2017年04月19日

そこにある声を聞く 「崩れゆく絆―アルフレド・ジャーが見る世界のいま」@森美術館の感想

地球日記

森美術館が開催しているラーニングプログラムアージェント・トーク」に参加しました。とてつもなく動かされた内容だったので、ご紹介させていただきます。
 ※トーク記憶を辿ってそのまま書いているので、一部内容には齟齬があるかもしれませんが、ご了承ください

「アージェント・トーク」は来日したアーティストに招いて講演してもらう趣旨で、今回のゲストはアルフレド・ジャー(Alfredo Jaar 1956年 - )さん。

スクリーンショット 2017-04-19 17.55.09.png
(画像クリックでジャーさんのHPが別ウィンドウで開きます)

個人的には、理論と感性が同居していて、ジャーナリズム色の濃い作品をつくる人だな、という印象です。

「文脈を理解せずに、行動を起こすことはできません」「"この世界の状況下で、どのように作品をつくるのか?"と、アトリエに入った時に考えるのです」と、話し始めたジャーさんは、まず彼の作品を、スライドと制作過程の説明を交えながら紹介してくださいました。

(表記は作品名、製作した場所、製作年、ジャーさんによる説明の順番)
-----
●《We Shall Bring Forth New Life(Umashimenkana)》福島(日本)2013
福島の小学校から持ってきた25の黒板を使ったインスタレーション。日本語タイトルの「生ましめんかな」は栗原貞子さんの詩から。
●《Lights in the city》モントリオール(カナダ)1999
5度の焼失と再建を経験した建物が舞台。街のホームレスの「街の人にとって私たちは透明だ」という彼らの言葉を受けて、彼らを可視化させる主旨で行われた。
●《The Skoghall》Skoghall(スウェーデン)2000
製紙工場のために作られた街に、紙で美術館を建て、24時間展示した後に燃やすプロジェクト。街には文化的施設がなく、文化に目を向けてもらいたいと行った。
●《One Million Finish Passports》ヘルシンキ(フィンランド)1995
難民受け入れ数の少ないフィンランドで、100万冊のフィンランドパスポートを展示。この100万という数は、中東にいる難民の数(1億人と記憶してます)の1%。
-----

いずれの作品も、入念なリサーチとフィールドワークを経て、出来事の概要やそこにある問題などをあぶり出したものがテーマ。フィールドワークでは、関係者や当事者へのヒアリングも行っています。関係者や当事者の声を聞くことで、誰かが不用意に傷つくことがなく、アクションを起こす人が必ずいる作品となる。きちんとしたリサーチの上に成り立つ作品だから、鑑賞者も含むあらゆる人に意識の変化が起こるのだ、と感じました。

作品紹介のスライドの合間には、トルコの海岸に流れ着いた少年(アイランちゃん)の写真が挟まれていました。

「難民問題は以前からありますが、この写真から世界の注目が集まるようになりました」とジャーさん。彼の提示する他のスライドには、超過人数でゴムボートに乗り、鉄条網をくぐり、壁やフェンスを越え、押し留める人々の間をすり抜けて自国から逃れる人々の姿が映っています。

ヨーロッパにはドイツのメルケル首相、北アメリカにはカナダのトルドー首相など、難民を多く受け入れる国があります。その一方で受け入れを拒否する国があり、とんでもなく右翼思想を持つ国のリーダーも誕生しています。ジャーさんはハンガリーのカメラマンにまつわるニュースを挙げます。「国のトップの思想が国民の態度に影響を与えるのです」。

また、今回のアメリカの大統領選の結果を受けて、フランスやイタリアの雑誌は大きく拒否反応を示したがアメリカの雑誌は迷っているような様子で、日本では首相がいち早く次期大統領との会談に取り付けた、と各地の状態を伝えてくれました。

トークが終わった後の私の脳みそはほぼパンク状態で、何をしたら良いのか、自分の焦点をどこに当てたら良いのかわからなくなりました。ニュースを見ているだけでもあちらこちらで不安なことが起こり、全ての問題が同時進行で進んでいるように感じます。起こっていることは全て絡み合い、世界中にある壁は日に日に高くなっているように見えます。

それからひと晩考え、まだ全然消化できてませんが、この文章を書いているうちにひとつ。ジャーさんが行っているように、調べられることは調べ、行けるところは行き、そこにある声に応えていくことで、何か浮かぶかもしれない、と思いつきました。

IMG_1223.jpg
最近六本木も良いなと思うようになりました

(松本麻美)

この記事へのリンク

« 「良いコラボレーションの在り方を問い直す」[セミナー&サロン] | メイン |