2016年04月26日

第1回「地球のお医者さん」

地球日記

はじめまして、昨年12月からThink the Earthでインターンをさせて頂いている山下真奈です。この度、私が大学でクリエイティブと環境問題の課題解決について取組んできた1つのテーマについて、制作・実験・インタビュー等、これまで行なってきた課程の中で疑問に思ったこと、学んだこと、気づいたことを3回に分けてご紹介させて頂きたいと思います。

簡単な自己紹介をさせていただくと、私は小さな頃から何かモノをつくるということが大好きで、思うがままに手を動かし続けること十数年・・・気がつくと美術大学に通う大学生になっていました。

そんな美大生活3年目の昨年9月。私が所属するゼミにThink the Earthの上田さんを講師としてお招きした授業で、とある課題が出されたのです。それは「地球と健康」というテーマをもとに、自由に制作をするというもの。地球規模での問題解決を提案する・・・非常に壮大なテーマだと感じました。

以前から地球の抱える問題(=環境問題と私はとらえました)には関心を持っており、調査やレポートを行ったことがありました。なのでこの経験を生かし、なにか環境問題を解決することにつながるアイテムを作れたらいいなと思い制作に取りかかったのです。

doctor1.png

まずは「健康」から想像する様々な言葉を一生懸命思い浮かべてみました。そして頭の中で引っかかったのが、どこがどう悪いのかを診察し適切な処置をして、健康へと患者を導く「医者」というワード。そういえばこの世には様々なお医者さんがいるなと、ふと思い、試しに書き出してみると・・・人間のお医者さんはもちろんのこと、動物にもお医者さんはいます。細かく見れば内科医、外科医、心療内科医、眼科医、歯科医・・・。問題の数だけお医者さんがいる世の中になっていました。さらに調べものを続けていると、「樹木医」というお医者さんにたどり着きました。

突然ですが皆さんは「樹木医」の方とお会いしたことはありますか?人間のお医者さん、動物のお医者さんは身近にいることがありますが、植物のお医者さんというのはなかなか出会う機会が無いように思います。私自身にとっても、「樹木医」というものは未知なるお医者さんでした。

彼らは樹や植物が育つ為の土壌改善や環境の手入れ・見直しなどをして、それらの健康を保つお仕事をしているようです。樹や森が健康になるということは、豊かな「自然の恵み」を受け、動物やそのほかの生物も住処を得て繁栄していけるということ。また、その良質なサイクルが潤滑に行えるようになるということ、を指します。

そのことから樹木医は、大きな視野と長いスパンを持って"地球"のことを健康にしようとしている「地球のお医者さん」なのでは?と思いました。もちろん地球を健康にする「地球のお医者さん」は樹木医にとどまりません。どの問題に対して、どのように働きかけるか。その違いしかないのです。

ならば私もこの課題をきっかけに、「地球のお医者さん」として、「地球」を「健康」にしてみよう!と思い立ったのです。

数ある環境問題の中、私が「地球のお医者さんの仕事」として着手しようと決めたもの、それは、砂漠化問題でした。砂漠化が深刻な、サハラや内モンゴルなどでは居住区域や田畑が、押し寄せる砂漠に食われてしまっている現状。このままでは地球全土を巻き込む、食料不足問題が起こりかねないと言われています。この砂漠化問題を食い止めるために、砂漠の緑化を対策として考えました。なんとかして砂漠に植物を生やしたい!

そこで、バイオテクノロジーに詳しい知人から助言を頂きつつ・・・カラッカラに乾燥した、養分もほとんどない砂漠でも植物を育てることができるアイテムを作ってみました!

doctor2.png

「地球へのさしいれ」をコンセプトにしたこの地球おにぎり。その名の通り"地球に食べさせてあげる"アイテムです。何でできているかというと・・・使用済みの割り箸、オブラート、豆の種。これだけです。

doctor3.png

使用済みの割り箸を再利用することによって、自然に還してもゴミにならないエコ仕様となっています。作り方は、
①オブラートを溶かした水に細かく粉砕した割り箸を浸す。
②しっかりしみ込ませた割り箸に、具となる"タネ"をいれ・・・
③しっかり水気を切るように握る。
④日干しして完全に乾いたら完成!

doctor4.png

↓ちなみにこちらが完成した現物です!

\ じゃじゃんっ /

doctor5.png

あとはこれを土にうめて水をかけてやると、芽が出てくる。という、仕組みになっています。

doctor6.png

砂漠化した土地は、いわばカサカサのお肌。貯水するための"保水性"と"養分"が足りていません。なので雨が降ってもすぐ土が乾いてしまい、発育条件を満たすことができないのです。そこで割り箸という保水性ばっちりの素材を使い、発芽して、ある程度植物が育つまでの代わりの土壌として利用できないか、と考えたのです。またデンプンでできているオブラートを使うことによって、その粘り気によって粉砕した割り箸を1つにまとめることができますし、養分も保水性もさらに向上させることができます。

今回、地球おにぎりの具として豆の種を利用した理由は、豆が持つ「根粒菌」が砂漠でも力強く育つ手助けをしてくれ、食料不足問題のある現地での食料にもなると思ったからです。

制作を進めるうちに、もっと地球おにぎりの機能性をあげたいと考えるようになりました。そこで、実際に砂漠化の問題に取り組んでいらっしゃる専門家の方にも、お話を伺いました。砂漠の緑化対策に向けて研究をされている、中国OISCAの植物研究博士の冨樫 智(とがし さとし)さんです。

次回は冨樫さんにお話を伺った際のレポートをご紹介します。
それではまた!

(Think the Earthインターン 山下真奈)

この記事へのリンク

« 5月28日(土)「ザ・トルゥー・コスト」自主上映会@鎌倉 | メイン | 第2回「地球のお医者さん」 »