2013年07月19日

最近気になる深海ワールド 

地球日記おすすめ info

みなさまこんにちは。

最近暑い日が続きますね。
夏と言えば海!ということで、先月早々と江ノ島の海に行ってきました。

私にとって海は海辺の風景や波音を聞いて癒される場であったり、サーフィンやシュノーケルをして遊んだり、目に見える範囲での楽しみしか知りませんでした。でも、「宙のがっこう〜深海編〜」が始まってから、新たな海の魅力にハマっています。
そう、深海ワールドです!

深海って聞くと、まずみんなが思い出すのは、伝説の怪物「ダイオウイカ」くんではありませんか?あれが火付け役となって、今深海が熱い!と勝手に思っているわけです。笑

Think the Earthで最初に「宙のがっこう〜深海編〜」を始めたのは5月25日。

「しんかい6500」および「よこすか」が今年1月よりインド洋、南大西洋、カリブ海、そして南太平洋をおよそ1年かけて巡る「しんかい6500」世界一周航海「QUELLE 2013」を実施しているということで、QUELLE2013のビジョンや普段聞けない戦略の話、そして、QUELLE2013で挑む科学テーマの話などを中心にJAMSTECの方にお話して頂きました。

そこで聞いた話によると、海洋資源や津波の研究のような具体的なミッションを持ったプロジェクトと比べ、「生命探査」というテーマの研究は、国から予算がなかなか取りにくい。それの理由はなんとなく分かる気もするんですが、「地球の最初の生命は何だったのか?」という問いは、シンプルに興味深い。もっとこのテーマに興味を持つ国民が増えれば、この分野の研究も必要だ!と国も認め、予算も通りやすくなるそうです。

田村さん.jpg
JAMSTECの田村さん

Think the Earthとしては、そういう意味で深海の面白さをどんどん伝えて、「生命探査」の研究を応援したいな、と思いました。

極限環境に生きる微生物を研究している高井 研さんは知るひとぞ知る有名人。
彼が話す深海の話はとても面白いんです。(絶対生で聞いてほしい!)

「日本の海洋分野の研究は世界的に見てかなり進んでいると言われているけれど、海の底に住む微生物の生態については、ほとんど何も知らないに等しいと言えるほど、わからないことだらけ。だからこそ、深海に行かなければならない。そこで出会う、深海生物はまさに驚きの連続で、最高に楽しいエンターテイメントなんだ!」そう言って深海生物カイコウオオソコエビやスケーリーフットの話だったり、世界最高温度の熱水域や湧水の話を分かりやすく、話してくれました。私はもっぱら文系の人間なので、数学とか科学とか、苦手意識で避けてきた分野なのですが、ここにきて科学って面白いなぁと。自分自身のその変化にとてもびっくりしました。

カイコウオオソコエビ01.jpg
JAMSTECの高井さん


そして2回目の「宙のがっこう〜深海編〜」は、有人潜水調査船「しんかい6500」を搭載した支援母船「よこすか」とのリアルタイム交信イベントを2013年7月1日に実施しました。

カリブ海にいる高井さんと生中継で日本の会場とつなぎ、「はやぶさ」の探査に関わったJAXAの矢野 創さんと深海生物の研究をしているJAMSTECの和辻 智郎さんの3人に「深海と宇宙のつながり」についてお話頂きました。(この日、200名以上の参加者が集まりました!)

私たちが住む太陽系には、地球以外にも海のような液体が集まっている星があります。その中でも高井さんと矢野さんが注目しているのは、土星第二衛星エンセラダス。そこは、今も宇宙に吹き出す海水の氷柱と有機物があるそうです。エンセラダスから噴出している物質をサンプルリターンできれば、そこに新たな生命を発見する可能性が十分にあるのです。深海の研究が、まわりまわって宇宙の生命体とつながる瞬間を感じて、すごい!と思いました。

アストロバイオロジー.jpg
JAXAの矢野さんとJAMSTECの和辻さん

ラーメンカップ.jpg
宙のがっこうのために特別に持って行ってもらったカップラーメン。海底でこんなに小さく圧縮されちゃいました。

質問シーン.jpg
会場からはたくさんの質問も!カリブ海から高井さんが答えてくれました


そしてついに3回目となる「宙のがっこう〜深海編〜」が今度の28日(日)に代官山で行われます。最終回はカリブ海のプロジェクトから帰ってきたばかりの高井 研さんとJAXAの矢野 創さんに「深海と宇宙がつながり」について、よりディープな話をしてもらいます。

web0728.jpg

今回は今までとちょっと違った感じで楽しんでもらえるよう、人数を制限し、美味しい食事とドリンクもご用意しました。参加者の方がトークの感想や疑問に思っている話をざっくばらんに、みんなで話せる時間にしたいと思います。残席あとわずかですので、気になっている方はお早めにお申込下さい。

「宙(そら)のがっこう 深海編」トーク&交流会申し込みフォーム

また、他にも深海ワールドを楽しめるイベントを見つけました。
私も時間を見つけて行ってみたいと思います。

超・深海展
日程:2013年7月5日~7月23日
場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C

特別展・深海
日程:2013年7月6日~10月6日
場所:国立科学博物館

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

« 過去の自分からの手紙 | メイン | アースコミュニケーターインタビューvol.1 山阪佳彦さん »