2016年03月11日

いつもじゃなくてもいい。でも忘れないように。

お知らせ

3月11日、東日本大震災から5年が経ちました。
地震や津波で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、いまもなお、たいへんな思い・辛い思いをされているたくさんの方々に、心よりお見舞いを申しあげます。

今日は、3月11日の前後だけ震災のことが大きく取り上げられることに違和感を感じる人、情報があふれかえることでかえって辛い気持ちになる人がいることも自覚し、自重しつつ、決して一過性の思いではなく、「忘れない」ことを改めて自分に誓う日にしたいと思います。

Think the Earthでは、震災からの復興に向けて、再建のために日々奮闘されている方々がいることを、いまも現地で活動を続ける人たちがいることを「忘れず」、そして私たち自身がいつでも自然災害の被災者になる可能性があることを「忘れない」ために、忘れないプロジェクトを2011年に立ち上げ、皆さんからのご寄付をもとに現地の活動団体に寄付をおこなっています。
『忘れない基金』
http://www.thinktheearth.net/jp/wasurenai/fund/

2012年から2015年までに19団体へ寄付を行ってきました。これに大友克洋原画展での寄付先を加えると25団体になります。

いまでも、そして今日も、現場に立っていらっしゃる各団体の皆さん達を、あらためてご紹介したいなと思い、ブログを書くことにしました。(全部はご紹介しきれないのですが。)
Facebookページを持っている団体もあるので、今日からフォローして、現地からの生発信を日常に取り入れていただけたら、うれしいです。

●まずは、近々なにか接点がつくれる、お取り寄せ品がある、あるいはすぐに訪ねていける活動
かーちゃんの力プロジェクト協議会(福島県福島市)は、先日、農山漁村女性・シニア活動表彰の経営局長賞を受賞。3月19日(土)には福島県二本松市で第5回「かーちゃんの力・プロジェクトシンポジウム」が開かれます。
HP=http://www.ka-tyan.com/
FB=https://www.facebook.com/かーちゃんの力プロジェクト協議会-112209488926693/

北浜わかめ組合虹の会(岩手県大船渡市)は、震災後になんと産直わかめの販売をはじめました。三陸のシャキシャキおいしいわかめを、一度お試しください。
HP=http://niji-wakame.com/
kitahamaba.jpg
★被災した港も復旧しました(アングル違いますが...上2011年、下2015年)

創作農家こすもす(岩手県釜石市)は、3月19日から21日の3日間、釜石で行われる"Meetup Kamaishi"という体験型観光プログラムに参加。ピザ作り体験を行います(こすもすさんのお食事、とても美味しいのです!)
HP= http://www.sousakunoukacosmos.net/
FB=https://www.facebook.com/sousakunoukacosmos
cosmospark.jpg
★こすもすの遊び場を照らす希望の壁画(2015年8月6日撮影)

一般社団法人おらが大槌夢広場(岩手県大槌町)は、若者も加わってツーリズム事業、ひと育て×まち育てなどを行っています。
3月19日(土)10-13時には、東京アークヒルズサウスタワーで大槌の高校生が大槌のものを売るお店を開くそうです!
HP=http://www.oraga-otsuchi.jp/
FB=https://www.facebook.com/oraga.org/

一般社団法人 いちばん星南相馬プロジェクト(福島県南相馬市)では、産直や農家民宿をやっています。
HP=http://www.ichibanboshi-minamisoma.org/

ゆりあげ港朝市協同組合(宮城県名取市)は、元あった場所に朝市を復活させて、いまでは震災前より賑わっているのではないか!というほどの盛況ぶりです。
HP=http://yuriageasaichi.com/
FB=https://www.facebook.com/ゆりあげ港朝市協同組合-448146771920410/
yuriage.jpg
★買い物客が"競り"を楽しめる企画も!(2015年12月5日撮影)

あすなろホーム(岩手県陸前高田市)さんには『北限のゆず塩』という商品があるそうですよ。
HP=http://rt-asunarohome.com/
FB=https://www.facebook.com/sansan.asunaro/

特定非営利活動法人 りくカフェ(岩手県陸前高田市)は、地域の人や陸前高田を訪れる人のホッと一息拠点。管理栄養士さんと考えた健康定食メニューを提供しています。
HP=http://rikucafe.jp/
FB=https://www.facebook.com/rikucafe/
rikucafe.jpg
★本設の開店式典のとき(2014年10月5日撮影)


●その他の活動もいくつかご紹介します。
ユースサポートカレッジ 石巻NOTE(宮城県石巻市)では、地域の雇用とひきこもりがちな若者をつなぐ活動。昨年からは野菜の栽培から販売までを通じた実習もはじめました。
HP=http://www.ishinomaki-note.org/
FB=https://www.facebook.com/IshinomakiNote/

NPO法人子育て支援コミュニティ プチママン(福島県郡山市)では、もともと子育て支援の団体として活動していました。震災後は、その時々の状況にあわせ、引き続き親子支援の活動を行っています。
HP=http://www.petitmaman.jp/index.html
FB=https://www.facebook.com/子育て支援コミュニティプチママン-1564642113806358/

NPO法人つながっぺ南相馬(福島県南相馬市)では、いまだ避難指示解除を待つ同市小高区の人達が住む仮設住宅で、人々のよりどころとなるサロンの運営や、小高区に帰還した時のコミュニティ作りに尽力しています。
HP=http://www14.plala.or.jp/yamaki_farm/
tunagappe.jpg
★代表の今野さん(左)とスタッフの道中内(どうちゅううち)さん(2015年9月18日撮影)

被災地障がい者センター南三陸(宮城県南三陸町)は、NPO法人奏海の杜(かなみのもり)となって、障害児、障害者の活動支援を行っています。
ブログ=http://blog.canpan.info/hsc_kenpoku/

NPO法人 生活支援プロジェクトK(宮城県気仙沼市)では、仮設から復興住宅に移り住んでいく方々の生活支援、健康支援を行っています。
ブログ=http://blog.canpan.info/sspk
projectK.jpg
★スタッフの西城さん(左)と大森さん(2015年9月21日撮影)

NPO法人 さんりくWELLNESS(岩手県大船渡市)は、震災後にUターンした体育会系女子が立ち上げました。大船渡と大槌で健康づくりサポートを行っています。
ブログ=http://ameblo.jp/sanriku-wellness/
FB=https://www.facebook.com/さんりくWELLNESS-570396009764611/

NPO法人 みやこラボ(岩手県宮古市)は、宮古のまちづくり活動に奮闘中の若いNPOです。
FB=https://www.facebook.com/miyacolab/


『忘れない基金』では、引き続きご寄付を受け付けています(クレジットカード決済と銀行振り込みがあります)。皆さまからのお気持ちをしっかり復興・再建の活動にお届けいたしますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
http://www.thinktheearth.net/jp/wasurenai/fund/#fundway

(はらだまりこ)

この記事へのリンク

« 「東北復興の今を知る 釜石から学ぶ復興」開催レポート | メイン | 5年で「終わり」ではなくて »