2015年09月28日

みずのがっこう 海編 プラネタリウム&ワークショプ(ベネッセスタードーム)

みずのがっこう

9月13日(日)にみずのがっこう海編 プラネタリウム&ワークショップの第2回目を開催しました。今回はモバイルプラネタリウムではなく、プラネタリウムドームで「みずものがたり」を上映しました。上映後は、海にまつわるクイズやワークショップを通じて水や海の不思議を学びました。

BENESSE_09.jpg

ベネッセスタードームでデジタルプラネタリウム映像「みずものがたり」を上映し、その後、海にまつわるクイズやすごろくゲームを通じて水や海の不思議を学ぶ、親子で楽しんで水のこと・海のことを知ることができるワークショップです。

【デジタルプラネタリウム上映】
上映作品:みずものがたり

ベネッセスタードームはベネッセ本社の21階にあります。地上からだと約100m!とても見晴らしの良い場所にプラネタリウムドームがあります。21階に到着するとみなさんまずは多摩地域が一望できる外の景色に釘付けになっていました。いつまで見ていても飽きない多摩の風景ですが、プラネタリウムドームに入り、映像が始まると今度は映像に釘付けになっていました。

デジタルプラネタリウム映像「みずものがたり」では、水が地球上でどのように循環し、私たち人間に関わっているのかを学びます。動物の身体にはなぜたくさんの水が含まれているのか。その理由は生命がどこから誕生したのかということが関わっていました。そして、私たち人間が使える水は地球上にどれくらいあるのか。深海の水はどれくらいの年月をかけて地上へとでてくるのか。「みずものがたり」では、地球上に循環する「水」について学びました。

mizumonogatari_webyou.jpg

【地球をめぐる水のアクティビティ】

プラネタリウム映像を見た後は、水のしずく帽をかぶり、子どもたち自身が水の分子になって、地球上の水が在る場所を巡る旅をするワークショップを行いました。サイコロを転がし、出た行き先(雲、海、深い海、とても深い海、湖、川、氷河、動物、植物、土、地下水の11箇所)に移動します。サイコロは全部で10回振ることが出来ます。サイコロの出る目は、実際、地球上に水が循環する場所と同じ地点です。その中でも行きやすい場所、なかなか行くことが出来ない場所があります。11箇所の地点の中で、地球上で一番広い海へ行く確立はとても高くなります。また、みずものがたりの映像でもありますが、深海の水が地上に出るには2000年かかるため、行く確立はとても低くなります。

そのため、前回のワークショップでは「とても深い海」の地点にたどり着く子はいませんでしたが、今回のワークショップでは何人か「とても深い海」に行くことができた子がいたました。ただ、やはり一度「とても深い海」に行った子どもたちは地上に出ることが難しく、「海ー深い海ーとても深い海」をずっと循環していた子もいました。

BENESSE_01.jpg
サイコロを転がし地図に地点を記入する子どもたち。

このように、サイコロの目は地球上の循環する水と同じ確立で出るようになるため、行きやすい場所、行きづらい場所とが出てくる様になっています。スタート地点はみんな一緒なのに、巡った場所はみんな違います。自分が巡った場所を記憶した水の旅の地図をみんなで共有して、いろんな循環の方法があることを学びました。

今回「川」「湖」「海」「深い海」「とても深い海」の5箇所には、そこに住む生きもののカードを特別にプレゼント!子どもたちはとても喜んでいました。

BENESSE_02.jpg
海の目がでました!カードが1枚もらえます。

BENESSE_03.jpg
海地点のサイコロ。そのまま留まるが出ると海の水のままということです。

【水クイズ】

みずのがっこうの副校長先生の橋本淳司さんが、水にまつわるクイズを出してくれました。例えば、海でサメに出会ったとき、ある物(どのご家庭にもある)を持っているとサメを追い払うことができます。そのある物とはなんでしょうか?というクイズ。今回海で貰えるカードの1種にシュモクザメのカードがあります。このシュモクザメは今年茨城県の海でサメの出現でニュースでも話題になっていましたが、子どもたちが持っているカードとトレンドな出来事を掛けあわせたクイズです。答えは3択です。①ホッカイロ②電池③保冷剤。①だと思う人は海のパネルの前へ...と、それぞれ子どもたちはコレが答えだ!と思ったパネルの前に移動します。答え合わせの前にどうして、その答えだと思ったのか聞いてみます。電池だと思った子どもは、電気で退治できそうだらと発表していました。そして、答えはその通り②電池で、乾電池から流れる電流にビックリして逃げるそうです。正解した子どもたちはとても嬉しそうでした。

BENESSE_06.jpgみんな一生懸命正解を考えています。

BENESSE_05.jpg正解の電池が洋服のポッケから登場!

BENESSE_07.jpg正解した子どもたちは大喜び!お父さん、お母さんも応援していました。

また、前回ご紹介したダイオウホウズキイカのクイズも出題!クイズの前にダイオウホウズキイカの大きさを知るために紐を伸ばします。子どもたちは、「まだまだあるよ。大きいねー。」と驚きながら紐を伸ばしていきます。まだ紐は伸ばせるのに壁があって伸ばせません。今回はドームの外まで行かないとダイオウホウズキイカの大きさの紐は伸ばせませんでした。ドームの中には入らないと知ると子どもたちはとてもビックリしていました。そして、そんな大きなダイオウホウズキイカの目はビーチボールくらいの大きさがあるそうです。深海はとても暗いため、少しの光を取り込むために大きな目が付いているそうです。

BENESSE_08.jpgダイオウホウズキイカはドームの中には入りきらないことを知りみんなビックリしていました。

最後はみんなで記念撮影。

BENESSE_10.jpg

2回に渡るみずのがっこう海編 プラネタリウム&ワークショップでしたが、たくさんの子どもたち、また、お父さん、お母さんに参加して頂きました。ありがとうございます!また、来年の夏にもお会いできると嬉しいです^^

BENESSE_11.jpg

そして、こちらがベネッセスタードームから見えた夕日です。とても素敵な景色でした。ベネッセスタードームでは土日祝は一般公開日となります。ぜひ、お近くに行った際はプラネタリウム映像と多摩地域の景色を見に行ってみてください!(上映情報はこちら

(Think the Earth 曽我直子)

この記事へのリンク

« みずのがっこう 海編「モバイルプラネタリウムで地球をめぐる水の旅を体験しよう」 | メイン | みずのがっこう 海編 森と川と海をつなぐ流域探険ツアー »