2013年08月27日

みずのがっこう@日本科学未来館のご報告

地球日記みずのがっこう

こんにちは、伏見です。
子どもの自由研究に悩まされる夏休みがようやく終わりました。この時期に小学校へ行くと、生徒たちの力作が廊下に並んでいて、作品を眺めるだけで元気をもらえます。ちなみに低学年には工作が人気ですが、高学年にもなると歴史や科学の研究など、どれも本格的で驚かされます。
Think the Earthでは、8月3、4日の二日間、日本科学未来館(東京都江東区)でみずのがっこうを行ない、たくさんのご家族にご参加いただきました。水博士になった子どもたちの中に、学んだことを自由研究にした子もいるかもしれませんね!

mizunogakkou04.png
今年のみずのがっこうは、クイズとワークショプの二本立て。クイズの前は少し緊張している様子の子どもたちでしたが、はしもと先生が一人ひとりに話しかけながらクイズが進んでいくと、会場は和やかになり、笑顔も増えていきました。

mizunogakkou03.JPG
水にまつわるクイズは、正解すると大盛り上がり!保護者の方々も知らないことが意外に多く、頭を悩ませていました。

mizunogakkou06.JPG
正解者にはアクアシールがもらえます。シールの枚数に応じて、安全な飲み水と適切な衛生環境を届ける活動をしているNPOウォーターエイドジャパンへ寄付金を贈ることができますので、みんな一生懸命がんばりました。

mizunogakkou05.JPG
クイズの後半戦はその場で答えが見える、実験クイズ。簡単なろ過装置でオレンジジュースがどうなるかな?粉石鹸が一番泡立つ水はどれかな?みんなでドキドキしながら実験結果を見守りました。

水のことをたくさん学んだあとは、水の流れを感じるワークショップ。海、川、森、土、氷河...、自然界の様々な場所に存在する水ですが、一体どこからきてどこへ行くのか、その流れは普段意識していないと感じることができません。ワークショップ「みずのたび」では、参加者自身が水の分子になって、サイコロを転がして出た行き先に移動することを繰り返す中で、水の循環を体験します。
(※ProjectWETのアクティビティ「驚異の旅」と同じ内容です)

mizunogakkou02.png
それぞれの場所にあるビーズが10個集まるまで、サイコロを転がします。海からなかなか次の場所へ移動できない人、雲と海を行ったり来たり繰り返すばかりの人、「植物や動物に、なぜ行けないんだぁ!」と嘆く声も聞こえて、会場は大騒ぎでした。

最後は、各地を回ってきた水分子たちに、移動してきた自然界の流れを発表してもらいました。なぜ行きやすい場所とそうでないところがあるのか、はしもと先生のわかりやすい説明に保護者の方々もうんうん頷いていました。

mizunogakkou01.png
ワークショップ終了後には、番外編としてペットボトルで雲をつくる実験も行ないました。

mizunogakkou07.JPG
みんなから、みずのがっこうに向けてメッセージをいただきました。
mizunogakkou08.png
「旅をしながら水循環を知ることができて楽しかった!」「つながっていることを実感した」といった声のほか、可愛らしい水分子の絵とともに「みずさん、ありがとう」という微笑ましいメッセージも!
mizunogakkou09.png
おうちに帰ってからも家族で水の流れについて話し合ってくれたら、スタッフ一同、とても嬉しく思います。みずのがっこうfacebookページでは、これからもみずのがっこう最新情報を含め、水についてさまざまな情報を楽しくお伝えして参ります。ぜひチェックしてみてくださいね!

後日、NPOウォーターエイドジャパンからみずのがっこう宛に感謝状が届きました!
mizunogakkou10.jpg

(伏見聡子)

この記事へのリンク

« 地球の美は「種差海岸」にあり!? | メイン | 生命の限界に迫る!なぜ地球は生命に満ちあふれた惑星になり得たのか?「しんかい6500」見学会レポート(前編) »