2013年03月22日

九州ちくご元気計画@ヒカリエMOV_aiiima 1&2

地球日記おすすめ info

こんにちは、曽我です。
今年は桜の開花が早く、早くも満開になっている場所もありますね。まだまだスギの花粉が飛んでるこの時期に桜が満開になっても、花粉症の私は外に出るのが辛いのでお花見に行けずとっても悲しいです。

さて、今日はヒカリエで開催している『九州ちくご元気計画 SPECIAL EXHIBITION』のことを少しご紹介します。

genki01.jpg

九州ちくご元気計画とは、2008年にスタートした福岡県の筑後地区中心とした、行政と民間が連携した雇用創出事業です。

「雇用を生むためには商売繁盛から」をコンセプトにプロジェクトがスタートし、最初は個人レベルでのスキルアップのための講座を開講し、その後研究会と位置づけ、実践販売に向けた商品のブランディング、商品開発、情報発信等の研究が始まります。最終的には研究会から実践販売を目標とし、雇用創出を目指すプロジェクトですが、2011年に第一期が終了し、2012年から第二期がスタートしました。

現在、その第二期『元気計画②』が東京のヒカリエにきています。

genki02.jpg

場所はヒカリエ8Fにある、Creative Lounge MOVのaiiima 1&2。

今回の展示は、実際に研究会から商品開発を経て実践販売しているものが紹介されています。

genki03.jpg
genki05.jpg
genki04.jpg

どれもこれも生産者の想いが詰まっている商品ばかり。デザインはかっこよく、オシャレで素敵なものばかりですが、研究員の方からお話を聞くと、95%以上は素材へのこだわりや伝統を終わらせたくない、生産化するまでの過程に生産者の想いが詰まっていて、デザインの力は数%とおしゃっていました。土台がしっかりあるからこそ、デザインが活きるんだと。それをもっともっとたくさんの人に伝えていきたいと。

元気計画は地方の商品をクリエイティブな手法を使い、生産者と行政が一緒に雇用創出事業を行なっているということでGOOD DESIGN賞を取ったり、色々なメディアに取り上げられていますが、もっと生産者の顔や声も届けていきたいという想いがとても伝わりました。

今回、ヒカリエでは期間限定で商品を購入することができます。実際に手にとって商品をみたり、推進員の方から直接お話を聞くことができる機会になっているので、ぜひぜひ足を運んでみてください。

3月23日(土)にはイベントも開催されます。

トークセッション『いまローカルを考える』
※事前予約制

展示は3月24日(日)までなので、今週末にぜひ立ち寄ってみてください!

(曽我 直子)


この記事へのリンク

« えっ?の付く環境先進国NIPPON | メイン | 地球のいまを知る インフォメーショングラフィックス展【環境編】開催中 »