUA SOCIAL FES 2012」に学生レポーターとして参加する、などの良い経験をさせて頂いているまっただ中ですが、
Think the Earthでの活動からさらに学びたいと思います。
未社会人としてどのように役に立てるのかはまだ未知数ですが、
まず地球に住む人間の一人として自分の頭で考え、動きだし、発信し続ける力を少しずつ磨きたいと思います。

(佐野 明稀)

この記事へのリンク

2012年06月08日

『世界の終わりのものがたり』企画展に行きました!

地球日記おすすめ info

先日、日本科学未来館で開催している『世界の終わりのものがたり』企画展に行ってきました。

sekai_01.jpg

テレポートセンターの駅を降り、会場へ向かっているところから、『世界の終わりのものがたり、もはや逃げられない73の問』が始まっています。

sekai_02.jpg
※裏に問があります。


ここで、73の問の一部をご紹介します。

Q.あなたの人生でいちばん心配なことはなんですか?

Q.人が生み出したことと、人の手によらないことと、どちらが怖いでしょう?

Q.変化することと、持続することは、両立できるのでしょうか?

Q.人はなぜ進歩しようとするのでしょうか?

Q.50年前の生活に戻ることはできますか?

Q.あなたにとって永遠なものはなんですか?

Q.あなたにとっての世界の終わりとは、なにが終わることなのでしょうか?


などなど、とってもシンプルに問いかけられます。

必ずしも答えが一つではないものに対して、
次々と出てくる問にひとつひとつ答えて行き、
次の問へと進んでいきます。

どの問に対しても答えも正解も用意されていません。
そこには考えるきかっけになるヒントが用意され、
他の方が答えた回答をみることができます。
しかし、最後はすべて自分で考えて自分の中の答えを探します。

73の問に答えていく中で、客観的な視点で自分の価値観を
見いだせた気がしました。そして多くの人がどう思っているのか。
自分と近い意見をみると共感を感じ、
自分の違う意見があると、そこには多様性を感じました。

『世界の終わりのものがたり』というタイトルですが、
そこに感じるのは『終わり』ではなく、『続いていく』、
その続く文明や生命の中で何を残していったらいいのか、ということでした。
きっと参加したひとりひとり、この展示で得たものは違うと思います。

展示は6月11日で終わってしまいますが、
まだ少しあるので参加されていない方はぜひ!

http://www.miraikan.jp/sekainoowari/
※特設ウェブサイトでは3つの問に答えることができます。

(曽我 直子)

この記事へのリンク

2012年06月01日

the Earth is full of LIFE & LOVE!!

地球日記

こんにちは、Think the Earthでインターン生として活動しています、杉山菜々緒です。
今回のブログをスタートに、今後たびたびブログを書いていきます。ブログを定期的に書くという事は始めての経験なのですが、丁寧に言葉を紡いでいけたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。

ブログを書くにあたって、「Think the Earth=地球を考える」をしてみました。
自分自身が生きているthe Earth、身近なthe Earthに目を向けて考えてみると...

地球には、解決しなくてはいけない問題や課題は国内外問わずたくさんあります。経験したことのないような厳しい現実や、簡単に語ることのできない悲しみや苦しみが世界の至る所にあると思います。
でも、すぐ隣にいる誰かを大切に想う気持ちや、大事なものを守りたいと想う気持ちは、どこにいても変わらないのだと思います。そして、私は恵まれていることに、そのような、人が人を想い合うなかで育って来ました。
なので、I think the Earth is full of LIFE & LOVE!!!

MHM_1111021090942.jpg

犬の散歩の途中で見つけた草がハートの形をしていました。見つけた時に「私のThink the Earthだ☆」と思いました。


これからも、身近なLIFEやLOVEにまつわる気づきや発見をブログで発信していきます。みなさんの時間がある時にお付き合いいただけたらと思います☆

インターン生 杉山菜々緒

この記事へのリンク

1