2013年08月30日

生命の限界に迫る!なぜ地球は生命に満ちあふれた惑星になり得たのか?「しんかい6500」見学会レポート(後編)

アースコミュニケーター


前回に引き続き、「しんかい6500」見学会レポートです。
生命の限界に迫る!なぜ地球は生命に満ちあふれた惑星になり得たのか?「しんかい6500」見学会レポート(前編)

今度は海洋科学技術館。「しんかい6500」が獲ってきた深海生物を見てもらいました。
jamstec10.jpg
フィギュアを前に「QUELLE 2013」で潜航した若手研究員が熱水噴出孔現場を解説

「QUELLE 2013」大航海の目的 ― 地球の生命起源は深海の熱水噴出孔ではないだろうか?

海洋科学技術館の奥の部屋には、一時帰国したばかりの「しんかい6500」が深海底から採取した獲れたて研究サンプルが展示されていました。会場でみた深海の模型は異様な世界でした。

深海は太陽光が全く届かない真っ暗な世界。地下のマグマで熱せられて噴出している熱水(温度400℃の高温状態)の近くに沢山の生物がいるそうです。

jamstec11.jpg
自ら持ち帰ったサンプル(チムニー)を持って説明(Tシャツのイラストがカワイイ)

科学でひも解く。深海で生物が生きるすべとは?

素朴な疑問ですが、深海生物はどうやって生きているのでしょう?
太陽光が届かない深海世界では光合成ができません。一部の深海生物は海底下からわき出る硫化水素やメタンなどをエネルギーとして生きていけるそうです。上位種(体の大きい生物)はバクテリアなどの細菌を栄養源として摂取して食物連鎖が成立します。

jamstec12.jpg
飼育中のユノハナガニ(名前の由来は「湯の花」)

熱水噴出孔周辺にいる個性的な深海生物たち

獲れたての深海生物が並べられていました。それぞれの名前の由来や体の特徴がユニークです。

● スケーリーフット (白スケ、黒スケ)
黒スケ(通称)は、体が硫化鉄という金属でおおわれて黒色です。一方、白スケは硫化鉄でおおわれていません。どうやって硫化鉄を帯びるのかなど、詳しい生態はまだ解明されていません。

● ゴエモンコシオリエビ 
日本を代表する深海熱水域に生息する甲殻類です。名前の由来は釜ゆでの刑にあった石川五右衛門です。

● リミカリス
エビの一種。目は退化して、背中の赤外線センサーで熱源を関しているのではないかと考えられているそうです。(このエビの機能は、まだ研究中だということでした。)

jamstec13.jpg
写真右:黒スケは硫化鉄の甲羅を持つ深海生物。甲羅破片は金属的音がする

jamstec14.jpg
熱水噴出坑周辺で生きている高温で生きる深海生物たち

元パイロットによるお話し 有人深海調査の歴史とこれから

川間技術副主幹は元潜航士で、「しんかい6500」を操るための技術やノウハウだけでなく、深海調査についての豊富な知見をお持ちでした。現場スタッフが研究の意義を社会に広める活動は、探査プロジェクトを続けていくために必要です。

「しんかい6500」は潜航して24年で、もう何百回も潜っています。現在、有人探査機としては世界で二番目に深く潜れるそうです。一番は中国の「蛇竜号」(ジャオロン号)で7000mへ行けるそうです。さらに深いところは無人探査機が調査します。

そして、次世代調査船の計画と期待を語られました。海外で開発されたいろいろな深海探査機を見せてもらいました。個性的な形と最新機能が面白 かっ たです。私も未来の潜水調査船をデザインしてみたいなと思いました。深海探査はまだ続きます。 「QUELLE 2013」の成果に乞うご期待ください!

この取材で、子どもの頃に読んだジュール・ヴェルヌの冒険SF小説『海底二万里』を思い出しました。リメイクやオマージュとして、アニメやマンガが何回も制作されています。人によって度合いに違いがあるけれど、未踏の世界に踏み出すことは、私たち共通の夢なんですね。

「QUELLE 2013」は航海の途中です。これからまた深海へ行って調査を続けられます。その成果がどんなものか明らかになるのが楽しみです。

jamstec15.jpg
チムニーを持たせてもらって感激の記念写真

参考文献(リンク集)

有人潜水調査船しんかい6500公式サイト
生命の限界に迫る「しんかい6500」世界一周航海 QUELLE2013 特集サイト
有人潜水調査船「しんかい6500」特別見学会特設サイト 見学のしおり(PDFファイル)

(アースコミュニケーター 望月銀子)

この記事へのリンク

2013年08月30日

生命の限界に迫る!なぜ地球は生命に満ちあふれた惑星になり得たのか?「しんかい6500」見学会レポート(前編)

アースコミュニケーター

「しんかい6500」は生命の限界に迫る世界一周航海「QUELLE 2013」から一時帰港しました。2013年1月、有人潜水調査船「しんかい6500」を搭載した母船「よこすか」が海洋研究開発機構を出港。インド洋、南大西洋、カリブ海、そして南太平洋を約1年かけて巡ります。

jamstec01.jpg
見学者の前に立つ櫻井司令(左)と4名のパイロット

はじめまして。アースコミュニケーターの望月銀子です。
夏真っ盛りの8月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構(JAMSTEC)へ行ってきました。

jamstec02.jpg
京急追浜駅に集合。レポーター&取材陣は貸切りバスでJAMSTEC本部へ

誰しも考える問い 「―人はなぜ生命の根源を追い求めるのか?」

作品「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」は、フランスの画家ポール・ゴーギャンが1897年に描いた有名な絵画です。謎めいた題名に惹きつけられます。

jamstec03.jpg
©Wikipedia

その命題を科学として研究している学問があります。「地球生命はどこから来てどこへ行くのか?」 そして「宇宙には地球生命以外の生命は存在するのか?」 という問いにチャレンジするのがアストロバイオロジー(宇宙生物学)です。自然科学分野間の学際領域として研究されています。私も地球生命の起源やE.T.の探求に興味があります。

未知なる深海の世界を探索するエクスプローラーに魅せらせて

7月1日に慶應義塾大学日吉キャンパスで行われたカリブ海とのライブ中継トークイベント「宙(そら)のがっこうー深海編ー/宇宙と深海はつながっている!しんかい6500&はやぶさ」に参加しました。モデレータは、はやぶさプロジェクトチームの矢野 創氏。中継先にいる地球生物学者の高井 研氏、会場には同じくJAMSTEC研究員の和辻智郎氏と、宇宙と深海における生命探査を熱く語られていました。皆さまの情熱と冒険心に触れて、地球生命探究に興味が湧き上がりました。

快晴の海日和!いざ、深海のアカデミアJAMSTEC本部へ

おりしも、今夏は深海ブームで上野の国立科学博物館で特別展「深海」が開催され、NHKでも「深海の巨大生物」が放送されたところでした。その発信源のJAMSTECが主催する「しんかい6500」特別見学会があり、取材へ出かけました。

jamstec04.jpg
潜水調査船整備場前から臨む景色


深海へ潜るテクノロジーとメカニズムを熱く語るしんかい6500パイロット

まずは、「しんかい6500」の公開整備の様子を見学しました。櫻井利明司令が運航チームメンバーのご紹介と自作のプラモデルで有人潜水調査システムを解説して下さいました。
jamstec05.jpg
自作プラモデルで「しんかい6500」テクノロジーを語る櫻井司令

6500mの深海へ26tもの重さがある調査船が潜るのは相当なテクノロジーが必要です。櫻井司令は、水圧に耐える潜水船の構造や潜航時の機能について説明してくれました。

● 深海へ潜るためのテクノロジー 耐圧殻(たいあつこく)
深度1万メートルの水圧に耐えるチタン合金製の球体。内径2.0mの狭い内部に潜航士2名と研究者1名が乗り込んで調査を行います。目的地が深海数千メートルの場合、1日8時間も潜航しているそうです。

● 深海の水圧に耐えるテクノロジー 浮力材
深く潜るほど水圧がのしかかります。潜水調査船は高い水圧に耐えられる強度が必要です。「しんかい6500」は、高い水圧でも変形することのない強度がある浮力材を使用しています

続いては、運航チームによる総合作動試験とマニピュレータ操作訓練を見せていただきました。見学者の中から選ばれた少年とネット中継のカメラが狭い耐圧殻に入りました。

jamstec06.jpg
見学者が深海調査船の船内へ潜入

jamstec07.jpg
約14cmの分厚いアクリル樹脂のぞき窓から船内を覗き込んでみた

整備点検のメインイベント!ロボットアームで捕獲活動

公開点検のラストは、マニピュレータのテストです。私たちの前で、櫻井司令がコントローラを操りながら説明してくれました。
実際は、パイロットは研究者の依頼を受けて、深海や熱水噴出抗などについたら、ロボットアームを巧みに操って、深海生物を獲ります。獲物はサンプル用バスケットに積込んで地上へ持ち帰れます。
jamstec08.jpg
生物や海底の岩石の採取に使うマニピュレータの説明

jamstec09.jpg

見学者から空き缶を持たされたロボットアームの力試し

そして次の見学は海洋科学技術館!なのですが、続きは後編でご紹介します。

生命の限界に迫る!なぜ地球は生命に満ちあふれた惑星になり得たのか?「しんかい6500」見学会レポート(後編)

(アースコミュニケーター 望月銀子)


この記事へのリンク

2013年08月27日

みずのがっこう@日本科学未来館のご報告

地球日記みずのがっこう

こんにちは、伏見です。
子どもの自由研究に悩まされる夏休みがようやく終わりました。この時期に小学校へ行くと、生徒たちの力作が廊下に並んでいて、作品を眺めるだけで元気をもらえます。ちなみに低学年には工作が人気ですが、高学年にもなると歴史や科学の研究など、どれも本格的で驚かされます。
Think the Earthでは、8月3、4日の二日間、日本科学未来館(東京都江東区)でみずのがっこうを行ない、たくさんのご家族にご参加いただきました。水博士になった子どもたちの中に、学んだことを自由研究にした子もいるかもしれませんね!

mizunogakkou04.png
今年のみずのがっこうは、クイズとワークショプの二本立て。クイズの前は少し緊張している様子の子どもたちでしたが、はしもと先生が一人ひとりに話しかけながらクイズが進んでいくと、会場は和やかになり、笑顔も増えていきました。

mizunogakkou03.JPG
水にまつわるクイズは、正解すると大盛り上がり!保護者の方々も知らないことが意外に多く、頭を悩ませていました。

mizunogakkou06.JPG
正解者にはアクアシールがもらえます。シールの枚数に応じて、安全な飲み水と適切な衛生環境を届ける活動をしているNPOウォーターエイドジャパンへ寄付金を贈ることができますので、みんな一生懸命がんばりました。

mizunogakkou05.JPG
クイズの後半戦はその場で答えが見える、実験クイズ。簡単なろ過装置でオレンジジュースがどうなるかな?粉石鹸が一番泡立つ水はどれかな?みんなでドキドキしながら実験結果を見守りました。

水のことをたくさん学んだあとは、水の流れを感じるワークショップ。海、川、森、土、氷河...、自然界の様々な場所に存在する水ですが、一体どこからきてどこへ行くのか、その流れは普段意識していないと感じることができません。ワークショップ「みずのたび」では、参加者自身が水の分子になって、サイコロを転がして出た行き先に移動することを繰り返す中で、水の循環を体験します。
(※ProjectWETのアクティビティ「驚異の旅」と同じ内容です)

mizunogakkou02.png
それぞれの場所にあるビーズが10個集まるまで、サイコロを転がします。海からなかなか次の場所へ移動できない人、雲と海を行ったり来たり繰り返すばかりの人、「植物や動物に、なぜ行けないんだぁ!」と嘆く声も聞こえて、会場は大騒ぎでした。

最後は、各地を回ってきた水分子たちに、移動してきた自然界の流れを発表してもらいました。なぜ行きやすい場所とそうでないところがあるのか、はしもと先生のわかりやすい説明に保護者の方々もうんうん頷いていました。

mizunogakkou01.png
ワークショップ終了後には、番外編としてペットボトルで雲をつくる実験も行ないました。

mizunogakkou07.JPG
みんなから、みずのがっこうに向けてメッセージをいただきました。
mizunogakkou08.png
「旅をしながら水循環を知ることができて楽しかった!」「つながっていることを実感した」といった声のほか、可愛らしい水分子の絵とともに「みずさん、ありがとう」という微笑ましいメッセージも!
mizunogakkou09.png
おうちに帰ってからも家族で水の流れについて話し合ってくれたら、スタッフ一同、とても嬉しく思います。みずのがっこうfacebookページでは、これからもみずのがっこう最新情報を含め、水についてさまざまな情報を楽しくお伝えして参ります。ぜひチェックしてみてくださいね!

後日、NPOウォーターエイドジャパンからみずのがっこう宛に感謝状が届きました!
mizunogakkou10.jpg

(伏見聡子)

この記事へのリンク

2013年08月23日

地球の美は「種差海岸」にあり!?

地球日記

地球に訪れた宇宙人に、とっておきの場所を案内するとしたら・・・
あなたならどこへ連れて行きますか?

tane1.jpg
青森県八戸市にある種差海岸をご存知であれば、きっと、この場所が浮かんだ方も多いのではないでしょうか。

全長約12km。本州最北端に位置する下北半島と三陸海岸の間に位置する種差海岸は、国の名勝に指定されており、画家や小説家、詩人など多くの芸術家を魅了してきました。

種差(たねさし)という名前の由来は諸説あるみたいですが、地元の方の話を聞くと、アイヌ語の「タンネエサシ(長い岬)」から来ているという説が有力だそうです。


先日お休みを利用して、この種差海岸の半分ほどのコースを散策してきました。
ほんの一部ですがご紹介します◎

tane2.jpeg
ここではニッコウキスゲやハマナスなど、季節毎に多様な植物を見る事ができます。
散策MAPには写真が載っているので、探しながら歩くのも楽しいです♪



tane3.jpeg
1日に数本の八戸線、運が良ければ電車に遭遇できるかも。



tane4.jpg
なにやら雪化粧をした丸い岩が・・・
あれはなんと、ウミウの糞で白くなってるのです!その名も「白岩」。




種差海岸の一角にある葦毛崎展望台。ここから180度、太平洋が見渡せます。



tane6.jpeg
そしてそして、種差海岸といえばこの天然の芝生地!
ウミネコたちが広い芝生の上を歩き回ってる姿はとても愛らしいです。

その他にも、約1万本あると言われている「淀の松原」であったり、昔コウモリの寝床となっていた「コウモリ穴」などなど、1日あっても足りないほど見どころ満載◎

次回はたっぷり時間をつくって、コース全体を歩こうと思いました。


さて、先の質問ですが、実は作家・司馬遼太郎さんが次のような言葉を残しているのです。
ー「どこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした」ー


確かに、宇宙人と友達になったら、私もここへ連れて行きたいなぁ

(関根 茉帆)

この記事へのリンク

2013年08月05日

大切な、三つの動詞

理事からのメッセージ

みなさん、こんにちは。
Think the Earth理事メンバーがスタッフブログに登場するコーナー、
第7回目は白土謙二理事の登場です。

理事のみなさんの紹介はこちら
http://www.thinktheearth.net/jp/about/organization/index.html
---------------------------------------------------------------------------------

今回は、気になっている三つの英語の動詞について考えてみようと思います。

まず一つ目は、think the earthの"think"。これは、現代という混迷の時代にこそ、
最も大切な動詞だと思います。
think4.jpg
この数年、テレビでは池上彰さん的な"分かりやすい解説"が
もてはやされていますが、これはとても良いことである反面、
良くない面もあると思います。
それが何かと言えば、池上さんの説明を聞いた人たちが、
自分のアタマやコトバでもう一度考えようとせずに、
"分かった気になってしまう"こと。
さらに言えば"そうだと思い込んでしまう"恐れなのです。

もちろん、それは池上さんの責任ではありません。
様々な事象を歴史的な文脈と多様な価値観の視点で、
大局的に把握するということは大切なことです。

でも、もっと大切なのはその先です。
最近、池上彰さんが"質問する"ことの重要性をアピールされていることは
とても素晴らしいことだと思います。
プロのジャーナリストの皆さんの"質問力"が低下していることで、
様々な現象の裏で起きていることの本質が見えなくなってきている
という指摘をされています。

私が気になっている二つ目の動詞も、この"ask"なのです。
2010年に、アメリカのファンドレイジング協会の会長であった
ボーレット・マエハラさんが来日された時の講演の中で、
NPOやNGOに代表される非営利活動への支援を、
企業や財団や篤志家や寄付者にお願いする際に、
ファンドレイザー(寄付を集めるプロフェッショナル)にとって
大切な動詞は二つしかないとの指摘がありました。それは、

ask_and_thank3.jpg
ask&thankでした。

どんな素晴らしいプロジェクトであれ、
どんなに実現が難しそうな活動であれ、まずは、
支援してくれそうな相手に<お願い=ask>しに行くしかないと言うのです。

そこでもちろん支援がいただければこんな幸せなことはないのだけれど、
その成功率は極めて低い。

その時にこそ、大切なのがこの"ask"のもう一つの意味だと言うのです。
それは、"質問する"ということです。
なぜ、そのプロジェクトや活動に支援してもらえないかを、
頭を下げてでも教えていただく。
そして、その教えを梃子にして自分たちの企画や提案内容を
より説得力のあるものにバージョンアップしていけば良いというのです。

そこでもし、ダメだった理由が明らかになれば、それをクリアできたら、
またお願いに来ても良いかという約束を取り付けるくらいまで、
しなやかで、したたかであってほしい、というアドバイスもありました。

そして、その"ask"と必ず「対」で実行してほしいと
彼女が訴えたのが"thank"という動詞だったのです。
これが私の気になっている三つめの動詞です。

何かを他人にお願いに行ってOKをしてくれたら、
"thank=感謝"するのは当然のことです。

しかし断られた時にも、先に述べたように
その理由を尋ねて教えてくれたら、それにこそ"thank"すべきだというのです。

そして、その"thank"を言葉だけでなく、その支援が
何を生み出したかをきちんとしたレポートで相手に開示、提供すること。
また、支援が得られなかった場合でも、
今回はあなたの支援は得られなかったけれども、
自分たちはここまで「実行」できましたということをきちんと報告すること。
それこそが、次につながる真の"thank"だと、
自分の経験から話してくれたのでした。

何もないところから始める取り組みであればあるほど、
心をこめた"ask"と"thank"を実行し続けること。
その前向きさと、誠実さと、たくましさが、
多様で難しい環境や社会的な取り組みを、確実に
実現に近づけていくための"基本動作"だと、私も実感する、今日この頃です。

(白土 謙二)

この記事へのリンク

1