2014年08月25日

宇宙に魅了され続ける人類〜宇宙博2014〜

地球日記おすすめ info

人はどうして宇宙に興味を持つのでしょうか。

以前はあまり興味がなかったのですが、Think the Earthに入ってから、宇宙と聞けば気になる存在に。昔より、確実に宇宙という存在が身近になったように感じます。それはきっと私だけではないはず。2013年に公開された「ゼロ・グラビティ(原題:Gravity)」では、実際のNASAの宇宙飛行士が「最も忠実に宇宙空間を再現できている映画」と絶賛するほどの映像情報を、多くの人が共有する時代になりました。今では地球が青く球体だということは当たり前の話ですが、ほんの数十年前はわからなかったことなのです。

この夏、これまでの宇宙開発の歴史が分かる展示が幕張メッセで開催されているということで、先日、宇宙博2014に行ってきました!夏休み真っ只中ということで、親子連れがたくさん来ていました。なんと設営には2週間の時間をかけ、およそ500点にものぼる貴重な展示物の数々が並んでいるという・・・さぁ、スペースゲートを抜けて、気分は宇宙へ!

宇宙博3.JPG
薄暗い通路を抜けて、先に進んでいきます

最初はNASA展示エリア。人類で初めて打ち上げた人工衛星、『スプートニク1号』(レプリカ)や、人類で初めて宇宙飛行に成功したユーリ・ガガーリンの写真などがならびます。NASAが発足したのは1958年。月へ人類を送り込むという「アポロ計画」のもと、6回の月面着陸を成功させました。たった60年という短い年月で、世界の宇宙開発技術は飛躍的進歩を遂げています。
宇宙博5.JPG印象的だったアポロ11号が月面着陸した時の朝日新聞の一面。下の広告が気になります・・・


奥へ進んでいくと、ロケットエンジンやロケットの展示が見えてきます。世界最大にして、アポロを打ち上げたロケットサターンVは十分の1の大きさでも迫力があります。(写真を撮りそびれてしまいました・・・すいません)本物のサイズはおよそ111メートル。35階立ての建物と同じくらいの大きさです。ヒューストンにあるジョンソンスペースセンターにはサターンVの実物が横たえられているらしい!さすがアメリカ、規模が違います。笑

ここでは、アポロ15号からは月面車も展示されている(レプリカ)も展示されていました。タイヤはゴムでできているけど、よーくみると金網で全部覆われています。月面はブレーキがききにくいので、チタン性のカバーがついているそうです。
宇宙博6.JPG
どことなく、バカンス気分な月面車

次は、JAXA・日本の宇宙開発展示エリアに行ってみましょう。

頭上に浮かび上がるのは国際宇宙ステーションISS。地球の上空およそ400キロメートルにあり、世界15国で共同運営しています。大きさは全長108メートルほど。この中に6人の宇宙飛行士が半年ごとに様々な実験をしています。

宇宙博7.JPG国際宇宙ステーションISSの10分の1の模型。サッカー競技場くらいの大きさ

国際宇宙ステーションISSの先頭に位置するのが「きぼう」。ここでは実物大の模型が展示されています。 「きぼう」は宇宙飛行士が長期活動できる日本初の有人施設で、日本で開発された後に、NASAへ輸送され、2008年〜2009年の間に3回にわけて打ち上げられました。「きぼう」の開発運用に関わった企業数は大小企業含め、国内約650もあるんだとか。「きぼう」は日本の技術力の賜物ですね。

火星探査展示エリアのコーナーでは、現在火星で探査中のキュリオシティ(好奇心という意味アメリカの女の子がなずけた)くんの実物大モデルが展示されています。彼の使命は火星で生命の痕跡を探す事。アームの先にドリルがあり、火星の岩をくだき、岩石の内部をその場で分析できるすごい技を持っています。彼の活動によって、生命に必要な元素を発見することに成功しました!

キュリオシティくん、火星にずっとひとりで寂しいかな?と思いましたが、彼の活躍は常に世界中の人たちが注目し、見守り続けています。いつか人類が火星に行ける日が訪れるかもしれません。
宇宙博8.JPG
「火星探査車」キュリオシティの実物モデル

その他にも、8Kのスーパーハイビジョンシアターの映像体験やスペースシャトルに乗り込み、コックピットを後ろからのぞき見ることができたり、見所は尽きません!最後に私の目が釘付けになったプロジェクトのご紹介して、締めくくります。

ご存知の方も多いかもしれませんが、『レッドブル・ストラトス』プロジェクト。これは、気球で成層圏までのぼり、39000メートルの高さからフリーフォール(スカイダイビング)するというチャレンジ。この時、見事に成層圏からのフリーフォールを成功させて、世界新記録を作ったパイロットのフェリックス・バウムガートナーさんのチャレンジ映像と、彼が実際にきた宇宙服とカプセル実機が展示されています。

彼のジャンプは本当に軽やかで、その高さを一瞬忘れてしまいます。ぜひ、映像もご覧下さい。


*開催概要*
http://www.space-expo2014.jp/outline
会  場:幕張メッセ 国際展示場10・11ホール
会  期:2014年7月19日(土)~9月23日(火・祝) ※会期中無休
開場時間:午前9時30分~午後5時(入場は閉場の30分前まで)
チケット料金:サイトをご覧ください


(笹尾実和子)

この記事へのリンク

« ブルーボトルコーヒー@ブルックリン | メイン | &EARTH DAY2014 間伐材を使った木琴づくりワークショップ開催! »