2013年05月28日

宙のがっこうー星出宇宙飛行士によるリアルタイム講演ー

地球日記

先月4月16日に慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)と当団体、一般社団法人Think the Earthとの共催で宙のがっこう第二弾を開催しました。

「宙(そら)のがっこう」 宇宙から帰ってきた星出宇宙飛行士の特別授業!

sora2-01.jpg

今回の宙のがっこうは、約4ヶ月に及ぶISS長期滞在から無事に帰還を果たした星出宇宙飛行士に、リアルタイムで講演をしていただくというもの。実際、ほとんどの時間は会場からの質問に答えてくれるというものでした。

sora2-02.jpg
sora2-03.jpg

参加者の方からたくさん質問が出たのですが、その中でとても強く印象に残った回答があったのでぜひご紹介させてください。

それは、「宇宙に行って、この感覚・この感動だけは伝えたいということがあったら教えてください」という質問に対する回答です。

星出さんは、

●宇宙でしか体験できないことが一つは無重力。その無重力の中でプカプカ浮かんでいる感覚はたまらない

●90分間で地球を一周する中で、宇宙ステーションにあるキューポラという出窓から見える地球の色んな表情を眺めてるとき

と答えていました。そして、次の回答が私の中でゾクゾクっと感じたお話です。

「船外活動中にロボットアームの先端で作業をしているときに、きぼう(宇宙ステーション)の一番先端にいて、あれ?って思ってふっと前を見たら何もないんです。人工物が自分の目の前に一切ない。キューポラにいるときは視界の中に窓枠や、宇宙ステーションが見えているんですよね。守られている感覚がある。けど、その時は自分の目の前に宇宙と地球しかない。ほかの人工物が何も見えないんです。足元を見ると足の向こう側は地球。あれはたまらなかったですね。」

sora2-05.jpg

想像したらゾクっとしました。自分の目の前に宇宙と地球しか見えないってすごい。夢みたいな情景。人がリアルにそんな体験をしているなんですごい、すごすぎる。今目の前にいる星出さんがその体験をしたんだ!と思うと興奮しました。

今まで私は、宇宙飛行士は、宇宙に行くことができる人たち、宇宙飛行士以外の何者でもなく、ただただすごい人たちだなと思っていただけでした。

けど、今回星出さんのお話を聞き、宇宙飛行士とはいえ、それぞれの体験は違うもので、その体験の中での感動ってそれぞれにあるんだなと感じました。普段の感覚では人の感動は存在する人たちの分あると思っているのですが、宇宙飛行士として体験する感動は、誰でも同じものだと勝手に思っていたところがありました。

sora2-06.jpg

今回は2回宇宙に行き、3回船外活動をした星出宇宙飛行士のお話でしたが、今度は別の体験をした宇宙飛行士の方にお話を聞いてみたいと思いました。

イベントの様子はUstreamをした際のアーカイブで見ることができるので、興味がある方はぜひ御覧ください!

▼Ustream(チャンネル:keiosdm2)
「宙のがっこう」-星出宇宙飛行士による公開講座-

(曽我 直子)

この記事へのリンク

2013年05月17日

道端の花

地球日記

陽の光を浴びて気持ちよさそうに咲く道端の花にふと目が留まり、駅に急ぐ途中でしたが思わず立ち止まってパシャパシャ撮影してしまいました。

写真を見直すとふだんよく見かけるのにまったく名前を知らないことに気づき、ちょっと調べてみました。

これはカタバミ。一度根付くと根が絶えないことから家紋になったりしていました。夜になると葉を閉じるそうです。クローバーに似てますよね。
IMG_20130517_06.jpg

オオイヌノフグリ、ヨーロッパ原産。名前をよく聞くので帰化植物とは意外。
IMG_20130517_03.jpg

フランスギク、在来の菊に比べってやっぱりなんとなく西洋風に感じるのは先入観でしょうか笑。
IMG_20130517_04.jpg

ナガミヒナゲシ、ちょっとピントがボケてしまいましたが、こちらも帰化植物だそうです。はじめて日本で見つかったのが1961年の世田谷区(Wikipedia情報)。

意外と最近なので、埼玉のこの場所までどんなストーリーがあって辿り着いたのかな、風に乗ったり、人の服に付いたり、と想像すると言葉なく佇む彼らがなにか無言で語りかけてくれるような気がします。
IMG_20130517_02.jpg

おなじみのタンポポ。
IMG_20130517_01.jpg


意識してみてみると、道端の花にもいろいろな種類があることがわかりました。調べると新しい発見もあり楽しかったので、今年の春は誰の気にも留められず、気ままに咲く名もない(名前はあるんですけど)彼らをもう少し気にかけてみようと思いました。

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2013年05月10日

『ねこよみ』寄付のご報告

お知らせ

s_sora2.jpg

Think the Earth Project 022「ねこよみ」では、このたび書籍『ねこよみ』の初版売上の一部112,000円を、一般社団法人SORAさんの「ドッグラン作成」プロジェクトに寄付させていただきました。

「ねこよみ」では、猫を想うことは地球を想うこととつながっている、という思いから、書籍出版後も、被災地の犬猫の現状や、地域猫の問題などに取り組むNPOの方々を取材してきました。

寄付をさせていただいたSORAさんは、震災後から現在まで、福島市内に犬猫シェルターを運営しています。

困難の収束が見えない状況の中、スタッフの皆さんを中心に、「日本一明るいシェルター」を目指し活動を続けてらっしゃいます。そこには、全国各地から、代わる代わる力を提供しにボランティアさんがやってきています。

そして先ごろ、支援者の方たちの協力で、敷地内にドッグランが完成しました。今回のご寄付は、この「ドッグラン敷設」のための費用として充てていただきました。

s_sora1.jpg

ブログやフェイスブックでは元気に駆け回る犬達の様子が日々伝えられています。
犬達の幸せはもちろん、ドッグランをきっかけにボランティアに参加してみるなど、1人でも多くの方が、福島やSORAさんの活動とつながる一助となれば幸いです。
ご報告まで。

◎一般社団法人SORA ブログFacebook

(鳥谷美幸)

この記事へのリンク

2013年05月02日

アースデイ東京に出展してきました

プロジェクト裏話

4月20、21日と、東京の代々木公園で行われたアースデイ東京にThink the Earthブースを出展して来ました。今年のアースデイでは「未来の自分への手紙」企画と、Think the Earth Paperの最新号をお配りしました。
IMG_7503.jpg

「未来の自分への手紙」はブース内のそこら中にぶら下げたハガキから好きなものを選び、自分(だれか他の人宛でも良いです)宛にメッセージを書いて、ブース内のポストに入れると半年後に届く仕組み。
IMG_7489.jpg

こんなお手製ポストに投函します。
IMG_7499.jpg

忘れた頃に半年前の自分が思っていたことが届くこのイベントは、どこでやっても皆さん楽しんで書いてくれています。
IMG_7458.jpg


100円で参加でき、50円が切手代、50円が東日本大震災「忘れないプロジェクト」へと寄付され、東北のプロジェクトに使われます。ハガキを書き終わった人には、このでっかい地球と一緒に写真をとってもらいました。
IMG_7443.jpg

みんな、こんな大きい地球を持ち上げると気分も上がるみたいです。
IMG_7372.jpg

子どもだけでなく、大人も盛り上がります。
IMG_7358.jpg

IMG_7516.jpg

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
また来年のアースデイで再会しましょう!

(山口倫之)

この記事へのリンク

1