2012年08月30日

秘密基地のような遊び場「子ども夢パーク」

地球日記

こんにちは、伏見です。
先日、サッカーの試合に負けて落ち込む息子を元気づけるために連れて行ったところは、子ども夢パーク

子ども夢パークは、川崎市子どもの権利に関する条例に基づき「子どもたち一人ひとりがありのままの自分でいられる場所」を目指して、川崎に住む子どもと大人が一緒に考えて作った、子どものための施設です。

yumepark01.jpg

完成された遊具を決まった使い方で遊ぶだけの遊び場が増えてしまった時代に、焚き火、水遊び、工具と廃材を使った工作、土遊び、穴掘りなど...「危ないからやめなさーい!」と、大人から止められてしまいそうな遊びがほぼなんでもできる夢パークは、まるで秘密基地のよう!
そういえば私が幼い頃は、近所の建材置き場に忍び込んで木材の山を登ってみたり、ゴレンジャー(当時の戦隊モノ)が変身する時にグルグルまわってくぐるトンネルを真似して、雪山に穴を掘ったり潜ったり...、どこでもが遊び場と化して、生傷が絶えなかったことを思い出します。

夢パークには他にも、雨の日でも思いっきり遊べる屋根付きの広場、音楽スタジオ、乳幼児や障がいを持つ人たちのための部屋、不登校児童のための居場所「フリースペースえん」などがあって、個性あふれる子どもたちを丸ごと受け止める準備が整っています。

yumepark02.png

今からちょうど10年前、この「フリースペースえん」が、まだ別の場所(多摩川沿い)に「フリースペースたまりば」として存在していた2002年9月、私はたまりばを訪問し、代表の西野博之さんにインタビューをしたことがあります。低い本棚で仕切っただけの「読書の場」と名づけられた一画で、正座して向かい合った西野さんから、ご自身の体験や夢パーク設立への思いなどを聞かせていただきました。

たまりばに集まってくる子どもたちには、決められたプログラムは何もありません。規則や規制もありません。来たい時に来て、好きなことをして過ごせば良いというお話は、普通の学校生活しか知らなかった当時の私には衝撃でした。

「ありのままの自分でいいんだ、という自己肯定感を持ってもらいたいんです。子どもたちは自分を肯定できるようになり心がほぐれてくると、自然と何かをしたくなります。そのやる気こそが、本物の学びの力につながっていきます」

西野さんのお話には、会話の中に独特のゆったりとした隙間があって、ついつい私自身も自分の過去を振り返り、自分を受け止めてくれた人や場所に思いを馳せていました。

インタビューから10年が過ぎた今も、学校や職場など、自分が属している世界に心地良い場所を見出せない人が大勢いて、不登校やいじめが重要な社会問題となっています。決められたカリキュラムをこなすばかりの学校についていけなかったり、複雑に絡まってしまった人間関係に疲弊した子どもたちには、ゆったりとした時間の流れる環境が求められているのかもしれません。

サッカーの試合に負けたことは、大人の私から見ればたかがそれだけ?のことでも、一年生の息子にとっては一大事!だったのでしょう。夢パークで遊ぶうちにいつもの元気を取り戻し、スッキリ笑顔で帰宅しました。

(伏見聡子)

この記事へのリンク

2012年08月23日

世田谷ものづくり学校で〝こけだま作り〟

地球日記プロジェクト裏話

こんにちは!伏見です。
今年は厳しい残暑が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?
夏の疲れをためないようにのんびり過ごしたい親の気持ちとは裏腹に、我がやの息子たちは毎日全力で遊んでいます。子どもって疲れ知らずだな〜と、ただただ感心するばかり...。

そんな元気な子どもたちを対象にしたワークショップ〝こけだま作りでthink大地の秘密〟( Think the Earth×みどりのともだちプロジェクト)が、8月18、19日に世田谷ものづくり学校で開催されました。

kokeWS000.jpg

世田谷ものづくり学校では、廃校となった旧池尻中学校を活用し、デザイン・建築・アート・ファッションなどさまざまな分野のクリエイターにワーキングスペースとして教室を解放しています。生まれ変わった学校で、個性あふれるクリエイターたちが、子どもから大人まで誰もが楽しめるイベントやワークショップを行なっています。そのクリエイターたちを中心に、今年で6回目となる夏の子ども向けワークショップ「IID KIDS WORKSHOP」が開催され、両日とも多くの家族連れで賑わいました(3千名を超える方々が来場されたそうです!)。苔玉作りの他にも、たけシェルター作りやスノードーム作り、ろくろ回し体験まで!大人も参加したくなる興味深いコンテンツが50種類以上もありました。

今回私たちは、苔玉作りを通じて自然に興味を持ってもらう活動をしている「みどりのともだちプロジェクト」の皆さんと一緒に、地球を感じてもらうワークショップを行ない、2日間で66名の方に苔玉作りを体験していただきました。

kokeWS001.jpg

小さな地球とも言われている、苔玉。とっても楽しい苔玉作りですが、命ある植物なので、家に持って帰ったあともお水をあげたり風にあてたり、気にかけてお世話をしなければなりません。そこで、苔玉を作り始める前に、植物にとっては太陽の光と同じぐらい土が大切なこと、健康な土を作るためにミミズや微生物などの分解者が活躍してくれることを、Think the Earthスタッフによるパペット劇「小さな地球のまるんちゃん&ワルヤくん」で楽しく伝えました。

kokeWS002.png

さぁ、こけだマイスターの和田さんを呼んで、いよいよ苔玉作りのスタートです!
先日のブログでも紹介しましたが、数種類の土を混ぜて、ハンバーグを作るみたいに滑らかで柔らかくなるまでこねます。

kokeWS003.jpg

小さな手で一生懸命にこねる姿を、保護者の皆さんが見守ったり、わいわい一緒に作ったり...、苔玉作りを通じた親子のコミュニケーションもこの活動で大事にしたい一要素です。

kokeWS004.png

できあがった個性豊かな苔玉たち、いかがですか?
参加した方々からは、「子どもが泥を触っているところを久しぶりに見た」「親子で楽しみながら一つのものを作れて良かった!」といった声がありました。

kokeWS005.png

母なる大地について少しでもわかりやすく伝えたいという思いで臨んだ初めてのパペット劇は、ややぎこちなく語る場面もありましたが、汚れた地球のワルヤを本気で怖がる子がいたり、ミミズの生態に詳しい子がいたり、子どもたちから笑顔や気付きをいっぱいもらって、Think the Earthスタッフにとっても貴重な体験となりました。今後の活動に活かしていきたいと思います!

*掲載している写真は、イベント開催時に参加者の方々に了承を得て撮影したものです。

(伏見聡子)

この記事へのリンク

2012年08月16日

ピンキーリングに願いを込めて

地球日記

今週電車に乗っていて気づいたこと。
「おや、いつもよりも人が少ない?」

気づけばお盆休みの時期でした。
夏ももう後半戦に突入。みなさん今年の夏はいかがでしたか?

お祭り、プール、海、キャンプ、花火大会、スイカ、かき氷・・・
夏は楽しいイベント目白押しですね!(途中から食べ物に変わってますが)

そんな中、例年気合いをいれて参加している行事に参加しなかったものがあります。

それは、「夏のバーゲン」です。
毎年ついつい買い過ぎてしまうのですが、今年は全く興味がわきませんでした。

最近、確実に物欲が低下しています。
欲しい「モノ」があまりないんです。

あれもこれも欲しかった10代。(だいぶ前の話ですね)
でも、洋服ってそんなに必要なのかなぁ?
以前に比べ、モノをたくさん持つことに魅力を感じなくなったようです。

だからこそ、何かを買う時は値段は関係なく、いつも真剣です。
本当にほしいモノなの?必要なモノなの?どうやって作られたものなの?
まわりが飽きれるくらい悩みます。

そして、誰かにプレゼントをあげる時も同じです。

先日こんな商品を買いました。
チャリティーピンキーリング
2012-08-17 10.30.01.jpg

ひとつの色は自分のため、もうひとつの色は途上国の女の子のためという意味がこめられた、2色重なったデザインのピンキーリング。「恋」「健康」「ファッション」「結婚」「出産」など、10種のテーマでつくられています。そして、リングひとつにつき100円がジョイセフを通じて、途上国の女の子支援に使われます。

知っていますか?
毎日、約800人の女性が妊娠や出産が原因で命を落としていることを。

このメッセージを見た時に、出産を控えた大切な友人にあげたいと思いました。

日本では当たり前のように病院があり、かかりつけのお医者さんに見てもらい、安全な場所で出産が出来ます。「妊娠した」と言えばお祝い事。余程の事情がない限り、命を落とす心配などしません。みんな口をそろえて「おめでとう」と伝えます。

でも、私たちの当たり前が、世界中の当たり前ではない。
命がけで出産している女の子もいるのです。

友達に元気な赤ちゃんを産んでほしい。
そして、出来るなら遠くの国で妊娠している女の子たちにも安心して子どもを産んでほしい。

そんな願いを込めて、今日も小指にリングをつけています。

2012-08-17 10.37.41.jpg

GIRL meets GIRL  チャリティーピンキーリングプロジェクト

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2012年08月10日

&EARTH DAY~みんなで人と地球について考える2日間~

地球日記

今週はいくぶん涼しくなった東京より。
皆さん、残暑きびしい夏、いかがお過ごしですか?

わたしたちThink the Earthスタッフは、
8月4日と5日の二日間@千葉県は柏の葉で
とっても熱い"真夏"を経験してきました♪

題して"&EARTH DAY~みんなで人と地球について考える2日間~"

これは、いつもTTEを応援してくれている三井不動産さんが実施したイベントで、
ららぽーと柏の葉をつかって行われました。

※以下の掲載写真は、イベント時に公式の許可得て撮影されたものです。

DSC_3284.jpg

対象は小学生以下の子どもたち。TTEスタッフがお手伝いしたイベントは「&EARTH
melody」というワークショップ。北海道の森からやってきた"カラマツ"と"トドマツ"
の間伐材で、木琴をつくり、みんなで合奏するワークショップをしてきました!

今日はほんの少し、当日の様子をご紹介します~


DSC_3307.jpg

左側のこれは、ワークショップの冒頭と終盤に、音楽家の先生たちが合奏する
木琴として特別に制作いただいた"大木琴"。
手前のみどりの丸は、子どもたちが座る"椅子"です。
ほとんどすべて"カラマツ"と"トドマツ"で出来ているんですよ~かわいい♪ほしい♪
とっても可愛い音色で、木の密度や太さ、長さによって響く音が変わります。

DSC_3303.jpg

また、当日会場には森で収録された"木々や葉っぱ""雨や川""風や鳥"の環境音が流れ
ていて、木琴が織りなす自然の音色が、とても素敵なハーモニーを奏でていました♪


当日の流れはこの通り。
まず、ワークショップの最初は"木や森のお話"を。どうして間伐するのか、
木はどこから来たのか、を子どもたちに伝えます。


DSC_3271.jpg
どんなことをするのか、子どもたちもワクワク・ドキドキ。


DSC_3274.jpg
続いて、木工家具職人の湊哲一さんと助手さんが木琴の作り方を説明。


DSC_3282.jpg
お父さんもお母さんも、保護者のみなさんも一緒になって、たのしそうに木琴づくりしてました!


DSC_3287.jpg
小さなお子さんでも参加できるように、作り方はシンプルで簡単。間伐材の台座に、テープをはり、その上に間伐材を並べ、木ネジで留めます。みんな真剣な眼差し。


DSC_3291.jpg
木琴が完成した子から、隣のスペースへ移動し、自由に木琴をたたく!木の音を確かめながら、みんな思い思い遊んでいます~♪


DSC_3294.jpg
合奏パートは玄先生からレクヤーを受けて、みんなで「山の音楽家」を演奏しました。子どもたちは伴奏となる和音を担当。"melodyの妖精たち"素敵な音楽家の皆さんは、大木琴でメロディーラインを担当。

演奏中は、通りがかっただけの方も、大人から子どもまで、綺麗なハーモニーに
聴き入っていました♪

間伐材される木は、成長途中のため柔らかかったり、節があったりして、建材や製品材としては使われにくいシーンもありますが。こんな風に、木をたのしむ♪ワークショップは、間伐材の新しい可能性としてすごく魅力的だなぁ♪とあらためて実感した夏でした。


このイベントで使う間伐材のふるさとである北の大地へ行ってきた時のブログも
ぜひご覧下さいね。

前編~森の入口
中編~きこり登場
後編~間伐材のふるさと


(風間美穂)

この記事へのリンク

1